スマートフォン解析

人生とは不確かな道を歩む選択の旅。不安で寂しいけど楽しい一人旅

Sponsored Link


あなたは人生についてどう考えていますか。

「辛い」「寂しい」「不安」
「面白くない」「面白い」「楽しい」
「わからない」「理不尽」「不公平」

本当に色々と思うところはあるでしょうが、
これらはどれも、誰しもが
一度は感じたことのある気持ちだと思います。

もちろんその感じた感情の強さであったり、
割合というのは全く人それぞれだと思いますが。

 

しかしながら誰も「面白い」とか
「楽しい」だけで生きている人など
絶対にいないのではないでしょうか。

それがまさに、

人生を表している

のだと思います。

つまり、人生は途方もなく不確かなのです。

誰も未来を正確に予測できる人はいませんからね。

 

人生とは選択の旅

人生とは選択の旅です。

最終的には全てを自分で選択して、
未来に向かって進んでいくからです。

誰しも意識的にであれ無意識的にであれ、
大なり小なり、または
短期的もしくは長期的な
何らかの目的地(理想)を描いて、
その理想の実現のために
今進むべきだと思う道(行動)
を選択しながら生きているのです。

 

他の誰でもない、自分自身が選択を繰り返し、辿ってきた道程。

それが人生であり、そして

その辿った結果が今の自分

なのです。

 

正確な地図はない

先ほど

「選択を繰り返し、辿ってきた道程が人生である」

とお話ししましたが、
人生というのは本当に一筋縄ではいきません。

まず、人生という旅には
正確な地図が存在しないのです。

周りの助言であったり、
本やネット等というのはあくまで参考材料。

いかなるときも、それが自分にとって

「絶対に正しい」

という保証はありません。

そのため、常に不確かな道を進んでいく旅になります。

ですから、目的地に辿り着くために
今進むべきだと思っている道が、
そもそも根本的に間違っている可能性もあるのです。

 

突然やって来る災難

人生というのは正確な地図がないだけではありません。

たとえ目的地目指して
順調に歩んでいても、
突如として自然災害に襲われたり、
厄介な問題に巻き込まれたりすることがあります。

鳥の糞が頭に落ちてくることもあります。

なぜ襲ってくるのか

いつ襲ってくるのか

ある程度把握できるものもありますが、
全くできないものもあるのです。

 

人生は不安

正確な地図がない

そして

災難がいつやってくるのかわからない

これらの人生における
ネガティブな二つの特徴が
私たちの心にもたらすものがあります。

それは不安や恐怖。

もし自分の進んでいる方向が
実は破滅への道であったとしたら。

もし明日、突然
とんでもない災難に襲われるとしたら。

そのように考えることは、
不安であり、恐怖でしょう。

 

しかしながら、
これらの不安と恐怖からは
誰も逃れることはできません。

それが、人生という旅です。

【参考】孤独は辛いし寂しい?孤高との意味の違いとは―名言飛び出す

 

でも楽しい旅?

結局、これまで語ってきたことが
人生という旅の現実なのです。

でも人生に不安と恐怖が
付き物であるとはいえ、
もちろんそればかりではありませんよね。

色々と楽しいこともあります。

食べたり飲んだり、友達と遊んだり恋人とデートしたり。

一人で趣味に没頭するのも良いでしょう。

 

しかしそう言うと

「いや私は何も楽しいことがない」

と返される方もいるかも知れません。

実はそれには根本的な原因があります。

それは「楽しいことがない」のではなくて
「楽しむことができない」状態なのです。

何故なら、気持ちがネガティブになり過ぎているから。

人間というのは、

ネガティブな気持ちになればなるほど
何も楽しめなくなってしまう

のです。

 

ネガティブな気持ちの元というのは

不安や恐怖の他に嫉妬であったり
憎しみであったり、劣等感であったり
自己嫌悪であったり

そういう感情になります。

さらに言えば、ネガティブな気持ちに
なればなるほど、人や自分を何らかの形で
傷付けること以外楽しめなくなります。

厳密に言うと楽しくはないですが、
心が少し解放される気持ちになるということです。

この心理的仕組みについてはこちらの記事をご参照ください。

【参考】エナジーバンパイアとは

 

しかしながら真面目な人であればあるほど、
そんなことをしても楽しむことができません。

ですから何をしても楽しくない状態となり、
もう終わらしたいと思ってしまうのです。

つまり人生という旅を楽しむ条件は、
まず第一にネガティブな感情を克服することなのです。

不安や恐怖は人生に付き物なので
完全に克服することはできませんが、
少しでもより大きな克服を実現することは可能です。

この克服の度合が大きければ大きいほど、
人生を楽しむための心の準備ができます。

要するに、

些細なことにも充実感であったり、
幸せを感じることができるようになる

のです。

 

そのためにはどうしたら良いか。

ネガティブな気持ちは
深層心理で反射的に沸き起こるものなので、
理屈で理解しただけでは基本的に変えることはできません。

ですからその深層心理から
変えていく必要があるということです。

では、そのために何をすべきなのか。

 

鍵は心に訴え掛ける意思

上でも述べましたが、
深層心理を変えるためには、
理屈だけではほとんど変わりません。

が、全く変わらないかと言うとそうではありません。

これはどういうことかと言うと、
深層心理を変えるために
最大のポイントとなるのは、
どれだけ心に響いたかです。

ですからたとえ理屈だけであっても、
それが心の奥深くに強く突き刺さされば
一気にネガティブな心を大きく克服できる可能性もあります。

ただそれはあくまで可能性なので
あまり期待しないでください。

これもまた面白いのですが、
そういうのを期待すると
なかなか変わらなくなってしまいます。

 

言動と行動をとにかく変える

もう一つ非常に重要なことがあります。

それは「言動と行動をとにかく変える」ことです。

それは良い言葉を使うとか、
善意的な行動を取るようにするとか
そういうポジティブな方に変えることだけではありません。

普段と違う行動を取ったり、
言動を取るだけでも十分に第一歩となる

のです。

もちろん、ここでネガティブな方の
言動や行動に変化させてはいけませんが(笑)

 

「もっと良い人にならなければならない」
「今より大人にならなければならない」
と思うとそれはプレッシャーになり、
とてもしんどく感じたりします。

しんどいが故に、勢いで乗り切ろうとして
極端に不自然なくらい明るくなったり
善意的になる人がいるのですが、
それはほとんどの場合において悪いやり方になります。

何故なら、深層心理の価値観は
いきなりは変えられないので、
思考停止(あるいは洗脳)しなければ
今までしてたのと正反対の
行動や言動はできないからです。

ですから結局はそれらがまたネガティブな
感情の元となる可能性が高いのです。

 

しかしながら、
今と同じ程度の行動であれば
プレッシャーを感じず出来ます。

普段と違う行動を取ることで、
変化への心の準備ができるのです。

もちろんこれは第一歩に過ぎませんが、
いきなり言葉や行動を改善しようとして
それができない、という人はまず
ここから入るべきだと思います。

 

人生は一人旅

人は一人でこの世に生まれて来て、
また一人であの世へと旅立っていきます。

旅先で様々な仲間と出会いますが、
みなそれぞれ一人旅の途中なのです。

いつどこで何が起きるかわからない
不確かで不安な旅ではありますが、
出来る限り楽しい旅にしたいですよね。

 

そのために、少しでもネガティブな心を克服していく。

それが実際の内容よりも遥かに重要な、
最大の秘訣なのだろうと私は思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ