スマートフォン解析

貧血の原因、爪や目の色等に表れる症状とは

Sponsored Link


貧血という人体の異常症状。

この貧血の90%は鉄欠乏性貧血
であると言われています。

この場合は、鉄分さえ適切に
摂取することができれば
問題は解決する、ということです。

しかし、自分が鉄分不足の貧血である
ということを知らなければ
わざわざその対策となる行動を取ろうと
考えないかも知れません。

ということでここでは、
自分が貧血であることを知るために
手っ取り早い方法について紹介します。

 

貧血とは

まず貧血とはどのような症状なのか
についてお話ししておきましょう。

これは、血液中の赤血球の量が
不足している状態です。

赤血球が適切な濃度を保てないと、
酸素やリンパの運搬がままならなくなります。

その症状としては頭痛・目まいであったり、
疲れ易さであったり動悸や息切れであったり
というのが代表的な例ですが、
実際のところはそれだけでなく、
気付いていないだけで
身体全般の異常に繋がってしまっているのです。

 

赤血球を生成する主な物質は鉄分

つまり、鉄欠乏性貧血の
直接的な原因となるのは、
単純にその鉄分の摂取量が足らないことと、
体が上手くそれを吸収できていないこと
なのです。

ですから、食べ物を含めた
生活習慣の改善が必須になってくるのですが
それについてはこちらの記事もご参照下さい。

鉄分不足の症状・原因とは―吸収を助ける食品も良いが取りすぎはダメ?

 

貧血が女性に多い理由・原因

貧血は特に女性に多いのですが、
この原因は無理なダイエットであったり、
月経による出血であるとされています。

月経はしょうがないにしても、
ダイエットに関しては
美を追求するのはわかりますが
もう少し健全な追求の仕方をしないと
本末転倒になってしまいますね。

 

また特に妊娠中は貧血に
なり易くなるのですが、
これにも生物学的な理由があります。

妊娠の際、幼児に酸素や栄養を送るために
より多くの血液が必要となります。

そのとき、血液自体を生成することは
それほど難しくないのですが、
赤血球の適切な濃度を保つことが
なかなか大変なのです。

このとき、貧血症状は自分だけでなく
胎児の方にも影響を与えて、
しっかりと酸素が行き届かない状態
になってしまうので、
その発育にも悪影響を与える可能性もあります。

 

爪や目の色等に表れる症状

頭痛・目まいがしたり、
息切れや動悸というのは
低血圧症等他の理由であっても起こり得ます。

それに対して、爪や目などは
貧血特有の症状があるので
その判別が付き易いのです。

 

爪については、心臓から
一番遠いところである、
ということもあって貧血の異常が
はっきりと表れやすいのです。

例としては、

  • 割れ易くなり、欠けたり二枚爪(爪が重なった状態)になること
  • 横筋が入る
  • 色が白っぽくなる(健康時はピンク色)

等が挙げられます。

ただし、例えば爪が紫色だとか、
それ以外の色であった場合は
他の種類の異常である、
ということになります。

ただの不健康であるケースもあるのですが、
いずれにしても黒色・紫色・赤色等、
ピンク以外の色であるとしたら、
十分注意して下さい。

 

目というのは、貧血のみならず
体のあらゆる不具合が
症状として出易い部位、と言われています。

健康時には、下まぶたの裏側
(あっかんべーをしたときに見える部分)
はピンク色をしています。

貧血の人は、こちらもまた
爪と同様白色になってしまっています。

 

また、これは爪にも目にも言えることですが、
赤色になってしまっている場合は、
多血症であると考えられます。

多血症は貧血とは真逆に症状なのですが、
「血の気が多い」という言葉がある通り、
多血症の人はストレスを溜めていて、
怒りっぽい傾向があります。

もちろん貧血でなければ良い、
というわけではないので、
たとえ多血症の場合であったとしても
同じように何らかの対応を考えるべきでしょう。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ