スマートフォン解析

インスリンの作用基礎知識―働きと食べ物、糖尿病との関係

Sponsored Link


インスリンという物質を
聞いたことがあると思います。

このインスリンは
私たちの体内で生成されていて、
生命活動に非常に重要な役割を
担当しているのですが
それが一体何なのかについては
意外と知らない人も多いでしょう。

ここでは、インスリンの作用基礎知識、
働きと食べ物、糖尿病との関係性
についてをまとめてみることにします。

 

インスリンとは

インスリンとは、すい臓で分泌される
ペプチドホルモン(タンパク質ホルモン)
の一種で、アミノ酸を中心とした
有機化合物でできています。

 

インスリンの作用

インスリンの作用はいろいろあります。

まず主要な役割としては、血糖の代謝です。

インスリンは血液中に含まれる糖を
全身に代謝させる働きをするのです。

糖はエネルギー源であるため、
全身くまなく運ばれ続けなければなりません。

そしてその運び込まれた糖を
その場所に代謝させることこそが、
インスリンの役目なのです。

やはりこれは非常に重要な責務ですね。

なのでインスリンは、
血糖値を下げる体内物質なのです。

ちなみに、肝臓はそのインスリンの代謝を
コントロールする役割を担当しています。

 

糖尿病との関係

インスリンが不足するとどうなるかと言えば、
エネルギーの代謝が上手くされなくなる、
つまり全身の機能が低下するということです。

と同時に、代謝されるはずであった
血液中の糖分がそのまま残ります。

その結果、血糖値が高くなるのです。

ですから体内のインスリン不足は
糖尿病の直接的な原因として挙げることができます。

またインスリンが分泌異常を起こすと、
インスリンの代謝効率が悪くなり、
血糖がなかなか消費されなくなります。

よってこちらも血糖値が
高くなってしまうために
糖尿病の発病につながる可能性があります。

また、全身にバランス良く
エネルギーが行き渡らないので
体の不調や不具合が起こり易くなってしまいます。

 

インスリンの不具合の原因:分泌を助ける食べ物

インスリンが体内で不足・不具合が起こる原因
というのは、大きく二つあります。

 

一つは十分に栄養分が取れていないこと。

この場合はもちろん、しっかりと
そのための栄養分を摂取しなければなりません。

ただインスリンの最大の
構成要素はタンパク質であり、
すい臓で作られるわけですから、
基本的にはバランスの良い食生活と
生活習慣が一番大切で、
あまり特別に何を摂取するというのは
意識しなくても良いと思います。

※健康改善の偉大な貢献者となりうる意外な食品

アーモンドの栄養が美容・健康に効果あり!1日の適量は何粒?

 

しかしそれでも体質によっては
インスリン分泌に不具合が生じ易い人、
血糖値が上がり易い人もいると思います。

実際、インスリンの分泌を
手助けする食材があります。

それは、苺とたまねぎです。

苺の色素であるアントシアニンに、
インスリンの分泌を高める効果があります。

またたまねぎには、イオウ化合物の
サイクロアイリンとイソアイリンという
匂い成分が含まれているのですが、
これがインスリンの分泌を活発化するのです。

ちなみに、インスリンに対して
直接作用する食材ではありませんが、
ジャガイモ 山芋 タケノコ 昆布等
血糖値が上がり過ぎてしまうことを
抑える働きをするため、
糖尿病予防の効果があります。

 

もう一つの原因は、
体に異常が生じている場合です。

こちらの原因だと、バランスの良い
食事・生活習慣等と言っていても
それだけではなかなか解決するのが
難しいケースもあります。

ですから、外部からインスリンを
注入するという方法を取ることが多いです。

と同時にしっかりと栄養も
摂りながら対応をし回復を待つ、ということです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ