スマートフォン解析

アルギニンの効果・効能は子供の身長UPや妊活、褥瘡改善等

Sponsored Link


アルギニンという
人間の栄養分となる物質について、
その価値が強調されることも多いです。

子供の身長の伸びや妊娠活動、
褥瘡治療に対しての効果等が有名なのですが、
その効果・効能に関してもう少し
詳細に迫っていきたいと思います。

 

アルギニンとは

アルギニンとは天然アミノ酸の一種です。

ですから、タンパク質の一種とも言えます。

タンパク質と言えば、
三大栄養素の一つであり、
人体においてもっとも影響力のある
エネルギー・構成源となっています。

ですからタンパク質には色々な種類があり、
そのうちの一種であるアルギニンにも
特有の効果・効能があるのです。

 

アルギニンの効果・効能

まずは、アルギニンの代表的な効果を挙げていきましょう。

  • 肥満の改善
  • 育毛
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 認知症

など。

一言で言うと、
アルギニンの大きな役割として
免疫系の機能をサポートがあるのです。

つまりそれによって、免疫力は高められます。

免疫力が高まるということは
悪玉コレステロール等の病気の元に対して
抵抗力が養われるということなので、
あらゆる病気に掛かり難くなりますし、
健康改善にも繋がるのです。

もちろん免疫力を高めることは人体にとって
最重要課題の一つとなるので
これはアルギニンだけの役割ではないです。
(ただし、影響力は決して小さくはありません)

ただ以下に挙げる役割については
アルギニンが主役の一角を担う存在
となってくると考えて良いと思います。

 

子供の身長UP

「身長を伸ばすのはカルシウムの役割だろう」

と考えている人は少なくないと思います。

もちろん、それは確かで、
カルシウムは子供の身長を伸ばす上で
もっとも重要な栄養素となってくるでしょう。

【参考】カルシウムでイライラ解消の効果は根拠がない?美肌・脳への作用

 

しかしアルギニンも
かなり重要な役割を担っているのです。

そして問題なのは、その事実が
あまり知られていないため、
カルシウム以上に疎かにされてしまう
可能性が高いということ。

十分なアルギニンの摂取量を
確保することを心掛けるかそうでないかで、
最終的な身長が違ってくるのですから
これはしっかりと抑えておきたいところですね。

 

妊活

アルギニンは妊娠活動を
後押しする効能もあります。

アルギニンは成長ホルモン
全般を支える栄養分となります。

ですから、男性であっても、
女性であっても性的能力を向上させるのです。

 

男性について、
アルギニンは精子の原料として
大きなウェイトを占めるのです。

ですから、アルギニンが
不足している場合であれば、
アルギニンサプリを摂取することで
いきなり精子の量が増えて、
妊娠力が大きくUPする効能も期待できる、
ということです。

 

女性については、
アルギニンサプリを摂取することで
体内で胚、卵母細胞が増加し、
妊娠しやすい環境が造られるのです。

 

美肌・老化防止効果

アルギニンにはコラーゲンを増やす効果があります。

それがしわやたるみの防止し、
肌にうるおいと柔軟性を与えます。

さらに肌の血流が良くなるために、
くすみの改善にもつながります。

これらの効能があって、
美容と老化防止となるのです。

 

褥瘡改善

褥瘡(じょくそう)とは、
寝たきりであったりしたときに
同じ体制でいた場合、接触している箇所が
圧迫されることでその箇所が
血行不全となり損傷、壊死する症状のことです。

別の呼び名では床ずれとなります。

アルギニンは美肌・老化防止効果で
述べた通り、血管を拡張し、
血行を良くする効能がありますから、
それが褥瘡の改善・治療に繋がるのです。

ただし、それは褥瘡改善のための
一つの重要な要素に過ぎず、もちろん
他にも抑えなければならないポイントは
いくつかあります。

 

アルギニンの含まれる食べ物、摂取量目安と副作用

アルギニンが多く含まれる
主な食べ物としては、以下が挙げられます。

アルギニンの含有率表
出典:JINO ONLINE STORE

 

アルギニンの摂取量目安としては、
最低でも一日辺り2g程度は摂取したいところです。

では、逆にアルギニンには副作用はないのか、
どのくらいまで摂取して
大丈夫なのかについてですが、
基本的には有害性のない物質であることから
かなり多く摂っても問題ないと考えられています。

一日に15g~20gくらいまでなら
副作用はないと思われますが、
もちろん個人の体質にもよるので
特にサプリメントを使用する際には、
そこはご注意の上、様子を見ながら服用ください。

 

過剰摂取をした場合、胃や食道等の器官に
負担を掛けて下痢等の症状を起こす可能性があります。

摂れば摂るほど良い、
というわけではありませんが、
成長期だとか、あるいは筋肉を鍛えているとか、
妊活をしているという方は
多めに摂って良いでしょう。

ですから、サプリメントを使って
補充するのもありだと思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ