スマートフォン解析

グルタミンの効果―筋トレに必須で肉離れや捻挫…下痢も?

Sponsored Link


グルタミンは人間の体内において
非常に重要な役割を担当しています。

今回は、グルタミンとは
どのような物質であり、
そしてどんな効果を備えているのか
について取り上げてみましょう。

 

グルタミンとは

グルタミンとはアミノ酸の一種です。

その中で非必須アミノ酸に
分類されるのですが、
これは体内で生成できる物質である、
という意味です。

グルタミンと似た物質で
グルタミン酸があるのですが、
これは名前のとおり
形成する化合物は非常に近いです。

つまり元となる原料はだいたい同じですが、
その効果は違ってきます。

 

グルタミンは不足し易い
物質であると言われています。

どの程度の量を必要とするかは
人によるところが大きい物質でもあるのですが、
もともと不足し易い上にストレスを抱えていると
さらに不足し易くなってしまう
という特徴もあります。

ですから、厳密には
「非必須」ではなく「準必須」
アミノ酸であるとされています。

【参考】必須アミノ酸とは―効果と役割、含まれる食べ物、摂取量の目安等

 

グルタミンの効果

では、グルタミンには
どのような効果があるのか、
のテーマに入っていきます。

 

免疫力の向上

グルタミンが免疫細胞に対して
与えている影響はかなり大きいです。

免疫細胞は言うまでもなく
私たちが健康を維持する上で
最も大きな鍵を握っている細胞です。

ですから、グルタミンが不足しているのと
十分な量が満たされているのとでは大違いなのです。

これは誰にとっても
非常に重要なポイントになってきますね。

 

成長ホルモンの分泌

グルタミンは成長ホルモンの分泌にも
一役買っています。

不足することによって
本来伸びたはずの身長が
伸びなくなってしまう
可能性もある、ということです。

ですから、成長期のときは
より多めに摂ることを考えた方が良いです。

 

筋肉の分解を抑える―肉離れにも有効で筋トレに必須

グルタミンは筋肉疲労を
低下させる効果があります。

筋肉疲労を下げれば、
より大きな負荷を掛けられるために
より筋トレの効果が上がります。

しかも筋トレによって
壊れた筋繊維の修復を早める効果もあります。

これは、筋肉痛を早く治すことにも繋がります。

ですからグルタミンと合わせてプロテインなどの
直接筋肉組織を構成する物質を補充していけば、
筋トレがかなり効率的になるのです。

 

捻挫

グルタミンによって、捻挫・打撲といった
怪我の治りを早くすることができます。

これは筋疲労の低下にも繋がるのですが、
痛めたり損傷したりした細胞を修復するからです。

実際のところ、捻挫や打撲に限らず
怪我全般に対して治りを早くする
効能があるとされています。

そのため、すでに医療現場にも
取り入れられているのです。

例えば手術をした患者に
もしグルタミンが不足していたら
治りが遅くなってしまいますから、
そこはしっかりと補充させているようです。

 

下痢

グルタミンは腸を整え、
働きをサポートする
重要な存在でもあるのですが、
そのために胃液の分泌を促す効果があります。

胃液の分泌量が多くなり過ぎると
下痢症状を引き起こします。

ですから、グルタミンを摂取し過ぎることで
下痢に繋がる可能性は高いのです。

 

食べ物、摂取量目安、過剰摂取

グルタミンは
大豆、肉、魚、小麦粉、海藻類、サラダ等
身近な食品に多く含まれているのですが、
生の食品からの方が吸収率は高いようです。

グルタミンを1日40g以上摂ることは
過剰摂取であるとされています。

普通に食べ物からは基本的に
摂取できる量ではないのですが、
筋肉を鍛えたいとか成長ホルモンを
分泌させたい等の理由から
サプリメントを一度に
大量に飲むことはしがちです。

しかし過剰摂取では
意味がありませんから、
それはやめてください。

あと、一度の摂取量としては
5~10gに留めてください。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ