スマートフォン解析

盛り塩はやり方次第で効果-。置き場所はトイレ等NGで捨て方も注意

Sponsored Link


盛り塩という行為をご存知かと思います。

言葉通り塩を盛り、
家のどこかに置くわけなのですが、
これが厄除けだとか運勢のアップに繋がる、
と言われています。

実際のところ、どうなのでしょうか。

取り上げてみましょう。

 

やり方によっては効果マイナス?!

盛り塩は、やり方によっては
はっきり言ってマイナス効果をもたらします。

中途半端な知識・考えで
「一応盛っておいた方が良いだろう」
といつも使っている食塩を
山盛りにして部屋に置いておいたら、
残念ながら確実にマイナスになってしまいます。

しかも、それをずっと変えずに、
そこら中の部屋に置きっ放しにしてる人がいます。

この場合、冷静になって考えてみれば
家の中が異様な空気になるのは
想像できるのではないでしょうか。

想像しただけで違和感を
バンバン感じるくらいですから、
実際最悪の状態になってしまいます。

 

塩というのは清めのエネルギーを持っていて、
厄除け・魔除け・浄化、運を引き寄せるなど
の効力を秘めているとされています。

しかしながら、実際のところ塩は基本的に
悪いエネルギーを引き寄せる存在で、
塩が悪いエネルギーを吸収することで
環境を守っています。

ですから、定期的に交換を行わなければ
その塩に溜まった悪いエネルギーが
部屋に漏れて、むしろ害悪となってしまうのです。

そして悪い塩ほど、
悪いエネルギーを近くから
引き寄せて室内に放出します。

ですから、本気で塩を使って
運勢を良くしようという気持ちがないなら
やめておいた方が良いのです。

※むしろこれらの方が簡単ですし、リスクがないのでお勧めです。

瞑想の簡単なやり方・効果とは。引き寄せや意識の変化は実現するの?

入浴の際に塩や入浴剤は効果ある?入り方改善で超健康

 

盛り塩の注意事項と一連の流れ

では、盛り塩の一連の流れを
まとめてみましょう。

まず、塩選びからスタートです。

 

塩選び

盛り塩に使用する塩は、
自然製法で作られた
純粋なものでなければなりません。

塩釜で精製された天日塩
岩塩などがお勧めです。

盛り塩用の塩が売っていますが、
これはお寺や神社ではなく、
ネット上にある商品だと
ぼったくって金儲けしてやろう
という邪念が入っている場合があるので、
できれば伝統あるお寺や神社で
直接買った方が良いかも知れません。

妥当な値段で、神具の専門店であれば
基本的には問題ないと思いますが。

 

塩の色については、別に
白じゃないといけないということはなく、
他の色でも問題ありません。

ピンク色は恋愛運
黒色は事業運

に効果がある言われています。

 

ちなみに、盛り塩として利用した塩は
絶対に食べないでくださいね。
(詳しくは後述)

良い塩だと余計勿体ない
と感じるかもしれませんが、
それは非常にマイナスな行為になりますから。

 

器選び

器に関しては、
陶器の平らな皿を使用します。

それ以外、色などにも
特別こだわる必要はないでしょう。

ただし、職人が精魂込めて
作ったものであれば効果は倍増しますから
その点は意識した方が良いと思います。

これは盛り塩に限らず何でも言えることなので、
覚えておかれた方が良いですよ。

 

ちなみに、必ずしも必要ではないのですが、
一応盛り塩用のセットは販売されていますので
ここで紹介しておきます。

 

塩の盛り方

塩は山盛りにします。

しかし、これは別に量を山盛りに、
ということではありません。

三角形の山盛り、という意味です。

量はひと皿10g程度で十分です。

それ以上多いと、逆に
引き寄せた悪いエネルギーが
室内に漏れ易くなってしまいます。

また、部屋の中は出来る限り
綺麗な状態を保ってください。

塩が無駄に悪いエネルギーを
吸収し続けることになります。

 

置き場所と置く数

部屋の四隅に置くと良い
と言われていたりしますが、
流石に部屋の外観を乱すことも
懸念してしまうと思います。

部屋の入り口の横の角と、その反対側の角
の二箇所くらいで良いと思います。

 

一つであれば、
自分が一番邪気を吸い取って欲しいところ、
邪気を感じ易いところに
置いておくのが良いでしょう。

例えば、パソコンの近くだったり。

そこで自分が著しく疲弊していたら、
その疲弊という負のエネルギーを
吸い上げてくれるからです。

 

トイレ等NG

盛り塩のNG場所として
言われることがあるのは、トイレです。

トイレという場所は
もともと排泄物と一緒に
悪いエネルギーを放出する場所です。

しかも、水回りというのは
エネルギーが集まり易い場所なので
盛り塩をしたら、悪いエネルギーを吸収して
溜め込んで、部屋中に充満することになります。

特にトイレが汚かったら、もう最悪です。

ですから、そこは換気扇を回して
しっかりと掃除をして空気の入れ替えを
しておけば良いのです。

ただ水回りは金運がアップする
とも言われますから、
どうしても置きたいのであれば
室内全体を必ず綺麗に保ち、
若干早めに盛り塩を交換するようにしてください。

 

交換のタイミング

最後に、盛り塩の交換についてです。

これは最低でも一週間に一回はしなければなりません。

面倒くさいからとか、
ケチって一ヶ月持たすとか、
そういう問題ではありません。

悪いエネルギーがどんどん溜まり、
漏れ出すのでそれは避けてください。

ベストは毎日交換することです。

 

捨て方も注意

そして捨て方も注意が必要です。

「せっかくの塩がもったいないから」
などと食用に使うのは絶対NGです。

そんなことをしたら自分の体内に
塩が吸収した悪いエネルギーが
取り込まれることになります。

有毒と言っても過言ではありません。

ですから、とにかくその塩は使用せず、
そのまま捨ててください。

 

一番良いのは、浄水で流すことです。

それによって、
その悪いエネルギーを含んだ塩は
浄化されながら外に出ていきます。

ですから、外部にも
悪影響を与えずに済むのです。

例えば集中的に一箇所にまとめて捨てると、
その場所にいた植物や小さな生物たちに
大迷惑を掛けてしまいますから、
その場合は負のエネルギーが
自分に舞い戻ってきてしまいます。

そういった周りの人間以外の環境に
対しての気遣いもキチンとできることが、
運気を引き寄せる上で
本当に重要なことなのです。

 

結論

盛り塩は確かに良い効果がありますが、
やり方によってはリスクを伴う
ということはお判り頂けたと思います。

他にも運気を高めたり
浄化作用のある行いはあるので、
もしインテリア的にも
自分には合わないと思うのでしたら
必ずしもこだわる必要はないのではないでしょうか。

ただし、塩自体は良い塩であれば
生活に取り入れることはむしろお勧めします。

摂り過ぎだけ注意すれば間違いなく
心身の健康に貢献しますからね。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ