スマートフォン解析

効率良く皮下脂肪を減らすために筋トレに水泳、断食等の効果

Sponsored Link


脂肪には大きく内臓脂肪と
皮下脂肪がありますが、
皮下脂肪の方がなかなか落とすのが
大変であると言われています。

ここでは、その皮下脂肪を効率的に
減らすための方法について
取り上げてみましょう。

 

筋トレ

筋肉はあればあるほど
カロリーを必要とするため、
筋トレをして筋肉を付ければ、
それだけ良いスタイルになり易くなります。

つまり、同じ量を食べても
脂肪が付き難くなるということです。

場合によっては、今までと同じ
食・生活習慣でもどんどん
脂肪が燃焼されていくこともあります。

この場合は、健全な形で
脂肪が減っていくので
かなり理想的なダイエット法になりますね。

 

運動

これは当然ですが、
運動についても効果があります。

短距離ダッシュのような無酸素運動は
筋トレと同じ理由で非常に良いのですが、
ウォーキングやジョギング、
フィットネスのような有酸素運動は、
直接的に脂肪を燃焼させる効果は
より高いです。

しかも体全体の血液や
リンパの流れが良くなりますし、
汗から体の老廃物も排出できますし
非常に健康にも良いです。

血液やリンパの流れが良くなれば、
体の機能がより適切に
働くようになりますから、
内蔵の働きが活発化し、
脳と身体のパフォーマンスが向上、そのため
より大きなエネルギーを必要とするので、
脂肪燃焼もより捗るようになります。

ですから、筋トレのような無酸素運動と
ウォーキングやジョギングのような
有酸素運動を両方するのが一番良いです。

※運動の負荷に関してはそれぞれですが、
こちらではより効果が上がり効率性が増すタイミングを取り上げています。

運動の効果―食前と食後、朝と夜で適切なのは?週一回は如何

 

水泳

運動の中でも、水泳は
特にエネルギーを消費します。

水の抵抗の中で体を動かすことは
全身の筋肉を使います。

必ずしも泳がなくても良く、
水中歩行でも十分に効果はあります。

また、ウォーキングやジョギング、
フィットネスのように
足腰に負担を掛けることが
ほとんどありません。

ちなみに水温は高ければ汗になりますし、
低ければ体温を保つために
エネルギーを使って脂肪が燃焼するので
どちらでも効果があります。

ですから効率的なダイエット法として
勧められることが非常に多いですね。

 

ただし、もちろんですがその分食べる量を
増やしてしまったら何にもなりません。

筋肉の付いた肥満となってしまって、
むしろ前より体重が増えてしまう
ことにもなり兼ねませんからね。

 

マッサージ&ストレッチ

エステでマッサージを受けることによって、
皮下脂肪部分の血流を良くし、
燃焼がされ易くなります。

また、ストレッチは
皮下脂肪ダイエットのみならず、
全身の血流とリンパですから
他の健康にも大きな良い影響を与えます。

ですから、運動と一緒にすることによって
より効果を助長させられるので
ぜひ取り入れてほしいです。

※リンパストレッチについてはこちらをご参照ください。

リンパを流すためにストレッチがお勧め?腫れやしこりが痛い場合は

 

断食

断食については、これは運動とは
また別に考えても良いと思います。

どちらかと言うと運動が嫌いとか
ちょっと怠いとか、時間があまりなくて
できないであれば、運動の代わりに
やっても良いということです。

ただし、皮下脂肪は
もともと食べる量を減らすことでは
落とし難い部分なので、断食よりも
運動の方が効果は高いです。

が、断食は正しくすれば
健康にも繋がるので
個人的にはお勧めしたいです。

特に適度な運動との組み合わせであれば
最大級の効果が期待できますし、
ウォーキングや水中歩行のような
軽い運動をと一緒にすることは
最もお勧めではあります。

しかし断食は、やはりキツい運動と
一緒にすると体に負担を掛け過ぎてしまう
ところがあるので注意が必要です。

 

ただもちろん、断食もどの程度の断食を
するかによって変わってきます。

例えば、緩めの断食であれば
キツめの無酸素運動と有酸素運動を
同時にこなしても問題ないと思います。

どっちもキツくすることはNGなので、
この辺りはある程度自分で
バランスを考える必要があるでしょうね。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ