スマートフォン解析

アーモンドの栄養が美容・健康に効果あり!1日の適量は何粒?

Sponsored Link


アーモンドは意外と知られていないのですが
栄養抜群で、非常に体に良い食べ物なんです。

しかも健康だけでなく、
美容にも効果があると言われています。

そんな隠れて魅力的なアーモンドという
食材について、取り上げてみましょう。

 

アーモンドとは

アーモンドは、バラ科モモ属の
落葉高木(らくようこうぼく)自体のことと
その植物から採れるナッツのことを指します。

落葉とはその言葉通り
定期的に葉を落とす性質の植物、
高木とは5メートル以上の
高さの植物を意味しています。

原産地はアジア西南部ですが、
現在では南ヨーロッパ、アメリカ、
オーストラリア等でも栽培されています。

どちらかと言えば
欧米のイメージが強いのではないでしょうか。

 

アーモンドの効果・効能

さて、ではアーモンドが
どのように体に良いのか
について紹介していきましょう。

まずは含まれるミネラルから。

 

ビタミンVE

アーモンドに含まれる
ビタミンVEには抗酸化作用があります。

これは老化の原因となる体内物質を減少させ、
若返りと老化を遅らせる効果がある言われています。

 

食物繊維

食物繊維は腸内環境を整えます。

便秘・肥満・糖尿病予防から
毒性物質排除促進等の働きをしてくれます。

 

鉄分

鉄分は不足すると貧血を引き起こします。

鉄分が不足しがちな人にとっては、
手っ取り早く鉄分を補給することができます。

【参考】鉄分不足の症状・原因とは―吸収を助ける食品も良いが取りすぎはダメ?

 

善玉オレイン酸

これがアーモンドの脂肪の
7割を占めているために
悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やします。

それによって、血液がサラサラになったり
健康を促進するのです。

 

その他のミネラル

それ以外にも
リン・カリウム・カルシウム・
マグネシウム・亜鉛といった
ミネラルが豊富に含まれています。

 

不飽和脂肪酸

アーモンドに含まれる善玉オレイン酸は
不飽和脂肪酸の一種ですが、
これがダイエットに大変効果がある
と言われています。

そもそも太りにくい体質を
作ることに貢献するため、むしろ適量であれば
取り入れた方が痩せられるのです。

ですから当然、リバウンドも起こり難くなります。

【参考】断食ダイエット:一日や二日でも効果ある?

 

ビタミンVE等は直接的に
肌の若返りに繋がりますが、
アーモンドに含まれる成分で
体自体が健康になれば、
当然見た目も生き生きしてきます。

そういう意味でも、
アーモンドは健康効果のみならず
美容効果も抜群であると言えますね。

 

食べ方の注意

アーモンドの栄養素をできるだけ
無駄にしないためにいくつか大切なことがあります。

アーモンドは、酸化してしまうと
多くの栄養素が失われてしまいます。

ですから、密封された袋、瓶や缶に保管すること。

購入するのは殻付きで、
ローストせずに生で食べること。

また、ときどき皮を剥いて食べる人がいますが、
皮にもしっかりと栄養素が含まれていますから
これを食べずに捨ててしまうのは
大変もったいないです。

 

食べ過ぎはNG!1日の適量は何粒?

これはどんな食品にも言えることですが、
やはりいくら栄養価が高かろうと
食べ過ぎはNGです。

たとえば、食物繊維は取り過ぎると逆に
腸の調子が悪くなったりします。

栄養分というのは
バランスを取らなければ意味がないので、
同じ食べ物ばかり食べているのはダメです。

 

アーモンドの場合、
一日の適量は20粒程度と言われています。

体の大きさや体質にもよるので
あくまで目安ですが、大体毎日20粒食べていれば
とても素晴らしい健康効果があるでしょう。

何よりも、毎日食べ続けることが重要です。

一週間に一回140粒食べるという
採り方ではあまり効果が見込めないでしょう。

明日、いや今日からでも、
ぜひ取り入れては如何でしょうか。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ