スマートフォン解析

ボディタッチの心理は男と女で違う!肩や背中は勘違い?

Sponsored Link


ボディタッチというのは
コミュニケーションの一種なのですが、
なかなかその意図が伝わり難いのが特徴ですね。

特に男女間のボディタッチというのは
かなり意味深であり、
ついつい勘繰ってしまいがちです。

ここではこのボディタッチという
行為における男女の心理的違いと、
そのタッチする場所が意味する心理
について取り上げたいと思います。

 

女性の方がボディタッチに対して抵抗がない

どちらかと言うと男性の方が
ボディタッチに対して意識過剰だったりします。

女性の方がよりコミュニケーションの一環として
ボディタッチが取り込まれているので、
何となくノリでしているところがあるのです。

しかしながら男性は男性同士であればまだしも、
異性に対してはどこを触れるにしても意識します。

何故なら、一歩間違えると
セクハラ行為になってしまうからです。

女性によっては、触れられること自体に対して
すごく警戒心を持っている人もいます。

もちろん男性にも
そういう人はいるのですが、
女性の方が多いです。

だからこそ、軽々しく
体に触れることが難しいのです。

よって、触れることに対して
意識過剰になるというわけです。

 

男性がボディタッチで勘違いが多い理由

触れることに対して意識が過剰になれば、
逆に触れられることに対しても
意識が強くなります。

人間というのは、無意識のうちに
自分基準で考えてしまっています。

男性というのは、
直接セクハラに当たる
箇所ではなかったとしても
好みの女性はできれば触りたい
という気持ちがあります。

だからこそ、女性からのボディタッチに対して
気持ち悪いほど勘繰ってしまうのです。

 

ボディタッチと恋愛感情

ただ、もちろん男性であっても女性であっても
相手に好意があれば体に触れたいと思うものです。

その場合はどこを触れることが多いのか。

それは一般的には、手や腕であると言われています。

しかしそれ以外の箇所でも、
可能性がないなんてことは全然ありません。

足や胸というのは男性であれば
恐らく触れられないところですが、
女性であっても意識してしまうところです。

女性が自分が触れられて意識する箇所だから、
自分が人に触れる際にも意識するのです。

肩や背中というのは比較的触れ易い場所です。

ですから、意中の相手に対してとにかく触れたい
という気持ちが現れている可能性があります。

ただ、逆に言えば
気軽に触れられるために
勘違いも産み易いのですが。

 

しかし部位、というよりも
触れるタイミングであったり、
回数であったりといったところを
見た方が良いと思います。

好意を持っている相手には
意識的にであれ無意識的にであれ
できる限り多く触れたいと考える場合が多いので、
何となく不自然なタイミングで触れてきたり
やたらと触れる回数が多くなったりします。

他の人と比較して明らかに違いがあれば、
それは脈ありと考えて良いだろうと思います。

ただ普段ボディタッチの多い女性だと
好意のある男性に対しては
逆に全然しなくなる可能性があります。

ツンデレというわけではないのですが、
やはり意識し過ぎてしまうからです。

【参考】妥協で恋愛・結婚―するかしないかではどちらが幸せか

 

ボディタッチはあくまで判断材料の一つ

ただしもちろん相手の好意を探る上での
材料というのはボディタッチだけではありません。

それに、二人がどのような関係か
によってもかなり違いが出てきます。

たとえば

コンパで初めて知り合った同士なのか、

初めてのデートなのか、

幼馴染であったり友達のような間柄なのか、

等々。

当然ながら親しさが増せば増すほどに、
ボディタッチにおける意味が
恋愛感情のそれではなくなってきます。

ボディタッチは、その察する行為のための
参考材料の一つになのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ