スマートフォン解析

日本人は偽善者?自己満足ボランティアの意味と特徴とは

Sponsored Link


日本人は世界全体から見ると
自分より他人という意識が非常に強い民族です。

しかしながら、世の中には
それを偽善として捉える人がいます。

 

日本人が誇るべき奉仕の精神

日本人が兼ね備えている
「自己犠牲」「世の為人の為」
という奉仕の精神は日本が世界に誇るべきものです。

根底にあるのは、

  • 人や社会に迷惑を掛けない
  • 人や社会が喜ぶことをする

という意識なのですが、
そのために自分を犠牲にすることも厭わないのです。

これは本来、敬意を払うべきことでしょう。

日本人以外のほとんどの民族は、
そこまで極端な自己犠牲の精神など持っていません。

 

しかし、これは裏を返すと
日本人以外の民族は
日本人がなぜそのような行動をするか
気持ち的に理解ができないことになりますよね。

価値観が根本的に違うので、
「信じられない」となるのです。

ですから、
「どうせ裏があるんだろう」
とか、
「何か見返りを求めているに違いない」
という穿った見方になってしまうのです。

ただこの彼らの見方を
「性格が捻くれているだけ」
として片付けるのは少々強引と言えます。

実際、一理あるのです。

 

自己満足ボランティアとは

「自己犠牲」「世の為人の為」
という奉仕の精神が
信じられない人たちの見方も一理あるのは何故なのか。

その理由を理解するために
わかり易い例として、
ボランティアが挙げられます。

 

自己満足ボランティアの意味と特徴

ボランティアというのは、
一切お金を貰わずに人のために働くことから
一見すると明らかに奉仕の精神であり、
立派な行為のように思われます。

ところが、ボランティアをやっている人の中で
本当は他者のためなどではなく、
実は自分の満足感のためにやっている人がいます。

「奉仕の精神を持っている自分って素敵やん」

という気持ちでボランティアをしている状態です。

つまり、
「見返りなしに他者に奉仕する自分に酔っている」
のです。

これは一種の見返りを
求めていることになりますよね。

こういうのも、善意を批判する人の
対象になってしまうのです。

 

もちろん、自己満足が目的であっても
しっかりとボランティアで
他人のお役に立っているのであれば、
それは大変立派なことです。

しかしながら、別にボランティアでなくとも、
お金を貰っても他人のお役に立つことはできるのです。

自分に酔っている人は、
お金を貰わずにボランティアすることに拘ります。

ですから得てして生活がギリギリであったりします。

さらに極端に入れ込んでしまうと
自分の周りの人を振り回したり、
困らせたりすることもあります。

それでは本末転倒ですよね。

また、ただ奉仕の行為自体に酔っているだけなので
好きでやっているわけではなく、嫌々やっているのも特徴です。

嫌々人助けをしているって何かおかしいですよね。

こういうのは、本来あるべき
ボランティアの姿ではないでしょう。

周りの人に迷惑を掛けずに、
自分だけで収まっていればまだ良いのですが、
いずれにしてもボランティアが
自己満足の手段になってしまうというのは
これは本当の善なる行いだとは
言い難いのではないでしょうか。

 

ただもちろん、ボランティアを
純粋な気持ちでしている人もたくさんいます。

そして日本人は他の民族と比べて
そういう人が多いのです。

しかし奉仕の精神を持つ人の存在を信じられず、
いつも穿った見方をする人は
ボランティアを自己満足の手段に
している人のイメージを抱いているのです。

【参考】人間力を向上したい!けどそもそもその意味とは何か

 

奉仕の精神は実質ボランティア

お金を貰っても、
その金額以上の価値を相手に与えれば
それは実質ボランティアになります。

奉仕の精神を考える上で重要なのは、
「ただでやってあげる」
ということよりも、
「金額以上の価値」
を意識することではないでしょうか。

 

また、もう一つ重要な視点があります。

いくら奉仕の精神だと言っても、
何でもかんでもタダでやってあげると
相手に依存心を植え付けてしまいます。

こういった相手を駄目に
してしまうボランティアは、
正しい奉仕の精神ではありません。

実質ボランティアではなく
形だけのボランティアなのです。

実質ボランティアとは何なのか、
それはしっかりと現実を見据えて
初めて見えてくるものなのではないかと思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



4 Responses to “日本人は偽善者?自己満足ボランティアの意味と特徴とは”

  1. より:

    お金を貰っても貰わなくても
    自分に酔っていてもいなくても
    そんなことは問題ではありません。
    やらない善よりやる偽善です。
    自分に酔って無償でボランティア。
    おおいに結構だと思います。
    やらない人のはるか何十倍も素敵です。
    どっちが正しいもありません。

    • litnangm009 より:

      噫さんコメントありがとうございます。
      「やらない善よりやる偽善」
      これは確かだと思います。
      が、もしそれが別の誰かを不幸にしているのであれば、話は違ってきますけどね。

  2. 無題 より:

    >「やらない善よりやる偽善」

    ”やる偽善”だから、その善行の形式が「陳腐でもいい」と開き直るために使われてるような雰囲気も感じます。

    例えばどっさり菓子パンを積み込んで被災地に送ったが、送りっぱなしでしかも腐敗しかかっており結局受け取り側で廃棄となった。あるいは、送り過ぎたので喰いきれない。これも受け取り側が廃棄の手間。
    このような場合に、如何にもこのスローガンが悪用される。
    陳腐な、却って相手を困らせるような善行をしておいて、開き直るために使われている。「あなたはパンを送ろうともしなかったくせに」といって反論してくる。この例の場合つまり、大幅な廃棄の手間をかける様な物資、なら送らない方がマシである。

    勿論例ですよ。「余るだろうから送らない」と何もしない事に開き直るのも、違う。言いたいのは、似非ボランティアの様な連中がこのスローガンを勿体ぶって使うのは本当に許せないという事

    • litnangm009 より:

      コメントありがとうございます。
      基本的には相手が「そうしてもらって良かった」と感じる行為であれば、それは正しいボランティアの形と考えて良いのではないかと思いますね。
      自分の行為を正当化したいがために「陳腐でもいい」と銘打って結果的に相手に迷惑を掛けているようではいけないでしょう。
      もちろんそれは相手によっても変わってくるでしょうし、あまり難しく考え過ぎるのも動けなくなるのでどうかとは思いますが、とりあえず相手があってのボランティアだということを常に念頭において判断するようにしないといけないですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ