スマートフォン解析

チャクラとは―色の種類、それを開く安易な方法は危険?音楽は無難

Sponsored Link


チャクラという言葉を
聞いたことがあるでしょうか。

ちょっとオカルト的なイメージを
されている方もいるかも知れませんが、
知識として持っておくと役に立つ
概念なのではないかと思います。

 

チャクラとは

チャクラというのは、人体に存在する、
エネルギーの源となる部分である
とされています。

若干の違いこそありますが、
チャクラの存在については
仏教、ヒンズー教と異なる宗教において
語られていたりします。

 

チャクラの色と種類

チャクラは一般的には
第一から第七まで存在しているとされています。

一つ一つ、挙げていきます。

 

・第一チャクラ(赤色)

生殖器と肛門の間にあり、生命力、情熱、生存欲求の源

・第二チャクラ(オレンジ)

へそ下5cm、横隔膜のある丹田と呼ばれる場所にあり、精神的なバランス、情緒安定を図る源

・第三チャクラ(黄色)

心臓からへその間にあり、自信や知性の源

・第四チャクラ(緑色)

胸の真ん中にあり、愛、思いやり、感情の源

・第五チャクラ(薄い青色)

ちょうど喉の下にあり、自己表現の源

・第六チャクラ(濃い青色)

眉間の上にあり、第三の目とも呼ばれる客観力・インスピレーションの源

・第七チャクラ(紫色)

頭のてっぺんにある知識蓄えや予知、超意識の源

 

その役割については若干他と重なっている
ところもあるように思えますが、
性質そのものは違います。

結果的に、人体への影響の及ぼし方が
近くなっているだけです。

 

これらのチャクラの色は
オーラの色であるとも言えます。

人間はあらゆるオーラを備えているのですが、
人によって強く出る色と弱く出る色があります。

要するに、強く出ている
オーラの色については
その部分のチャクラが
しっかり開いているということです。

ですから自分の性格を考えれば、
どの部分のチャクラがあまり開いていないか
大体想像が付くのではないでしょうか。

 

ちなみに人体から離れたところにも
チャクラはあり第八、第九と続いていくのですが、
それについてはここでは深く触れずにおきます。

簡単に説明すると私たちの人体ではなく、
意識の深いところに存在しているチャクラです。

※人体外のチャクラについて以下の記事はかなり関係してきますので、ご興味あらばご参考下さい。

【参考】集合的無意識・超意識下の構造とは。行動にも意味がある

 

チャクラを開く安易な方法は危険

チャクラはバランス良く
開かなればなりません。

たとえば、第三のチャクラばっかり開くと、
根拠のない自信を持った人物に
なってしまいます。

そうなると主観だけで突き進むため、
一時的には上手く行っても最終的には
谷底に転落して終わってしまいます。

逆に第四のチャクラばっかり開くと
感情に振り回されるようになってしまいます。

 

また、それ以外の一見害が
なさそうなチャクラであっても、
開き過ぎることによって何らかの副作用
(精神的・肉体的な負担等)
が掛かると言われています。

これはどういうことかというと、
強引にその部分のチャクラを
開こうとするからそうなってしまうのです。

つまり、自分の精神が
チャクラを開いたことによって
注ぎ込まれるエネルギーに
耐えうるだけの器が足りていない
(十分に成長していない)ことが問題なのです。

覚者と呼ばれる人達は
チャクラが開きまくっていますが、
あの人達はそれだけの精神的器があるから
大丈夫なのです。

 

ということで、チャクラを開くという意識を
あまり持ち過ぎるのも問題なのです。

身の丈にあったチャクラの開き方をしていく。

しかしその中でも一番害がないし、
精神的器を大きくするために適しているのは、
まず第二チャクラを開くことを意識することです。

ここは丹田と呼ばれる場所で、
精神の落ち着きを司る場所です。

人間は精神的に落ち着くことによって
心に余裕ができ、初めて精神的成長の土台ができます。

普段から精神的に余裕がない人は
なかなか自分の思い込みや価値感、
固定観念の束縛から抜け出せないので、
まずこの第二チャクラから入るのは
非常に重要なのです。

その方法に関しては、
このブログの中でたくさん語っていますが
まずリラックスすることが原点になります。

【参考】心や頭のリラックス方法、おすすめは―緊張を解き、自分を開放

 

脳をリラックス状態にするのを助ける
アルファ派・シータ波の音楽をBGMとして
聞きながら日常を送るのもありだと思います。

動画検索すればたくさん出てきますが、
こちらの音楽はその一例となります。

 

第二チャクラを開くのは精神的器拡大の
土台・雛形、つまり例えるなら
才能に当たる部分です。

ですから、それ以外のチャクラを開く
ことでも精神的器を高めることができます。

その場合は基本的に自分が弱いな、
と思うところを開くことを考えてください。

得意なところをどんどん
伸ばしていくのも良いですが、
きちんとバランスを取りながらでないと
暴走してしまう危険性があります。

 

チャクラを開く適切な方法

そしてチャクラの各開き方については、
いろんな方法がありますが
これは別に神秘的なやり方に限りません。

例えば第三チャクラであれば、
自分に対して「できる、できる、できる」
と言い聞かせて自己暗示することで
自信を持てるようになったりします。

これは第三チャクラが
開いていることになります。

 

しかし、これが行き過ぎると
危ないのはわかりますよね。

チャクラを開くとは、そういうことなのです。

第二チャクラを開いて土台を作れば、
何が自分にとって害悪となり得るのか、
その辺りも冷静に判断できるようになります。

このサイト内で語ってる内容も
チャクラを開くことに大いに繋がるはずです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ