スマートフォン解析

カルシウムでイライラ解消の効果は根拠がない?美肌・脳への作用

Sponsored Link


カルシウムというミネラル
私たちの身体にとって
もっとも重要な栄養素のうちの一つですね。

しかしこのカルシウムの本当の効果については、
意外と知られていなかったりするので
ぜひここで取り上げてみたいと思います。

 

カルシウムの効果

体内に含まれるカルシウムは
体重の約2%に当たるとされています。

ですから50㎏の体重の人であれば、
1㎏に値することになります。

これはかなり大きいですよね。

 

骨・歯をつくる

カルシウムのもっとも有名な効果としては、
やはり骨や歯をつくることでしょう。

骨や歯の大部分は
カルシウムによって構成されています。

特に骨は主成分であり、
体内のカルシウムの99%は
骨の中に含まれていると言われています。

当然、カルシウムがあった方が骨が丈夫になります。

また、成長期であれば
カルシウムを十分に摂った方が身長が伸びます。

特に成長期はカルシウムを必要として
不足しがちですから、そこは一つ
しっかり抑えておいた方が良いでしょう。

 

骨粗しょう症・肩こり防止

カルシウムが十分摂れば骨が丈夫になるので、
骨粗しょう症の防止に繋がりますし、
逆に言えばカルシウムが不足すると骨が脆くなり
折れ易くなります。

また、肩こりも骨の中の
カルシウムが不足することによって
骨格バランスが乱れることが原因とされています。

ですから、カルシウムの十分な摂取は
肩こりの防止にもつながるのです。

しかし体内のカルシウムの
99%が骨の成分となると、残りほとんどないから
もう他に役目があまりないんじゃないか
と思うかも知れませんが、
全然そんなことはありません。

 

筋肉の働きを効率的に

カルシウムは筋肉の働きを効率的に、
かつ効果的にすることができます。

要するに、同じエネルギー量で
パフォーマンスが伸ばせるのです。

逆に不足することでけいれんを起こしたり、
攣ってしまう可能性を高めてしまいます。

 

カルシウムとイライラ解消(脳への作用)

こちらも、かなり有名ですよね。

「イライラするなんて、カルシウムが不足してるんじゃないか」
と言われたことがある人も多いかも知れません。

ただ、これは正しいと
言い切れないところがあります。

確かに、イライラする原因の一つとして、
血液中のカルシウム濃度が不足することは挙げられます。

血液中のカルシウム濃度の高さは
精神の安定性に大きな影響を与えているからです。

しかし、もし血液中の
カルシウムが不足していたら、
そのときは骨に含まれる分を
吸収することで補います。

ですから、実際血液中の
カルシウム濃度が低くなることは
基本的にはなく、その代わりに
骨が脆くなったりすることに繋がっているのです。

つまり、カルシウムをしっかり摂っても
イライラが解消されるということはなく、
ただただ骨が丈夫になっていくと考えたら良いです。

 

そもそも、イライラしたときに
血液中のカルシウム濃度が下がるという
因果関係も特に証明されていません。

ただ、ストレスは
体内全体のエネルギー消費効率を下げますから、
血液中のカルシウムを含む
大切なミネラルを多く使用してしまいます。

そうなると、厳密には正しい面もあり、
イライラし過ぎると骨が脆くなリ易い、
ということは言えそうですね。

結論としては、カルシウムが
不足しているからイライラするのではなく、
イライラするからカルシウムが
不足しがちになる可能性がある

ということです。

ですからイライラすること自体は、
別の原因であるということです。

※当サイトでは、イライラを
鎮めるための方法として
参考にして頂きたい内容をいくつかまとめています。

【参考】心や頭のリラックス方法、おすすめ

 

カルシウムと美肌

これは少し意外な事実かも知れませんが、
実は、皮膚の細胞はカルシウムによって
繋がれているのです。

ですから、きめ細やかな皮膚を作る上で
カルシウムも大きな役割を担っているのです。

たとえば、かかとがカサカサになったりするのは、
カルシウム不足が主な原因であると言われています。
(ただしカルシウムは足りていても
しっかり足の方まで循環していないこともあるかも知れません)

もちろん、肌というのは
それ以外のミネラルはもちろん、
ストレスや体調等さまざまな要素によって
影響を受ける部分ではありますが、
カルシウムは不足しがちで
見落とされがちですから、
意識して摂取することで
違ってくる可能性があります。

 

最後に

私たちの身体にとってカルシウムが
ものすごく重要なことを伝えてきましたが、
もちろん、カルシウムだけが
重要なミネラルではありません。

しかし不足しがちなミネラルであるということで
どのように摂取していったら良いかについて、
その効率の良い摂り方に関する記事を
まとめていますのでもしよろしければ
ぜひご参考ください。

カルシウムとマグネシウム、吸収の秘訣は摂取のバランス改善等


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ