スマートフォン解析

シナモン(ニッキ)には健康効果と副作用あり?犬には危険

Sponsored Link


シナモンという香辛料がありますが、
香辛料としては好き嫌いが分かれると思います。

では味ではなく、人体に与える効果、
あるいはそれ以外の効果はどうでしょう。

色々な好作用がある一方で副作用もありますが、
ここではその辺りについてまとめてみました。

 

シナモンとは何か

シナモンとは熱帯地域に生育し、
栽培されているクスノキ科の植物のことです。

香辛料としてのシナモンは
その樹皮の部分になります。

他の呼び方としてはニッキ・ケイヒ等があります。

 

シナモンの効果

シナモンには人体だけでなく
それ以外でも様々な効果がありますから、
それぞれについて挙げていきます。

 

シナモンの健康効果

シナモンには、クマリン
という成分が含まれています。

このクマリンという
可愛らしい名前の成分には
毛細血管の修復(血行不良改善等)や
老化防止・若返り等の働きがあるのです。

毛細血管が改善されることによって、
血液がしっかり体中に行き渡るようになるので、
全身の細胞を元気にします。

皮膚が元気になれば肌にハリやコシが出てきて
たるみの改善やシワも付きにくくなる
効果があります。

頭皮が元気になれば毛根が活性化するので
髪が生える勢いは違ってきますし、
必要以上の抜毛も減ります。

脳や内臓が元気になれば
もちろんそれらの機能は向上します。

脳の機能の向上は思考力のアップに繋がりますし、
内臓の機能向上は免疫力を高め、
病気になり難くなったりします。
(当然それ以外にも多々良い影響はありますが)

ですから、この時点で
非常に重要な効果があると考えて良いですね。

※シナモンと近い身体に好作用のある香辛料・食品

【参考】ミント及びハッカ油の効能、種類とは。虫除けにもなる?

 

精神的な効果

シナモンの香りが及ぼす精神的な効果です。

 

リラックス・集中力アップ

シナモンの香りは脳に
リラックスと程よい刺激をもたらします。

そのため、テスト前等に嗅ぐことによって
冷静さになるのと、集中力を
アップさせる効果が期待できます。

 

食欲を抑える

また、シナモンの香りは
脳の落ち着きを促すことから
過度の食欲を抑える効果もあると言われています。

ですからダイエット中に
ちょっと食べ過ぎてしまいそうになった際、
一度シナモンを香ってみると
良いかも知れませんね。

 

人体以外の効果

人体以外の良い効果としては、
虫よけ作用が挙げられます。

シナモンの成分は虫からすると
あまり好ましくないのです。

そのため、防腐剤としても
利用されることがあります。

また、嫌な臭いを消臭する効果もあります。

シナモンを混ぜた水を口の中に含んでうがいすると
たとえ口臭があったとしても
その臭いを消すことができるのです。

 

シナモンの副作用

ここまででシナモンが備えている
素晴らしい効果は伝わったと思いますが、
同時に副作用もあったりします。

そのヒントは「虫除け」「防腐剤」
というところにあるかも知れません。

つまり、虫が嫌いであるということは、
生物にとって良くない側面も
なくはないということです。

 

シナモンに含まれる成分であるクマリンは
一定量であれば人体にとって有益なのですが、
一定量以上摂取すると害になると言われています。

ですから、実際に漢方薬としても
扱われていたりします。

その一定量というのは、
人間の場合であれば1日に3g程度

この量を超えるとあまり具合が良くありません。

人間でこの量ですから、
人間よりも体の小さい動物は
その上限がもっと少量になります。

だからこそ、虫除けになったり
防腐剤になったりするのです。

 

ですから、犬や猫には
基本的に与えない方が良いのです。

ペットに食べ残しを与えたい
気持ちはわかりますが、
シナモンはやめておいた方が良いです。

ちなみに、胎児にも
悪影響を与えることが懸念されているため、
妊娠中の方は摂取しない方が良いとされています。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ