スマートフォン解析

大豆イソフラボンの対女性・男性効果とは―摂取量の注意

Sponsored Link


大豆イソフラボンという物質が、
最近その注目度を増しています。

とても体に良いという話なのですが、
これは一体どんな物質で、どんな効果があるのか。

についてをテーマに取り上げてみましょう。

 

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンとは、
大豆の胚軸と呼ばれる部分に
含まれている抗酸化物質の一種です。

抗酸化物質というのは要するに
人体の老化に対抗することが
できる物質という意味です。

ですから美容に効果があるのですが、
一体どのような効能をもたらしてくれるのか。

 

大豆イソフラボンの対女性効果

大豆イソフラボンは女性ホルモン
「エストロゲン」と働きが似ています。

  • 髪の艶やハリを出す
  • 肌の新陳代謝を促進し美肌化
  • 乳房の発達、皮下脂肪の増加等女性特有の体を作る
  • 卵巣を発達させ、活発にする

等がその特徴であると言われています。

これはそのまま、
女性ホルモンの働きであるために
それを促す、または助長するのが
大豆イソフラボンの役割であると言えます。

また、更年期になると女性ホルモンが減少し、
バランスが崩れてしまうことで
「更年期障害」が起こります。

大豆イソフラボンは、
女性ホルモンを補う役割をすることで
更年期障害の症状を和らげることができる
とされています。

 

大豆イソフラボンの対男性の効果

女性ホルモンと似た働きをする
大豆イソフラボンですが、
男性にもしっかりと効果があります。

というのは、男性も女性ホルモンが必要だからです。

男性も女性もそれぞれ
異性のホルモンを持っていて、
ただその比率が違うだけなのです。

肌とか、髪とかは男性であっても
綺麗であるに越したことはないですよね。

それに、女性ホルモンは髪に活力を与えます。

つまり、薄毛や抜け毛予防になるということです。

※こちらは少し意外な美容・健康に良いとされる食べ物になります。

【参考】アーモンドの栄養が美容・健康に効果あり!1日の適量は何粒?

 

大豆イソフラボンの健康効果

大豆イソフラボンは
それ以外にも健康効果があります。

  • ガンのリスク削減
  • 骨粗鬆症予防
  • 脳の活発化・アルツハイマー予防
  • 生活習慣病全般の予防

等。

まさに、良いこと尽くめですね。

 

大豆イソフラボンの過剰摂取の注意

しかしながら大豆イソフラボンの摂取に当たって
注意しなければならないことがあります。

それはまず、その摂取量です。

大豆イソフラボンは摂取し過ぎることで
女性ホルモン過剰と同じような状態になります。

男性の場合は体付きが
女性っぽくなってしまうこともあるとか。

また、筋肉が付き難くなったり、
特にスポーツをやってる人にとっては
マイナス作用を及ぼすと言われています。

また、女性であっても
女性ホルモンばかりが過剰になることは
ホルモンバランスの崩れになるので、
危険性があるのです。

 

摂取量の目安

摂取量の目安としては、納豆であれば
一日一パックで十分であると言われています。

一日に何パックも食べているという人は、
過剰摂取してしまってる可能性があるので
量を少し減らした方が良いでしょう。

というより、それ以外にも
大豆イソフラボンが含まれる食材はあります。

代表的なのは、

  • 豆乳のような大豆飲料
  • 豆腐のような大豆系食品
  • 油揚げ
  • きな粉
  • みそ

等。

豆腐であれば一丁程度、
豆乳飲料であれば一パックで十分です。

ですから意外とそんなに食べる必要はないのです。

逆にちょっと油断していると
すぐ食べ過ぎてしまうくらいです。

 

しかしこれを毎日食べることを
心掛けるのが非常に意味があるのです。

少しくらい食べ過ぎても良いので、
取り過ぎないように気を付けながら、
毎日目安以上の量の
大豆イソフラボン食品を
摂取するようにしたら、一番健康バランスが
取れるのではないかと思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ