スマートフォン解析

アンチエイジングで老化を遅らせる!ストレス対策と食事と運動が鍵

Sponsored Link


アンチエイジングという言葉を、
近年になってよく耳にするようになってきました。

まあ要するに「老化対策」なわけですが、
「老化対策」というよりも
ポジティブな響きがある言葉ですよね。

だから、好んで使われるようになったし
より老化という問題に対してしっかり向き合って
頑張ろうという気持ちになれるのだと思います。

ここでは、アンチエイジング及び老化を遅らせる、
あるいは老化そのものを食い止めるための方法
について取り上げます。

 

アンチエイジング(老化対策)

アンチエイジング(老化対策)としては、

もっとも大きな枠組みで分けると

心の管理

体の管理

になります。

それぞれについて、別々に語っていきましょう。

 

心の管理

心の管理としては次が挙げられます。

 

ストレスを溜めないようにすること

精神的に落胆したり、嫌な気分になったり、
誰かに対して腹を立てたり等の
ネガティブな感情はストレスとなります。

ストレスは体中のあらゆる機能を
低下させますから細胞が老化現象と戦い、
抗う力も低下してしまいます。

 

恋をすること

恋をすることにより、
性ホルモン(男性・女性ホルモン)
が活性化され、多く分泌されるようになります。

性ホルモンの活性化は、
体中の細胞を刺激するために
生き生きしてくる感覚があるはずです。

 

目標を持つこと

できるだけ本気の気持ちで
目指したい目標を持つこと、
夢や憧れを抱くことです。

それまで眠っていた細胞が
蘇るような感覚があるはずです。

 

笑う・楽しむ

笑ったり楽しんだりすることは
ストレス発散にも繋がりますが、
それだけではなく
体中の細胞も元気になります。

 

睡眠を摂る

睡眠を摂らないと精神安定や
健康の維持に必要不可欠である、
セロトニンを代表とするような
体内物質の分泌が滞ってしまいます。

睡眠は、健康体の資本であり
同時に老化対策の基本でもあるのです。

【参考】快眠&熟睡するには―ヨガやアロマは効果あり?冷やす事が秘策か

 

体の管理

体の管理に関しては
さらに大きく二つの分けることができます。

食事

運動

です。

それぞれについて、特徴を挙げていきます。

 

食事

こちらに関しては、細かく話し出すと
非常に長くなってしまいますから、
ここでは大きなポイントを二点お話しします。

一つは、

栄養バランスを意識すること

です。

バランス良く栄養が摂れていなければ、
人体でどこかの機能が低下し、
それが全体に悪影響を与えてしまいます。

つまり、ある栄養素が直接的に担当している
部分に不具合が生じるだけではないのです。

また、何か特定の
栄養分だけ摂取していても
それはあまり効率的ではありません。

バランスを考えて摂取するからこそ、
それぞれの栄養分の吸収力が上がるのです。

しかし、あまり細かいバランスを意識し過ぎて
神経質になると、それがストレスとなって
精神のバランスを崩しますから、
それほど難しく考える必要はありません。

自分に何が不足しているか
を考えるのは大切ですが、
その不足している栄養素がわかったら
それを意識的に摂るようにすれば良いだけです。

「明らかに不足している」
栄養素であればわかり易いですから、
それは意識した方が良いですよね。

ですからまず何よりも大切なことは、
「栄養バランスを意識する」
ということなのです。

ちなみに自分にとって
どれが不足してるのかよくわからないとき、
一番手っ取り早いのは
「何でも食べること」
でしょうね。

一つのメニューで済ませるのではなく、
たくさんの献立を用意して
それを日替わりで回せば
バランスは取れるはずです。

まあ、学校の給食を
イメージすると良いと思います。

 

もう一つは、

体に優しくない食品を食べ過ぎること

です。

体に優しくない食品とは、
ファーストフードや冷凍食品、
コンビニ食品、お菓子等ですね。

何故かというと、これらは
化学調味料や食品添加物が
たくさん含まれているからです。

化学調味料や食品添加物は、
基本的に栄養分とはならず
悪玉コレステロールの素となりますから、
体内の消化器官はそれらを消化し、
無毒にするためにエネルギーを
つぎ込まなければならなくなるのです。

そうすると、本来は他に回せたはずの
消化するためのエネルギーが使えなくなります。

この消化するためのエネルギーとは
消化酵素のことなのですが、
酵素のもう一つの大きな役割は新陳代謝です。

つまり、代謝の方にエネルギーが回せなくなる、
ということです。

というわけで、上記に挙げたような食品は
極力避けた方が良い、ということです。

 

運動

運動にはもちろん、ストレッチ等も含まれます。

基本的に、アンチエイジングのための運動
というのはそれほどハードである必要はありません。

それどころか、ハードなトレーニングをすると
ストレスとなって心の管理の面で
マイナスになってしまいます。

体を酷使すること自体も、
もちろんあまり良いことではありません。

ですから、基本的には軽めの運動、
つまり有酸素運動をメインにした運動を
日常に取り入れることが大切です。

有酸素運動をすることで
体中に酸素が行き渡り、
同時に血の巡りが良くなり
新陳代謝の活性化されるので
非常に効果的なのです。

ただ、有酸素運動のみでは
筋肉がだんだん衰えていきますから、
ボディーラインが崩れてしまいます。

週に1~3回程度、少しキツめのトレーニング、
無酸素運動を取り入れるのが一番良いと思います。

無酸素運動と有酸素運動を
バランス良く取り入れることは、
ストレスの解消にも繋がりますから、
そういう意味では一石二鳥とも言えますね。

※運動についてはこちらをご参照ください。

運動の効果―食前と食後、朝と夜で適切なのは?

 

ストレッチ

また、ストレッチも
血の巡りをよくしますから
新陳代謝の活性化に繋がります。

特にストレッチの場合だと
滞ってそうなところを重点的にできますし、
運動と同時に取り入れるとかなり有効な
アンチエイジングになるのではないでしょうか。

※ストレッチの仕方はこちらをご参考ください

リンパを流すためにストレッチがお勧め?腫れやしこりが痛い場合は


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ