スマートフォン解析

第一印象の法則とは―その示す割合が意外で怖い人は不利?

Sponsored Link


完全に赤の他人同士だった二人が
出会う瞬間というのは、
よくよく考えたらすごいことですよね。

それぞれお互いのことを全く知らなかったのが、
その相手(~という人物)についての
情報が初めて入ってくる瞬間です。

それだけに、
私たちの脳に与える印象が
巨大になってきても
不思議ではないのではないかと思えてきますが。

実際に、第一印象というのは
絶対に軽視してはいけないくらいの
インパクトを与えると言われています。

その辺り法則もありますので、
ぜひここで取り上げていきましょう。

 

第一印象の法則とは

実は第一印象について、
その印象の重要性を裏付けるような法則が存在します。

アメリカの心理学者
アルバート・メラビアンによって
1971年に発表された

メラビアンの法則

です。

7-38-55のルール

とも呼ばれることがあります。

このメラビアンの法則の内容は、
人間が初対面の人を判断する際、その割合は

  • 外見:55%
  • 話し方:38%
  • 話の内容:7%

である

というものです。

「外見」が55%というのはかなり多いですよね。

しかしこの数字については、
それほど意外に感じない人もいるかも知れません。

実際最初に一目見て

「この人嫌だな」
「この人良さそうだな」

あるいは

「この人頭良さそうだな」

等と感じたことがある人は
多いのではないかと思います。

「第一印象は3秒で決まる」

とまで言われることがありますが、
これは完全に外見で判断されることを
指しているのでしょう。

 

しかし、それに近いぐらい重要な判断材料として
「話し方」が挙げられています。

話の内容以上に、遥かに
重要であるとされているのですが、
これもよくよく考えてみると「確かにな」
と感じるところもあるのではないでしょうか。

やはり初めて会った人というのは
情報が何もないですから、
その見た目や雰囲気がどうなのか
というところは特に重要な判断材料になってきます。

たとえば自分がよく知っている相手であれば
その人の言葉を信用すべきかどうかは
見た目以外のところから
多く判断することができるのですが、
初対面だとそれができないですよね。

 

第一印象は最も重要

ところが、見た目で多くを判断してしまって
相手の中身で判断することを
ほとんどしていないように見えるにも関わらず、
第一印象は相手に自分がどんな人間かを
印象付ける上で最も重要なのです。

これは人間の脳の欠陥か
どうなのかわかりませんが。

どういうことなのかと言えば、
例えば一目見て「あっ良い人そう」
と思った相手に好印象を抱き、
そのまま何故か信用してしまって
実は悪い人だった、という
パターンがあり得るということです。

ですから、第一印象を
判断材料にし過ぎていないか
常に気を付ける必要があるかも知れません。

 

ただ逆に自分が見られる側の場合であれば、
もし第一印象が悪ければ
その影響によって不信感を抱かれているために
自分の言うことをなかなか聞いてくれなかったり、
ちょっとしたことでトラブルになる
可能性も高くなります。

逆に良ければ
関係のトラブルや低評価を
回避することができます。

そういう意味では、
もともと怖い顔をしている人や
目付きの悪い人などは
何だか損な感じがしますが、
実のところ意外とそうでもなかったりします。

 

その理由と第一印象を決める
具体的な主要素については
こちらの記事で取り上げていますので、
よろしければご一緒にどうぞ。

【参考】第一印象を良くする事で人間関係、恋愛や結婚で成功率UP


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ