スマートフォン解析

立ちくらみが毎日する原因は貧血?お勧め改善法

Sponsored Link


立ちくらみは、ほとんどの人が一度は
経験したことのある感覚だと思います。

しかしながら、この感覚に
毎日悩まされている方もいます。

今回はこの立ちくらみの原因と、
改善法についてまとめあげてみました。

 

立ちくらみの原因

立ちくらみが起こる根本的な原因は、
脳の平衡感覚の異常です。

これはどういうことかと言えば、
私たちの脳は平衡感覚を取るために
手足を筆頭とした体の各部位に対して
バランスを考えながら統率しているのです。

 

しかしながら、何らかの原因で
それが乱れることがあります。

そのときに、立ちくらみのような
目まい症状が起こるのです。

そしてその脳の平衡感覚を
乱してしまう元として、
次のような原因が考えられます。

  • 貧血
  • 低血圧
  • 体質
  • 自律神経の乱れ
  • その他の病気

一般的な立ちくらみは、
貧血か低血圧かのどちらかになります。

これらでしたら、たとえ体調に
これといった問題がなかったとしても
起こり得る可能性はあります。

もちろんどちらも生活習慣や
ストレスの改善でかなり良くなるでしょう。

 

ですから毎日立ちくらみを
感じるというのは、貧血か低血圧、
どちらかが原因である可能性が高いのです。

低血圧に関しては、もともと
血圧が低い人は理解しているでしょう。

貧血が原因であれば、
それを判別する簡単な方法はあります。

【参考】貧血の原因、爪や目の色等に表れる症状とは

 

自律神経の乱れについても
原因が不規則な生活習慣や
ストレスであったりして、
結局生活習慣を改善することによって
大概の立ちくらみ症状を防ぐことができます。

 

体質的な場合もあります。

つまり、平衡感覚が乱れ易く、
立ちくらみし易い体質である場合です。

 

しかし、中にはなかなか
その原因がはっきりしない場合もあります。

結果的にメニエール病であったり、
脳卒中、脳梗塞、脳出血等といった
重い病の症状である可能性もあります。

その見極め方として重要なのは、
普段自分が立ちくらみを
感じることがないのに
何故か感じただとか、
いつもの立ちくらみと
違う感覚があるとか、です。

 

特にあまりにも頻度が高いとか、
注意していても起こるのであれば
一度医者に掛かった方が良いと思われます。

 

改善法とは

立ちくらみを回避するために
まず重要なのは当然食生活、
生活習慣を改め、ストレスを改善することです。

こちらは、参考になるのではないかと思います。

心と体のリラックスと、生活習慣を改善する方法特集

 

ここではそれ以外で直接的な対策として
代表的なものを挙げます。

 

普段から軽く運動をする

激しい運動はお勧めしませんが、
軽い運動は全身の血液や
リンパの流れを良くしますし、
リラックス効果もあります。

毎日ラジオ体操をしたり、
10分ほど少し速い速度で歩く
などの簡単な日課でも良いです。

これは生活習慣の改めにも入るのですが、
とりあえず貧血や低血圧の
立ちくらみをできる限りなくすことを
考える場合に、最低限してみたら如何か、
という運動です。

 

立つときにいきなり立ち上がらない

その動作によって脳の血液が
掻き回されるので平衡感覚を崩すのです。

ですから、手すりだとか近くで
手が付ける場所に手を付きながら、
ゆっくりと立ち上がります。

結局のところ、いきなりだとか
頭や体を振り回すような雑な立ち方だと
体質的にどうしても立ちくらみを
してしまう可能性があります。

これは立ちくらみ、
または立つときに限らず
その他の動作にも言えることで
普段からスムーズで強引でない
動きを心掛けることは、
血液やリンパの流れに良い影響を
与えますから、健康にも繋がるのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ