スマートフォン解析

不器用な人は誠実も、仕事や恋愛の不器用は克服すべき?

Sponsored Link


不器用というのは手先が器用
という意味もありますが、
ここでは広い意味での「容量の悪さ」として
不器用という性質を取り上げていきたいと思います。

 

不器用な人は誠実

不器用な人はその容量の悪さ、
感の鈍さ等が故に物事に上手く対処できなかったり
人間関係で問題が生じたりしてしまうことが多いです。

また、不器用であるがために
場に合わせた表面上の誤魔化しや
取り繕いができなかったりお世辞が下手なので、
正直にならざるを得ないこともあって
誠実な人が多いです。

まあその場合は誠実という
ポジティブな性質のもの
ではないかも知れませんが(笑)

 

ただ一方で、不器用が故に
積極的な人は比較的少なく、
その姿勢が逆に他人からは
謙虚に見えることもあります。

また、不器用であることによって
色々誤解を招いたりして苦労してきてる人は
やはり他者に対して優しくなる傾向はあります。

そういう意味では、不器用な人は
誠実であると言えますね。

逆に器用な人は、
悪い言い方だとある程度表面上のテクニックで
人をちょろまかせてしまうので
信用がなかなかし辛かったりします。

ですから、不器用だと思われている人の方が
信用され易いというメリットがあるのです。

 

ということで、ここで一旦まとめると

  • 誠実であると思われ易い(実際に誠実な人が多い)
  • 信用され易い

この二つが、不器用という性質の大きな長所と言えます。

 

仕事や恋愛の不器用は克服すべき?

しかしながら、不器用であることによって
様々な問題を引き起こしてしまうのも事実です。

まず何よりも、不器用な人は
人から誤解を招き易いです。

それによって信用を失うこともあり得ます。

本心ではそんなつもりじゃないのに、
相手にはそう受け取ってもらえず
ネガティブに捉えられてしまうからです。

 

実は不器用な人というのは
良い意味で鈍感だったりします。

つまり、人の悪意のある言動に対して
けっこう無頓着であったりするのです。

だからこそ、自分では何とも思わない
言葉を普通に口にしてしまうのですが、
相手は何とも思わないことはないために
不快にしてしまったり、
怒らしてしまったりするのです。

 

しかしこれでは、仕事にしても恋愛にしても
なかなか長続きしないように思えますよね。

もちろん器用さを駆使して
上手く対処しないと続かないような
薄っぺらい関係もどうかと思いますが、
人間関係において相手にどう思わせるか
というのは綺麗事抜きで明らかに重要ですからね。

【参考】仕事の人間関係が疲れるしストレスな時、円滑にするか整理する方法

 

不器用な人が目指すべきと思う姿

つまり、不器用な人というのは
まず自分と人の感覚が違うことを
理解しなければいけないのです。

また、不器用と一言で言っても

  • 口下手で伝えたい言葉が出て来なかったり、適切な対応の仕方ができないという意味での不器用なのか
  • そもそも本気で伝える気がないのか

それとも伝えようとする
言葉自体に問題があり、

  • 相手の気持ちを理解できない不器用なのか
  • 相手の気持ちを理解しない不器用なのか

で全然違ってきます。

つまり、

action(言動)の不器用

understand(理解)の不器用

と言ったら良いでしょうか。

ここは非常に重要なところで、
相手の気持ちを理解しようとか
言いたいことを適切に伝えよう
という努力をしている不器用な人の方が、
最初から理解する気のない不器用な人と比較したら
明らかに人として好かれる傾向にあります。

まあ当たり前と言えば当たり前なのですが、
たとえ不器用であっても、
やはり一生懸命克服しようとしている
という姿勢が大切なのです。

それも、「卑屈にならず」
これは超ポイントです。

卑屈になるから、虐められてしまうのです。

 

超天然なのに超人気のある
俳優・女優とか芸人とかいますよね。

あの人たちは、明らかに
自分が天然であることに対して
卑屈になっていないと思いませんか?

だからこそ、癒し力があるのです。

もしその方々が不器用でなければ、
今ほど人気は出ていないだろうと思います。

つまり不器用であるがために、
逆に人から信用されて癒して好かれて、
人気が出ることはあるのです。

そして不器用であり天然であるという
一見マイナスな要素を強力な武器に変えているのは
人から弄られようとも卑屈になったり
意地になっていない心なのです。

そうすれば、人から好かれる不器用な人になれます。

そういう気持ちでいれば、
仕事や恋愛のトラブルに対して
もっと余裕を持って対応できるようになる
と思います。

ですし、人から好かれれば
言動の許容範囲は明らかに広がります。

 

結局不器用自体を直す方法とは言えませんが、
もともと不器用なのを無理に直すことを考えるより、
不器用とどう付き合っていくか考えた方が、
個人的にはより良い生き方ができると思います。

ただし上でも書きましたが、
一生懸命相手を理解しようとしたり、
言いたいことを伝えようとする努力、
つまり思いやる気持ちを持つことは絶対必要ですよ。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ