スマートフォン解析

ブドウ糖と果糖の違い、脳の影響って?お菓子で摂るなら

Sponsored Link


ブドウ糖は私たち人間にとっての
代表的なエネルギー源として有名ですね。

糖類の中でも中心的な存在なのですが、
同じく有名な糖類として果糖があります。

この果糖とブドウ糖の違い、
その影響と摂取するための食品
等についてを取り上げました。

 

ブドウ糖と果糖の違い

ほとんどの食品には、大なり小なりの
ブドウ糖(別名グルトース)が含まれています。

まず根本的な事実として、
ブドウ糖というのは単糖の一種です。

つまり、デンプンであったり、
砂糖であったり、炭水化物を構成する
要素の一つとしてブドウ糖は存在しているのです。

しかしながら、それらの中で
最大のエネルギー源として君臨しているのが、
ブドウ糖である、というわけです。

ブドウ糖が多く含まれる食品としては、

  • パン
  • 麺類

等。

つまり、私たちが主食としていて
炭水化物と呼んでいる食べ物に多く含まれています。

それに対して果糖(別名フルクトース)というのは、
その名の通り主に果物に含まれる単糖の一種になります。

意外かも知れませんが、果糖は
清涼飲料水、乳飲料、菓子類にも
一定量は含まれています。

※こちらは名前は似ていますが、アミノ酸の一種です。

グルタミンの効果―筋トレに必須?

 

役割の違い

どちらも体内でエネルギー源
となる糖類であるために
その効果や役割もそれほど違わないだろう
とお思いの方もいるかも知れません。

しかし意外とそうでもないのです。

ブドウ糖の方は、小腸から体内に吸収された後
血液中に入り、体内物質インスリンの作用によって
全身の臓器などにエネルギーとして送られます。

一方で果糖の方は小腸から吸収された後
肝臓に行き、そこで代謝されるのです。

ですから、人体の根本的なエネルギー源としては
ブドウ糖の方が適していますが、
短期間にエネルギーを補給する場合は
果糖の方が適していたりと、
それぞれに得手不得手があるということです。

 

脳に対しての影響

では、脳に対してはどうでしょうか。

脳の根本的なエネルギー源は、
ブドウ糖になります。

果糖ではいけないのです。

ですから、果物だけを摂っていても
炭水化物を摂っていなければ
脳に十分なエネルギーが
いかないことになってしまいます。

果糖や他の栄養素を分解して
体内でブドウ糖を構成することも
できなくはないのですが、
それだけでは十分な対応が難しいのです。

脳は大量のエネルギーを必要とするので、
しっかりと炭水化物を摂っていく必要があります。

 

砂糖

砂糖は、脳にブドウ糖を提供する上で
非常に適した食品であると言われています。

まず、脳は非常に
多くのエネルギーを必要とする割には、
あまり多くを蓄えることができないので
都度摂取していかなければなりません。

その点、砂糖は米やパンといった他の成分よりも
構造が簡単で、吸収にあまり
時間が掛からないのです。

ですから、長時間の会議や勉強などで
脳を酷使した後、もしくは休憩時間にでも
お菓子を食べることは決して間違いではないのです。

ただし、もちろん炭水化物・砂糖というのは
そもそもカロリーが高いですし、
血糖値も高めて肥満につながりますから
そこは気を付けなければいけませんが。

 

ラムネ

ブドウ糖をお菓子で摂るなら
特にお勧めなのはラムネです。

ラムネというのは基本的に
ブドウ糖を主成分として構成されています。

ですから、純粋なラムネであればあるほど
シンプルにブドウ糖が摂取できるということで、
特に短期間だけ集中力を回復させたいときには向いているのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ