スマートフォン解析

メラトニンの作用―睡眠改善や不妊に効果?副作用とは

Sponsored Link


メラトニンという物質がありますが、
これが私たちの身体に与える作用とは
どんなものなのか。

その効果や副作用について
迫ってみることにしました。

 

メラトニンの役割とは

メラトニンとは、基本的には
体内で生成される化合物であり、
体内ホルモンの一種です。

原料は必須アミノ酸のトリプトファンであり、
トリプトファンからセロトニンが生成され、
そのセロトニンからメラトニンが生成されます。

セロトニンの一部がメラトニンに変化するのです。

 

メラトニンの役割として、
一言で言えば睡眠を司るホルモンです。

そして睡眠を司るところから、
身体の健康を守ったり、
老化等の機能低下を防ぐという役割に繋がります。

睡眠というのは、
生物の生命活動を支える土台のような行為です。

そういう意味では、
食事とかなり近いところがあり
決して疎かにしてはいけないものなのです。

※人体にとって非常に重要な物質である
セロトニンについてはこちらをご参照ください。

【参考】セロトニンを増やす為に重要なのは―コーヒーは駄目?

 

睡眠作用

ではメラトニンがどのように
睡眠に作用しているかというと、
メラトニンが分泌されたときに
睡魔がやってくるのです。

ただ睡眠は(人間の場合であれば)
基本的に夜するべきものであり、
昼間に睡魔がやってきたら
生命活動に支障をきたしてしまいます。

そのため、メラトニンは強い光の元では
あまり分泌されないようになっています。

逆に、暗いところでは分泌され易くなります。

また、一日のサイクルとして
バランスの取れた生活が送られるように
分泌される周期がある程度決まっています。

ですから、海外に行くと
時差ボケという現象が起こるのです。

 

メラトニンの摂取で睡眠改善

ただ、昔は朝早く起きて夕方日が沈んだら寝る、
という規則正しい生活が
普通に出来ていたから良いのですが、
現代に生きる私たちはそれが
なかなか難しかったりします。

そのため、メラトニンの分泌の周期が
おかしくなってしまったり
あるいは分泌異常を起こしてしまったり
している人も少なくありません。

もちろん不規則な生活のみならず、
それ以外にもストレスなど
様々な原因が重なって起こりうるのですが、
メラトニンの分泌異常は
健康に大きな被害を与えます。

その対策として、サプリメントとして
外部からメラトニンを摂取する方法があります。

自分の寝たいタイミングにメラトニンを
服用することによって、睡眠を促すのです。

 

不妊効果

さらにメラトニンは
不妊にも効果があるようです。

活性酸素を抑制する
抗酸化作用があるためです。

活性酸素とは、老化の主因となっている物質です。

実際に、メラトニンを服用することによって
妊娠率が上昇したという臨床試験の結果が出ています。

◎メラトニン摂取で体外受精における受精率、妊娠率が上昇

前回の体外受精が不成功に終わり、受精率が50%未満であった115名の女性を2つのグループに分けて、一方のグループ(56名)には、採卵前周期の月経5日目から採卵日の前日まで、1日3ミリグラムのメラトニンを摂取してもらい、もう一方のグループ(59名)にはメラトニンは摂取せず、前回の体外受精と比べて、変性卵率や受精率、妊娠率を比較しました。

その結果、メラトニンを摂取したグループでは、前回の体外受精周期と比べて、変性卵率は低下、受精率が上昇、19.6%の妊娠率であったのに対して、メラトニンを摂取しなかったグループでは、受精率の改善は見られず、妊娠率が10.2%だったとのこと。引用元:妊娠しやすいカラダづくり

 

その他の効果

またメラトニンは、
抗酸化作用と通じるところがありますが、
免疫力を強化する作用もあります。

そのため、医療施設では

ガン等病気の治療にも使用されています。

また精神安定効果があることで

精神病の予防・治療にも効果があり、
使用されています。

 

副作用は

ただサプリメントとして摂取する場合、
やはり怖いのは副作用になってきますね。

メラトニンのサプリを服用した際、
どのような副作用が考えられるのでしょうか。

メラトニンは睡眠薬とは違うので、
睡眠薬と比較すれば使用による
リスクは基本的にないとされています。

しかしながら過剰摂取による副作用であれば、

  • 吐き気
  • 血圧の低下
  • 睡眠障害
  • 精神の不安定化

等、真逆の効果が表れる可能性もあります。

体質に依るところも多いでしょうし、
服用の際は医師や専門家と
相談してからにした方が良いでしょう。

 

また、常用化すると身体の方が
メラトニンは体外から摂り入れられるから
分泌しなくても良いと思い出して、
メラトニン生成能力が衰えるのではないか
という疑いがあります。

これに関してはまだはっきりとした
答えは出ていないのですが、
理屈上は十分にあり得る話だと思います。

ですから、なるべく常用化は避けて、
たとえするとしても必要最小限に
抑えておいた方が良いだろうと思います。

 

目安摂取量としては、
睡眠障害や時差ぼけには
1日1mg程度で十分なようです。

ガン等の治療としての用途では
1日40mg程度もあり得るようですが、
治療のような特別な場合でなければ
そんなに服用しなくても十分な効き目はあるのです。

 

ただ、繰り返しになるのですが
サプリ等を使用する際は一度医師に
相談された方がよろしいかと私は思います。

メラトニンのサプリは現在
日本では販売禁止となっていて、
海外の商品しかありませんし、ね。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ