スマートフォン解析

砂糖断ちの効果・方法―好転反応や禁断症状が出る?

Sponsored Link


砂糖は様々な不具合を人体にもたらす食品として、
これを断とうと努力している人達はたくさんいます。

ここではこの砂糖断ちという行為についてと、
その効果や方法、注意事項等を取り上げてみました。

 

砂糖断ちとは

砂糖断ちとは、砂糖が
多く使用されている食品の摂取を
ほとんど、あるいは完全にやめる
という行為です。

一般的には、チョコレートやお菓子、
ケーキ類のような食品のことを指しますね。

ですから、あまり甘いものが好きではなくて
これらの食べ物を食べない人は、
砂糖断ちをする意味はないと言えます。

 

砂糖断ちの理由

なぜ砂糖断ちをしたいかと言えば、
単純に糖分を控えたいからです。

砂糖そのものは基本的に、
ブドウ糖や果糖等の代表的な単糖が
合わさって生成されたものです。

※ブドウ糖・果糖についてはこちら

ブドウ糖と果糖の違い、脳の影響って?お菓子で摂るなら

 

ですから別に砂糖でなくとも、
他にも糖分が豊富な食べ物はあります。

その中で敢えて砂糖断ちが
重要な理由はありますが、
それについては後述することにします。

糖分というのは、適量であれば
むしろ私たちの身体のエネルギー源となるために
非常に重要な物質です。

それはたとえ砂糖であっても例外ではありません。

しかしながら、
これが過剰摂取されてしまうと、
様々な不具合が生じるのです。

その最たるものは、肥満です。

肥満は見た目もあまり人気がありませんし、
そもそも健康にも全く良くありません。

また糖分はAGEsという物質の原料となります。

この物質は老化現象を引き起こす元と言われ、
故に砂糖を摂り過ぎると老化を早めてしまうのです。

ですから美容にも害悪となる、というわけですね。

 

なぜ砂糖断ちが重要か

なぜ他の糖類もある中で、敢えて砂糖を断つのか。

まず砂糖は他の糖類と比較すると、
甘さだけではなく旨味も備えていて
中毒性が強いという特徴があります。

だから止まらなくなってしまう。

さらにご飯やフルーツのような他の単一糖分食材と
比較するとお菓子やケーキは
甘さ・美味さを徹底追及して作られていますから、
なおいっそうその中毒性が高まるのも
無理もありません。

というわけで、多くの糖分を摂り過ぎる人達は
砂糖を摂り過ぎてしまうのです。

ですから砂糖断ちに成功することができれば、
糖分は他の食事から得られる分で
適量が得られるのですごくバランスが取れるというわけです。

 

砂糖断ちの方法

砂糖断ちの方法ですが、これはもう
自らの意志の力を見せ付けるしかありません。

しかしながら、別に砂糖断ちが
できないからといって意志が弱い、
というわけではないのです。

なぜなら、砂糖が好きで好きで
中毒症状が大変強くなってしまっている人と、
まあまあ好きくらいの人であれば
後者の方が全然砂糖断ちし易いですよね。

砂糖に対しての思い入れの強さが
強ければ強いほど、やめるのはより難しくなります。

そういう人が急にピタっと砂糖断ちすると、
禁断症状が出る可能性もあります。

頭痛や腹痛、下痢から
自律神経系に不具合が生じて
精神を患うことさえあります。

そうでなくとも、甘い食べ物には
幸せホルモンと呼ばれる
セロトニンの分泌を促す効果もあるので、
それを断つということは当然
ストレスが溜まり易くなるのです。

ですから、あまり無理し過ぎるのは禁物です。

とはいえ、「少しくらい・・・・」

と思って食べると止まらなくなってしまう
ところがありますから、
バランスを取るのはかなり難しいです。

この辺りがジレンマとなるわけですね。

 

禁断症状を回避しながら砂糖断ち

その辺りの対処法として、まず段階を踏む。

つまり、急にピタッとやめるのではなく、
少しずつその量を減らしていくのです。

と同時に、一日にどれだけだとか
量を決めて、それを絶対のルールとすること。

この絶対のルールというのがポイントで、

人間は可能だと思っているから
ストレスが溜まるのです。

つまり、食べようと思えば食べれる
と思っているからそこにジレンマが生まれます。

ですから、絶対のルールにすることによって
それ以上食べたら全てが終わるくらいまで
自分自身に思い込ますのです。

思い込みが意識の深いところにまで届けば、
ストレスを溜めることなく
砂糖断ちを実現することができます。

 

また、酵素ドリンクを活用している人も多いようです。

酵素ドリンクは甘味・旨味が
しっかりあるのにも関わらず
身体に重要な栄養素がたくさん含まれています。

それでももちろん飲み過ぎれば太りますが、
中毒性はお菓子やケーキと比較すれば小さく
自制がし易いので、お勧めですね。

とはいえ何と言っても飲み物であるために
少し物足りなさも感じるかも知れませんが、
一度試されてみたら如何でしょうか。

【参考】完全無添加なのに味も好評の酵素ドリンクとは

 

やはりそれでは物足りないということであれば、
砂糖不使用のお菓子で代替する、
という手段もお勧めです。

ただしやはり砂糖使用の食品とは
根本的な味が違うのですが、
糖分の方はしっかり含まれているので
物足りなさから量を増やしてしまっては
元も子もありませんよ(笑)

 

好転反応とは

ちなみに砂糖断ちが順調にいっていたとしても、
頭痛や下痢のような症状を伴うこともあります。

これを好転反応と呼びますが、
禁断症状との根本的な違いとしては
精神的な大きなストレスを感じていないことです。

もちろん食べたいものを我慢していたら
ストレスは溜まるでしょうけど、
それを続けているうちに
あまりストレスを感じなくなってくる。

さらに続けて砂糖断ちに
慣れてきたときに症状が起こったら、
これは好転反応と考えて良いと思います。

ただし、栄養分をしっかり摂っていなかったり、
代わりにしている食べ物・飲み物が
身体に合っていない場合もあります。

 

好転反応なのか禁断症状なのかの見極めるために、
精神的なストレスが掛かり過ぎていないかどうかと
症状があった後に気持ち的な開放感や
体調が改善された感覚があるかないか
を基準にするとわかり易いと思います。

たとえ症状が続くことがあっても、
都度何かの引っ掛かりが取れたような
感覚があるのであれば、
それは好転反応であると考えて良いでしょう。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ