スマートフォン解析

お金にだらしない人の心理的特徴と、そんな夫を治す秘訣

Sponsored Link


お金に対してすごくだらしない人がいます。

程度の差は人それぞれですが、
要するに出費がやたらと
多くなってしまうんですね。

 

お金にだらしない人の心理的特徴

お金にだらしない人というのは
結局のところ無駄遣いが多いことです。

ただし、それが無意識的なのか
意識的なのかに大きく分けることができます。

 

無意識的な場合

無意識的な場合、自分ではそれほど
無駄遣いしていないつもりなのに
なぜか意外と出費が多かったりします。

自分の中で当たり前のように使っている
余分な出費に気が付いていないのです。

なぜそうなるかと言えば、
お金を使うことに対しての意識が低いからです。

お金を使うことに対して意識が低いから、
抑えられる出費を抑えようとしていないのです。

たとえばある商品について、
隣の店で買えば半額なのに
わざわざ倍もする店で買ったりします。

普通だったら、その店の値段は妥当か
他はどうかと考えますよね。

特に高い買い物であればそうだと思います。

でもこれも無意識的に
やってしまっているので
意外と気が付いていないのです。

他の例で言えば、
貸した金を忘れてしまったり。

 

対策

一つ一つ自分がどんなところにお金を使っていて、
それは必要なのかどうなのかを考えていくと
意外と防げる出費が多くあることに気が付きます。

ですから、無意識的に出費している人の方が
対策は取り易いのです。

しかしながら、無意識的にやっていた人に
理解させてもそれでも治らない場合もあるので、
そのときは意識的となって以下に繋がってきます。

 

意識的な場合

意識的な場合については、非常にタチが悪いです。

なぜなら、気が付いても
治せない可能性が高いからです。

たとえば趣味や娯楽であったり、
よくわからない買い物だったり
同僚や友人との付き合いやおごりであったりします。

こういう人は、自分の出費の多さを
「付き合いとかあるし」
「仕事でストレス溜まるし」
と言い訳をします。

しかしながら、付き合っている同僚や
友人よりも出費が明らかに多かったりします。

 

夫を治す秘訣

こんな人が夫であった場合、
かなり厄介だと思います。

現に悩まれている人もいるかも知れません。

しかしながら、無理にお小遣いを
減らしたりして対応してはいけません。

それがたとえ別の夫を引き合いに出して
「このくらいあれば十分でしょ」
という額であってもです。

何故なら、人にはそれぞれ日々の
ストレスを処理できる小遣いの額があるからです。

無駄遣いの根底にある意識はストレスになります。

【参考】ストレスとは

 

他所の夫は小遣い3万でやりくりできたとしても、
あなたの夫が同じようにできるとは
全く限らないのです。

やりくりができなくなるとどうなるかと言えば、
出費でストレスが発散し切れないので
その分他に回るだけです。

キレ易くなったり、
病気になり易くなったりしてしまいます。

ですからここですごく重要なことは、
小遣いを減らして対応するのではなく、
夫のストレスを和らげるためには
どうしたら良いか考えることです。

たとえば仕事で疲れて帰ってきたところに
色々な話を持ち掛けたりしたら
ストレスが溜まります。

こういうことをしているのであれば、
今すぐやめるべきです。

仕事から帰ってきたときに
ご飯と風呂の用意ができていなければ
ストレスが溜まります。

こういう気遣いをきちんとしてあげることで、
かなり抱えるストレスが
かなり軽減されるはずです。

あともう一つ非常に重要なのは、
自分もストレスを溜めないことです。

ストレスは伝染するからです。

ストレスを溜めずに夫に対しての
気遣いの意識を強めてください。

そうなって初めて、小遣いを減らしても
対応できるようになるのです。

もちろん、その程度は
人それぞれなところがあるので
夫の様子をきちんと見ながら、
そして夫とも相談しながら
決めなければなりません。

さもないと大きなトラブルを
引き起こす可能性がありますからね。

 

ちなみに、もし自分のだらしなさを
治したいのであれば、
別のストレス発散法を見つけるか、
それともストレスを感じないような
考え方・精神を身に付けるかになります。

いずれにしても、ストレスがなければ
浪費癖を治すことはできるのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ