スマートフォン解析

グリコーゲンと脂肪の関係とは―食品から摂り筋肉と肝臓で貯蔵

Sponsored Link


グリコーゲンという物質について、
恐らく何となく耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

この物質は私たちの体の中で
なかなか重要な役割を果たしています。

ここでは、グリコーゲンとはどういう物質なのか
という基礎知識と、脂肪との関係性等、
知っておくと得するかも知れない情報
をまとめました。

 

グリコーゲンとは

グリコーゲンはエネルギー源の一種、
形態の一つです。

ブドウ糖(グルコース)
を中心に構成されている糖質で、
別名を動物性デンプンと呼ばれています。

ですからグリコーゲンは炭水化物の一種なのです。

 

グリコーゲンと脂肪の関係

炭水化物とタンパク質、そして脂肪は動植物が
最大のエネルギー源としている栄養素であり、
これらは三大栄養素と呼ばれます。

そして体内に取り入れたエネルギーの
貯蔵手段として変化させたものが
グリコーゲンやアミノ酸などの高分子化合物なのです。

これらは生物にとっての
エネルギー源である
というのは共通点なのですが、
その効果や働きはそれぞれ違います。

さらに同じ炭水化物であっても
その種類によって違ってくるのです。

ここでは、グリコーゲンと
脂肪の特徴について取り上げていきます。

【参考】効率良く皮下脂肪を減らすために筋トレに水泳、断食等の効果

 

グリコーゲンの特徴

グリコーゲンは摂取された
ブドウ糖を中心とした炭水化物を原料として、
肝臓と骨格筋で生成されます。

そしてそれぞれの場所にて貯蔵されるのですが、
グリコーゲンの特徴の一つは簡単に
再度グルコースに分解できることです。

グルコースはエネルギーとして使用するのに
非常に向いているので、グリコーゲンとして
貯蔵するのは効率が良いのです。

 

ただ一方で量的には多くを貯蔵することができず、
肝臓では肝臓重量の8%程度であり、
それは平均的な大人だとだいたい
100~120gくらいになります。

骨格筋での貯蔵量は、骨格筋重量の1~2%程度
平均的な大人でだいたい300g程度と言われています。

ですからあまり蓄えることはできないのですが、
運動のようなエネルギーを
短期間で大きく消耗する行為では
真っ先に使用されます。

 

グルコースが多く含まれる食品の代表は、
米類、パン類、麺類 芋類
等です。

どれもこれがなければ
食べた気がしないという人も多いと思います。

それだけ、グルコースを含む
炭水化物という栄養素は
私たちの体に欠かせないものであるとも言えますね。

 

脂肪の特徴

その一方で脂肪というのは、
エネルギーを脂肪酸として使用します。

原料はグリコーゲンと同じで、
主にグルコースを中心とした炭水化物になります。

しかし脂肪酸はグルコースと比較すると
あまりエネルギーとして勝手が利かなかったりします。

その代わり、量を大量に貯蔵することができます。

脂肪は説明するまでもなく、
理屈上はどこまででも際限なく蓄えることができます。

ですから太っている人は
エネルギーを大量に
蓄えていることになるのですが、
それは運動エネルギーとしては
あまり向いていないので
運動能力が低かったりするのです。

脂肪エネルギーである脂肪酸は、
エネルギーを長期間で少しずつ
消耗する行動に向いています。

普通に生きていることも含みますね。

 

肥満とグリコーゲン・脂肪の関係

グリコーゲンも脂肪も
結局のところエネルギー源なわけなので、
蓄え過ぎると肥満になってしまいます。

ただしグリコーゲンの方は、
肝臓と骨格筋以外では貯蔵されないので
量的にはある程度限られています。

ですから肥満というのは、
脂肪という形のエネルギーが
過剰になってしまっている状態のことなのです。

 

脂肪燃焼のためには・・・・

何とかこの脂肪エネルギーを燃焼して
体重を減らさなければならないのですが、
前述の理由(脂肪酸の性質上)
で脂肪は燃焼されにくいのです。

脂肪を燃焼させたいのであれば、
炭水化物を控えてそれほど
ハードではない運動を長期間する、
という方法がベストです。

これは多くの人がわかっていることなのですが、
最も大切なのはその具体的な方法と
実行の意志ですよね。

※こちらは痩せるためにもそうですが、
その他の意味でも試してみることをお勧めしたい行為ではあります。

断食は一日や二日でも効果ある?下痢は好転反応も回復食注意

 

また、グリコーゲンの貯蔵量を減らすと痩せると言われています。

グリコーゲンを運動などで大量に消費すると、
そのとき一時的にグリコーゲンが
体内に少なくなります。

このタイミングでさらに運動をすると、
グリコーゲンがあまり使えないわけですから
脂肪酸が積極的に使用されるようになります。

その結果、脂肪燃焼に繋がるということです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ