スマートフォン解析

クエン酸は疲労回復や美髪等に効果あり?食用と工業用の違いとは

Sponsored Link


クエン酸というのは有機化合物の一種ですが、
その中でも近年、特に注目度の高い物質です。

その理由は食用としての健康効果、
工業用としての使い勝手の良さがあるのですが、
ここでは健康効果の方に
特に着目してまとめてみたいと思います。

 

クエン酸とは―人体に対する効果

クエン酸というのはレモンのような
柑橘類に含まれる有機化合物です。

とても酸っぱい味がするのが大きな特徴ですね。

弱酸性の性質で、匂いはありません。

クエン酸はとても爽やかな
風味をもたらしますから
食品添加物や調味料としても代表的な存在ですが、
人体にも良い影響を与えると言われています。

 

キレート作用

キレート作用とは、
食品に含まれる栄養素を
吸収され易いような形に変える、
あるいは有害物質を排出し易い形に変えることです。

吸収されにくい栄養素や、
排出し難い老廃物や有害物質もありますからね。

例えば鉄分やカルシウム等のミネラルは
体に吸収され難いと言われていますが、
それをサポートしてくれるのです。

当然、人体の健康を促進するわけですが、
クエン酸にはこのキレート作用があるのです。

この作用こそが、クエン酸が数々の
健康効果をもたらす根本的な理由
となっているのです。

 

疲労回復の効果

クエン酸の成分は
疲労の素となっている物質である
乳酸を炭酸ガスに分解する効果がある
と言われています。

そして炭酸ガスは尿や汗として
体外に排出されるのです。

ですから、筋肉痛であったり、
肩こりであったりバテに対しての
予防と改善が期待できるということです。

「なんか最近だるいな~」
というときにクエン酸を取り入れてみると、
その漠然とした疲労感も取り除くことが
できるかも知れません。

【参考】アーモンドの栄養が美容・健康に効果あり!1日の適量は何粒?

 

痛風、がん等の病気の予防・改善

クエン酸のキレート作用によって
尿に含まれる老廃物である
尿酸もスムーズに排出できるようになるため、
尿酸が溜まることによって患う
痛風という病気にも掛かり難くなるのです。

そしてがん予防としても効果があります。

がんという病気は、体の老廃物・有害物質が
排出されずに溜まってしまうことが
最大の原因だからです。

 

美肌・美髪

クエン酸には血液を
サラサラにする効果もあります。

血液がサラサラになれば酸素や栄養分が
全身にしっかりと送られるようになるので、
それは健康のみならず
アンチエイジングにも繋がります。

アンチエイジングというのは
老化対策という直訳になるのですが、
もちろん正確には若返るという意味も
含まれています。

ですから肌や髪が元気に若返る、
それどころか栄養分が与えられて
生き生きとした、ポジティブな印象を与える
見た目になることを期待できますね。

 

クエン酸が多く含まれる食品

クエン酸が多く含まれる食品の代表としては、
以下が挙げられます。

  • レモン
  • パイナップル
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • キウイ
  • 梅干し
  • アセロラ

想像しただけで唾液が
出てきそうな食材ばかりですよね。

大体、味的に傾向があることが
感じられると思います。

 

食用と工業用の違いとは

そんな様々な素晴らしい効果を
もたらしてくれるクエン酸ですが、
食用のみならず工業用としての使い道もあります。

たとえば掃除でクエン酸を
使用すると汚れがよく落ちるのです。

食用の場合は、基本的に
自然の食材にそのまま含まれています。

もちろん加工されもするのですが、
工業用のクエン酸は、
そもそも用途が栄養ではないので
大抵の場合はそれ以外の物質も
いろいろ含んでいます。

 

ですから、クエン酸が
原料だから食べられるとか
そういうことを考えては絶対にいけません。

純度がもし99.5%以上であれば
飲んでも大丈夫と言う人もいますが、
たとえそうであっても工業用で
作られていると表記しているのですから、
たまたま有害なものが混ざっていて
体を壊しても何も文句は言えません。

ですから、基本的に食用でない
クエン酸については口にするべきではないのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ