スマートフォン解析

ホルモンバランス乱れで頭痛や吐き気等の症状?整え方とは

Sponsored Link


誰しもどこかで、
「ホルモンバランスが乱れている」
というセリフを聞いたことがあると思います。

しかしながら、
ホルモンバランスとは一体何なのか、
漠然としたイメージしかありませんよね。

その辺り、ちょっと迫ってみたいと思います。

 

ホルモンとは

ホルモンバランスというのは、
言葉からそのまま意味を察すると
「ホルモンのバランス」ということです。

では、ホルモンとは何なのか。

 

ホルモンには、様々な種類があります。

が、大抵の場合は、
ホルモンバランスといえば
男性ホルモンと女性ホルモン
のバランスのことを指します。

男性ホルモンは、筋力質だとか
卵巣があるとか男性の男性らしい体、
攻撃的でプライドが高い等の
思考の傾向等の素となるホルモンです。

体内で分泌されている
テストステロンという物質が素で、
その量が多ければ男性ホルモンが多い
ということになります。

一方で女性ホルモンは、
男性ホルモンの女性版なので
女性の女性らしい体や
思考傾向の素となるホルモンです。

体内で分泌されている
エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)という
物質によって構成されています。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは乱れることがあります。

これは一体、どういうことなのか。

実は重要なこととして、それぞれ
女性ホルモンは女性だけでなく男性にも、
男性ホルモンは男性だけでなく女性にも
存在しています。

 

これらの分泌バランスの乱れというのは、一つの問題です。

しかしそれだけではなくて、
分泌量が足らなかったり、
というのも問題です。

ただ、思春期辺りになると男性も女性も
それぞれのホルモンが
急激に増えたりするので、
バランスが崩れやすいのです。

 

また、逆に更年期になると
ホルモンが急激に減ることによって
バランスが崩れてしまいます。

男性思春期の場合だとニキビ等
肌トラブルに出る傾向がありますが、
女性の場合、思春期・更年期共に
頭痛・吐き気等に出易いです。

 

整え方

ホルモンバランスが乱れていたら、
体の不調に繋がるわけですから
当然整える必要があります。

基本的に、ホルモンバランスの乱れは
男性・女性ホルモンの減少・不足
のことと考えて良いです。

思春期や更年期には
大きく変動することが問題になるのですが、
それもしっかりと生活習慣等のポイントに
気を遣うことによって大体は改善されます。

 

ストレス

ホルモンバランスの乱れが
ストレスに繋がるのもそうですが、
逆にもともとのストレスが
ホルモンバランスの乱れに大きく繋がるとも言えます。

ですから、ストレスをストレスと
感じないような考え方・精神状態になる

ことを目指すのは大切なことです。

※こちらの記事は参考になると思います。

心身のリラックス法まとめ

 

食習慣

過度なダイエットや偏食はいけません。

思春期だと、けっこうしがち
なのではないでしょうか。

お菓子ばっかり食べていたり。

ファーストフードや
インスタント食品、コンビニ食品も当然NG。

参考までに手軽に食べられる食品で
重要な栄養素を含むものを挙げると

  • 納豆や豆腐で大豆イソフラボン(女性ホルモンの働きを助ける)
  • マグロ・カツオ・レバー・ナッツ類でビタミンB6(女性ホルモンを作る)
  • アボカド・うなぎ・かぼちゃでビタミンE(女性ホルモンの分泌を促す)

また卵・肉・にんにく・たまねぎ等は
男性ホルモンを作り、分泌を促します。

 

体の異変が起こったときに、
何が不足しているのかは
医者に行って見てもらわないと
いけないですが、もちろん普段から
バランス良く食べることが大切ですね。

 

夜更かし

夜遊び回ったりしてたら当然ダメです。

寝る時間が安定しないのもいけません。

 

適度な運動

あまり激し過ぎない運動をすることで
代謝を良くしますし、
ホルモンバランスの安定化もできます。

 

当たり前のことも多いですが、
この辺りをしっかり改善すれば、
ホルモンバランスは常に安定した状態になります。

安定していれば安定しているほど
健康に良いのはもちろんなのですが、
さらに思考パターンも男性と女性の良い面が
ブレンドされる形になります。

ですから、ホルモンバランスを考えることは
本当に有意義なことなんですよ^^


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ