スマートフォン解析

快眠の意味や秘訣:睡眠環境を整え、グッズや食べ物を改善する事とは限らない?

Sponsored Link


睡眠において、どうしたらより
質の良い睡眠を実現できるか、
快眠することができるかについて
深く考えるのは非常に重要なことです。

より素晴らしい睡眠に繋がる寝方について、
色々な角度から取り上げてみましょう。

 

快眠の効果

快眠というのは、私たちの生活に
様々な効果をもたらしてくれます。

快眠によってもたらされるのは

  • 溜まっていた疲れが取れる
  • 気分が爽快になる
  • 仕事や勉強の集中力アップ
  • ポジティブになる
  • 食欲が出る

などが挙げられます。

これらをまとめて言い換えるならば、睡眠は

エネルギーチャージの時間

なのです。

ここで言うエネルギーというのは
広い概念で、

肉体的・精神的なエネルギーです。

だから、肉体的にも
精神的にも元気になるのです。

 

プラス、睡眠ならではの効用
というのもあります。

それは、

睡眠によって自分の気持ちと情報の整理がされる

ということです。

これが、快眠するとすっきりして
やたらと頭が冴えたりする理由です。

逆に睡眠の質が悪い人というのは、
気持ちと情報の整理、
つまり心と脳の整理が
されていないままの状態になっているので
頭がグチャグチャになっていて、
情報から本質を汲み取る能力に
どうしても欠けてしまいます。

 

ですから

睡眠は長さよりも、一番重要なのは質

なのです。

では、睡眠の質を上げまくって、
スーパー快眠を実現するために
役立つものを挙げていきましょう。

 

睡眠環境

まず快適な睡眠を実現するために、
快適な環境は当然大きな土台となります。

あなたの部屋は、快適な環境ですか?

近くの誰かのいびきがうるさ過ぎたりしませんか?

もしそうであれば、
そこは何とかする必要があります。

しかし、それは難しいという方が
いるかもしれません。

それは人間関係の問題になってくるので
ここではその具体的な方法
については語りませんが、
このサイトの中で語っている他の内容は
かなりヒントになるのではないかと思います。

※人によって適性が違いますから、
一度一通り目を通して頂くと良いのではないかと思います。

【参考】サイト記事一覧ページ

 

話を戻しまして、部屋が汚いとか、
空気が悪いとかでも当然睡眠の質に影響します。

部屋を綺麗に掃除して
しっかり換気をします。

また余分なものが置かれ過ぎていても
気持ち的に影響するので、
断捨離をすることもお勧めです。

【参考】断捨離の意味とは―実際に部屋掃除で運気が上がる効果あるの?

 

観葉植物等を置くのも、ありだと思います。

アロマも良いでしょう。

とにかく、睡眠環境を快適にすること。

これはファーストステップでありながら、
最も重要なことの一つです。

 

ただし、アロマの臭いが嫌いなら
炊く必要はないですし、
汚い部屋の方が落ち着くなら
無理に片付けをしろとは言いません。

あくまで、自分にとって
快適であるかどうかが大切ですからね。

しかしこう言うと

「今の環境は問題ない」

と考える人がいますが、
もし今現在、快眠がなかなか
できていないと思うのであれば
ここで一度違うことをやってみることをお勧めします。

人間は基本怠け者なので、
努力しなくても良い方を無意識のうちに
正当化してしまいますからね。

違うことをするというのは
多少面倒でエネルギーも消費しますが、
やってみる価値はあると思いますよ。

 

マットレス、枕等のグッズ

次にマットレスや枕などの睡眠グッズです。

マットレスについては、
個人差もあるのですが
軟らか過ぎてはダメで、
固すぎても当然ダメです。

柔らかすぎる場合であっても、
横になったときに腰の部分が
深く沈んでアンバランスな状態になり、
これが寝辛さと腰痛に繋がるのです。

これは低反発マットレスにありがちなことで
少し前まではこちらの低反発系が
主流だったのですが、
現在は高反発マットレスの方が
主流になりつつあるだそうです。

その内容についてはこちらをご参照下さい

【参考】日経トレンディ特集

 

まあ極端になってはいけないということで、
どちらでも自分のあったマットレスを
使用したら良いと思います。

購入前に、どちらの方が
ご自分が向いてそうかは
しっかり確認された方が良いと思います。

 

枕に関しても同じで、頚椎弧と呼ばれる
首の部分のカーブが適切な状態がベストです。

大抵の枕は自分で形を作ることができますから、
どんなカーブがベストかは
ご自分で試してみる必要があります。

あと、マットレスと枕について重要なのは
素材、そして清潔感です。

マットレスも枕も当然
様々な素材があって、
それはご自身の好みになります。

しかしこの辺はあまり
神経質になる必要はないと思います。

その神経質になり過ぎること自体が
快眠を妨げることになりますから、
注意しなければなりません。

それについては後述もしていますが。

また、乾燥・除菌させたベットや枕は
普通に気持ちが良いですよね。

グッズについては、色々あるので
試してみるのはありだと思います。

【参考】快眠グッズまとめ

 

食べ物

まず基本的に、就寝の2~3時間前
以降は食べない方が良いです。

またそれ以前であっても、以下のものは
夕食以降は出来る限り避けた方が良いです。

  • 揚げ物、脂の多い肉類
  • 香辛料の多い刺激的な食べ物
  • お菓子などの糖分豊富な食べ物

これらは消化に時間もエネルギーも掛かります。

そのためまだしっかり消化が
されていない状態で
睡眠をしてしまう可能性があって、
そうなるとゆっくり休むことができないのです。

ですから夕食には、
もっとカロリーが低かったり、
添加物の少なくさっぱりしたものを
食べるようにした方が良いです。

それは快眠もといは健康にも繋がります。

 

ただお腹が空き過ぎて眠れない、
というときはアーモンドやバナナ、
フルーツなどお腹に負担の少ないものを
食べるのはありです。

もちろんあまり寝る直前に
食べるのはお勧めできませんが、
それでも寝られないよりは全然良いですから。

逆に飲み物であれば寝る前でも良くて、
ノンカフェインのお茶かホットミルクなどは、
睡眠を促す効果があるのでお勧めですね。

 

最後に

やはり結局のところ、快眠というのは
どれだけリラックスできるかが鍵になるので、
生活環境やら枕やらマットレスやらに
拘り過ぎるのは逆効果になり兼ねません。

もし今現在、睡眠の質で悩んでいる
のであれば試されるべきだと思いますが、
そうでなければ無理に替える必要はないです。

それがたとえ人からしたら
とても快適な環境ではなかったとしても、
本人にとっては快適な場合は
全然あり得ますからね(笑)


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ