スマートフォン解析

鉄分不足の症状・原因とは―吸収を助ける食品も良いが取りすぎはダメ?

Sponsored Link


という物質は、体内において
重要な役割を果たしています。

体内で活躍する鉄は
鉄分と呼ばれミネラルの一種ですが、
この鉄分について、ぜひとも知っておきたい
知識についてまとめてみました。

 

鉄分不足の症状とは

鉄分が不足することは望ましくないから、
鉄分を取りましょうという推奨が
よくされていますよね。

では、鉄分が不足した際には、
人体に一体どのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

鉄が不足することによる貧血は
鉄欠乏性貧血といいますが、
これは赤血球の働きを支えている
ミネラルである鉄分が不足することにより、
血液がその機能を上手く
果たせなくなってしまうという症状です。

血液の役割は酸素の運搬を
代表として非常に幅広く、
影響力が高いので大なり小なり、
体のあらゆる不調に関連してきます。

特にその中でも代表的でわかりやすいのは、
頭が痛くなったり目眩がしたり、手足が冷えたり。

食道の粘膜が少なくなってしまい、
食べ物を飲み込んだ際に
すんなりと通って行き辛くなります。

また、鉄分不足は
白血球の減少にも繋がります。

これによって、免疫力が低下して
病気になり易くなってしまいます。

 

鉄分不足はさらに、
気分的にも影響を与えます。

たとえば、氷が食べたくなったり
食べ物でない土や鉄、ガソリン等が
美味しそうに見えたり・・・・。

 

鉄分不足の原因

鉄分が不足する原因で一番大きいのは、
やはり鉄分を含む食品を
摂取していないことでしょう。

鉄分が多く含まれる食品として代表的なのは

  • 動物全般(特に豚・鶏)の肉・レバー
  • 魚介類全般(特にアジ・イワシ)
  • 野菜類全般(特にパセリ、ほうれん草等)

ですから、基本的に
非常に幅広く含まれています。

 

ただ、重要なことはただその食品に
鉄分が含まれているか
どうかだけではありません。

鉄分については特に、
その吸収力も意識するべきなのです。

例えば鉄分は大きく、
動物全般の肉やレバー等に含まれるヘム鉄と、
野菜全般等に含まれる非ヘム鉄に分けられます。

ヘム鉄の方が、その吸収力がかなり高いのです。

 

ただし、野菜類には鉄分の吸収を
助ける働きがあるビタミンCが
多く含まれています。

ですから、肉類でヘム鉄を摂取し、
野菜類で非ヘム鉄と
ビタミンCを摂取することで、
鉄分の効率的な取り入れ方ができる、
ということです。

 

鉄分が不足する原因のもう一つとして、
緑茶やコーヒーに含まれる
タンニンが挙げられます。

このタンニンは、鉄と結びつくことで
溶け難くなり、外部から取り入れた
鉄の吸収を妨げるのです。

ただし、緑茶は相当体に良いので、
どんどん飲むことをオススメします。

※こちらでは、緑茶がどのように
健康に良いのかについて取り上げています。

【参考】カテキンの効果とは―健康作用ありも貧血等デメリットもあり?

 

鉄分の取りすぎによるリスク

鉄分が不足すると貧血を引き起こし
色々厄介なことがあるということですが、
実は逆に取り過ぎても害があるのです。

鉄分を取りすぎることによって起こる
そのリスクの特徴というのは、
体を傷付けてしまうことです。

例えば腸に負担が掛かり過ぎてしまって
腸の損傷、吐き気・下痢などの
胃腸障害を引き起こします。

あるいは、鉄分が体中に送られて
それが各臓器に溜まることによって
負担を掛け、痛めてそれぞれの
臓器の機能が悪くなることによる障害が起こります。

 

ただし、確かに鉄分を取りすぎる
ことは害となるのですが、
普通に鉄分豊富な食を中心に
食べていて取りすぎることはまずあり得ません。

可能性があると言えるのは、
鉄分を含んだ錠剤やサプリメント等、
鉄分を摂取することを目的とした
内容物を摂取することです。

含まれる鉄分の量が大量で
しかもヘム鉄なので、
体内に一気に吸収されることになります。

すると、余計に体が痛め付けられ易いのです。

これらは女性が妊娠中であるケース等、
特定の状況に応じた対応をするためにあるので
たとえ鉄分が不足していたとしても
基本的にはあまり頼らない方が良いと思います。

大体鉄分が不足しているケースは、
他の栄養も不足しているケースが多いですからね。

バランス良く食を取ることを心掛けていれば、
基本的には問題がないでしょう。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ