スマートフォン解析

純粋無垢な人とは。ある意味で子供のような大人は魅力がある

Sponsored Link


純粋という言葉は比較的よく聞く
ことがあると思いますが、
その本当の意味について
しっかり考える人は少ないと思います。

しかしそれはすごく重要なので
ぜひ取り上げてみましょう。

 

純粋とは

純粋な人というのは、
要するに自分の本心に対して素直、
つまり正直な人ということです。

ただし、その本心自体が汚れていたら、
その本心を表に出すのはマズイですよね。

だからその場合、
通常は純粋にいられないのです。

しかし、それでも表に出している人は、
見た目は完全な悪人ですが、
ある意味純粋であると言えます。

「子供は純粋」とよく言いますが、
子供は自分の本心を表に出します。

だから残酷なこともしますが、
それはその子の本心であるとも言えるのです。

もちろん、単純に善悪の区別が付いていない
場合もありますから一概には言えませんが。

 

良い子or善人のタイプとは

良い子or善人には二通りいます。

一つは、純粋無垢タイプ。

これはつまり、表も裏も綺麗、
つまり本心から善人なタイプです。

そもそも、悪意がないのです。

まあこんな人はこの世の中に
ほとんどいないと思いますが、

完璧ではないにしても、純粋無垢タイプ
と呼ぶに値する人はたくさんいるでしょう。

 

もう一つは逆に本心は汚れているけど、
見た目は良い子or善人を演じている人。

つまり、
悪の本心を抑え込んでいる人
ということです。

さらにこのタイプは二通りに分かれて、
自分がその本心を抑え込んでいることに
気付いていない場合と、気付いている場合。

抑え込まれた悪の本心というのは、
必ず何かタイミングで顔を出しています。

例えば、みんなが誰かをいじめているときに
自分も一緒になっていじめたり、
誰も人が見てないところで
人の迷惑になるようなことをしていたり。

あるいは、誰かの悪口を言っていたり。

他にも色々ありますが、
あまり自分を省みることをしない人は、
何となくやってしまっているので
「自分はそんなことしてない」
と思っていて、気付いていませんし
指摘しても気が付かなかったりします。

しかし、それは逆に言えば、
悪の本心(裏)を持っていることに対して
問題意識があるから、それを認めたくない
あるいは嫌だから向き合いたくない
という気持ちがあるとも言えるのですが。

 

ですから、たとえ気付いていたとしても、
治す気がない人では全然意味がありません。

そういう人は大抵言い訳として、
「人間なんてみんな裏表があるよ」
と言います。

これ自体、間違っていないと思います。

しかしながら、その裏表の大きさ
というのは人によって全然違うのです。

はっきりと裏表ある人がいる一方で、
ほとんどない人がいる。

これはもう言葉に言い表せない程の差です。

「みんな裏表がある」
と言い訳をする人ほど問題意識がないので、
腹黒度が非常に高かったりします。

裏表がはっきりしてるということは、
それだけ腹黒いということですからね。

【参考】いつも言い訳がましい人の心理・理由とは。言い分とは違う

 

純粋な人は魅力がある

これは非常に重要なことですが、
裏表がない人ほど、
人を惹き付ける魅力があります。

それが善であっても、悪であってもです。

裏表がないということは、
要するに迷いがないということだからです。

自分の考えに対して絶対的な
信念を持っていて、それを貫こうとします。

独裁者になる人でもカリスマがいますが、
それは自分の考えに対して
全く疑いを抱いていないからです。

もちろん、迷っても構いません。

カリスマとして大切なのは、
「自分にどれだけ正直であるか」
です。

つまり、ありのままの自分ということですね。

「子供のような大人」とも言えます。

 

例えばものすごい善人であっても、
それがもしただ相手から良く思われたいとか
見返りが欲しいとか、そういう
気持ちばかりが先行していたとしたら。

つまり、卑しい下心が
原動力となっていたとしたら。

それだったら、多少気の効かない
ところがあっても、
純粋なある程度の善人の方が良い
と思わないでしょうか。

実際、明らかにそちらの方が好かれます。

人は自分は裏表があるくせして、
他人の本心には敏感なのです。

本心を偽ろうとする人間を嫌うのです。

 

ただし、根っからの悪であれば
同じように根が悪の人に好かれます。

逆に、根が善な人というのは、
多くの人にとっては憧れです。

だからこそ、圧倒的に魅力ですし、
好かれやすいのです。

しかし別に、100%善、
つまり純粋無垢になど
なる必要は全くありません。

これは限りなく難しいことだからです。

ただ、そこを目指すことは大事ですが。

まずは、出来るだけ
純粋になることを目指す。

とりあえず理想は、
もっとシンプルに考えて
あとは純粋でいることです。

 

ただ、何が自分を純粋な気持ちから
妨げているかと言えば結局は恐怖なのです。

純粋になるためには、覚悟が必要です。

自分の内側をさらけ出した結果、
それを受け入れるという覚悟が。

 

しかしながら、悪を曝け出して
悪の道へ進みたいと思ってる人は
ほとんどいないでしょう。

だからこそ、多くの人は
善を演じているわけですから。

ですからもし自分の本心が
悪であると感じているのであれば、
あなたがまずすべきは純粋になることではなく
悪を緩和し、善を培うことであるでしょう。

つまり、純粋になるのと同時に、
悪の本心を消していくのです。

 

悪の本心の源を浄化する

悪の本心の源を消すために
一見すると愚痴を言わないとか、
悪口を言わない、代わりに綺麗な言葉、
感謝の言葉を口にするとかは
よく言われています。

もちろんそれで上手くいけば良いのですが、
結局それでも本心の悪というのは
当然根が深いので、
なかなか消えない場合があります。

それでも何年掛かってでもやる、
という気位も非常に重要なのですが、
やはり大切なのは強引にならないことです。

頑固な人は何をやるにしても
強引になってしまうのですが、
それが故になかなか自分を変えられないのです。

 

ゆったりとした気持ちが必要。

つまり、まず心を落ち着かせること。

そのために、今自分がこだわっていることを
やめてみるのは一つの手です。

断捨離なども、良いのではないでしょうか。

【参考】断捨離の意味とは―実際に部屋掃除で運気が上がる効果あるの?


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ