スマートフォン解析

対人恐怖症の原因は親?子育て時の注意

Sponsored Link


対人恐怖症になることによって
コミュニケーションに
明らかな支障が生じてしまいます。

ですからできることなら治したいところで、
その治し方に関しては
こちらの記事で言及をしています。

【参考】対人恐怖症は適職探すか克服かどっち?退職はよく考えて

ここでは、対人恐怖症の原因となり得る
主要素について取り上げていきたいと思います。

 

対人恐怖症の原因

まず対人恐怖症の原因を挙げた場合、
大きく以下の三つに分類することができます。

  • 生まれ付きの性質
  • 育った環境
  • トラウマ(苦手意識)

この中で、生まれ付きの性質というのは
もっとも影響力が小さく、
それ以外の二つによる影響の方が
圧倒的に大きいです。

もちろん、生まれ付き繊細な人ほど
トラウマになり易く、対人恐怖症にも
なり易いところはあるのでしょうが。

育った環境の大部分を占めるのは、
親であったり、学校であったりします。

しかしながら親の方がその影響は大きいです。

何故なら、当たり前の話ですが
子供にとって親は特別な存在であるために
もっとも信用している相手だからです。

信用しているということは
必ずしも言葉だけでなく、
当然ながら性格や考え方にも言えることで、
本人も無自覚なうちに大きな影響を受けるのです。

というのと、
「自分はこの親から生まれてきた」
という意識からの、
だからこの親と同じような性格に違いない
という思い込みによるところがあります。

これもまた本人は無自覚なのですが
明らかに大なり小なり影響を
及ぼすところはあります。

たとえば、すごく自分勝手な親で
全然信用していなかったとしても、
「自分はこの親から生まれてきた」
という意識が誰でもあるので、
すると遺伝的にこの人の性質が
備わってると思ってしまいます。

たとえ頭ではそうではないと思ったとしても、
実際に心(深層心理)で思ってしまいますから
仕方ない部分もあります。

ただもちろん、頭で考えていて
「自分はこの親から生まれてきた」
というのを「だから変えようがないんだ」
と言い訳の材料として利用しているのか、
そうでないかでは影響力が
全く違ってくるのは事実です。

【参考】 いつも言い訳がましい人の心理・理由とは。言い分とは違う

 

子育ての注意

だからこそ、逆に親側としては
なるべくダメなところを
見せないようにしたりするなどして
子供に悪いイメージを与えないようにすることが
とても重要なのです。

もちろん能力的にも上記のような
思い込みの影響は与えるのですが、
それは別にそこまで気にしなくても良いです。

それよりも遥かに重要なのは、
精神的に程度の低い行動を見せないことです。

子供にとって、親の精神的に低い行動が
一番悲しいしショックなのです。

当然ですが、ショックは強ければ強いほど
子供の中に親の悪いイメージが
取り込まれてしまいます。

他人の悪口を言ったり虐めたり、
いつも他人のせいにしていたり
言い訳ばかりしていたり。

あるいは、自分の気分で叱ったりすることです。

実際のところこれらは、
自分自身もそんな人間じゃないか
という考えが過ってしまうばかりではなく、
直接的に対人恐怖症にも繋がってくるのです。

つまりその親を見て
「人間の本質ってこうなのか」
という考えを頭と心(深層心理)
で抱いてしまうことで、
人に対して拒絶的な反応を示すようになる
可能性が高いということです。

だからこそ、子育ての際には
子供に対して精神的な意味での
残念な姿を見せてはいけないのです。

 

ちなみに、たとえ能力的に残念であっても
精神的にしっかりとした姿を見せていれば
子供は能力を伸ばせる子になります。

しかしそこで
「自分は能力が人より劣ってるんだ」
という劣等感を出してしまうと
子供も劣等感を感じるタイプになってしまいます。

 

個人個人の「意思」が持つ影響力とは

ただ上のような話で終了していたら
親を選べない子供側の立場として考えると
まるで夢も希望もない気分に
なってしまうかも知れません。

しかしながら現実には、
決して簡単ではないですが
必ず突破口があるのです。

生まれ付きの性質は
もっとも影響力が小さいと言いましたが、
ここでは「意思」については含んでいません。

その人の根本的な意思の部分で
どれだけトラウマに
なりそうな状況と戦うことができ、
逆に簡単に負けてしまうかはかなり違ってきます。

少なくとも意思がちゃんとしてる人は、
「生まれ付きだから」
「育った環境が悪かったから」
などと言い訳しません。

 

だからこそ、たとえ
今は上手くいかないことであっても
少しずつ自分を変えていくのです。

そうすれば、いずれは深層心理の部分も
変えることができるので、
たとえ自分の親がどんな人間であっても
「自分と親は違うんだ」
と素直に考えられるようになります。

そうすれば、自分自身を
親の性格=自分の性格
という思い込みの呪縛から
解放していくことができるのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ