スマートフォン解析

入浴の際に塩や入浴剤は効果ある?入り方改善で超健康

Sponsored Link


入浴という行為に対して、明らかに
軽視してしまっている人が多いです。

しかし実は入浴というのは、
入り方次第でどこまででも
リラックス&リフレッシュ&デトックス
をすることができますので、
その方法などについて語っていきたいと思います。

 

入浴の効果

入浴は、言うまでもなく
体全体を湯でしばらくの間
浸かる行為なわけですが、
これをすることでどのような効果があるのか。

すでに前述していますが、驚くほどの
リラックス&リフレッシュ&デトックス
ができます。

これは言い換えると、つまり
頭と体と心にとって抜群に良いということです。

 

なぜそんなに万能に良いかと言えば、
そこには明確な理由があります。

水という成分は人の体の60%を占めていて、
人間にとってもっとも重要な存在
と言っても過言ではありません。

それだけに、圧倒的な影響力を持っています。

そんな水の存在と

ありのままの姿で直接触れる時間。

それが、入浴なのです。

 

そしてよく悪いことを「水に流す」
と例えられる通り
実際に邪気(悪い気・エネルギー)
を流すという性質を持っているのです。

これは決してスピリチュアル的な話ではなく、
実際に人間の意識の深い部分で
感じていることです。

ちなみにここで言う邪気(悪い気)とは
心と体の老廃物のことです。

ですから、入浴はどんな形であっても
ある程度リフレッシュすることができます。

たとえそれがシャワーのみであってもですね。

※お勧めの効果的リラックス法についてはこちらをご参照ください。

心や頭のリラックス方法、おすすめは―緊張を解き、自分を開放

 

最も効果を上げられる入浴法

それでも入浴は、その入り方によって
効果が全然違ってきます。

ではこれから最も効果が上げられる
入浴法の流れを語っていきます。

 

まず、先に体をほどほどに洗ってから風呂に入ります。

これは、風呂の中の水を汚さないためです。

風呂の中の水が汚れていると
効果が薄れてしまいますから。

 

中で10~15分くらい浸かります。

お湯の温度は熱すぎてはいけません。

人によっても適温は違ってきますが
だいたい、40度弱であれば
大抵ベストかと思います。

熱すぎる湯では体の表面上ばかりが熱くなって
体の芯まで温めることができません。

体の芯を温めるには入浴時間が大事なのです。

また、熱すぎる湯で長く入ることは
逆上せてしまいますし、健康に良くありません。

 

そして肩まで沈まない。

肩はたまに温めるのは良いのですが、
基本的に中に入れてない状態で保ちます。

肩まで沈んでしまうと、
頭に血が集まってしまうのです。

 

ぬるま湯に一定時間浸かったら、
一度風呂から出ます。

そして、もう一度体を洗います。

このときは体中の毛穴が
開いていますから、
そこから悪い気を外に出すことができるのです。

これを数回繰り返すとより効果があるのですが、
その場合は一回の入浴時間を5分程度にしたり、
短めにすることがポイントです。

 

また、洗い流すときについてですが、
ザラザラのタオルを使うのは良いでしょう。

しかし少しザラザラしてる
程度なら良いのですが、
ザラザラ過ぎるのはやめた方が良いでしょう。

同時に、あまり強くこすり過ぎてはいけません。

肌の角質を落としてしまうからです。

あくまで毛穴が開いたことによって出てきた
体の表面上の悪い気を流すことが目的なので、
それを意識して軽くこすって洗います。

そのときに、

自分は悪い気を流しているぞ、
というイメージを抱いてください。

そしてその悪い気がシャワーで流されて、
排水口から出て行っている。

 

このようなイメージをすることで、
リラックス&リフレッシュ&デトックス効果は
倍増します。

実際にこの流れをしっかりとこなせれば、
心も、頭も体の健康に相当な効果を
示せるはずです。

 

塩や入浴剤は効果ある?

風呂に入れる入浴剤の効果については、
決して馬鹿にできません。

お勧めの入浴剤を紹介していきます。

 

まず、塩は入浴剤として
風呂に入れることによって
殺菌や保温等の効果をもたらします。

普通に水だけのときよりも、
効果を助長できると考えて良いでしょう。

また発汗作用もありますから
ダイエットにも効果的です。

 

入浴剤に関してはその種類によって
若干違ってくるのですが、
概して入浴の効果を助長すると言えます。

成分別の内容に関してはこちらを
ご参照いただくと良いと思います。

日本浴用剤工業会のページ

 

しかし、私がもっとも
お勧めしたい入浴剤があります。

それは、日本酒です。

代謝を促し、血流改善で
より毛穴が開くのもそうですが、
さらに美容にも抜群に良いとされています。

実際、女優の長澤まさみさんや
藤原紀香さんも毎日酒風呂に
浸かっているとして有名です。

適量はコップ1~2杯くらいですが
アルコールに弱い方はそれより少し
少なめにした方が良いです。

長澤まさみが実践している日本酒風呂の効果まとめ

 

ちなみにここはかなり重要ですが、
日本酒はコンビニで売ってるような安い
気持ちの篭ってないものではなく、
精魂込めて作られているものほど
効果が圧倒的に増長します。

ですから、いつもでないにしても、
ここぞというとき、気持ちがすごい
ネガティブになっているときなど用の
必殺アイテムとして用意しておくのは
大アリだと思います。

 

実際的に効果を助長するだけでなく、
気持ち的にもプラス作用を
もたらす入浴剤はかなりお勧めですね。

 

また、できれば浄水を使った方が
効果は上がります。

だいたい想像が付くかも知れませんが、
浄水の方が当然悪い気を流しやすいのです。

 

ここで紹介した内容を全て忠実に実行すれば、
健康改善どころではありません。

その効果に驚くこと間違いなしです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ