スマートフォン解析

現実逃避の心理とは―したい時ややめたい時あり。究極の方法とは何か

Sponsored Link


これは世間ではあまり
賞賛されることはありませんが、
実は人生において大変重要な視点です。

現実逃避という行為について、
ちょっと考えてみたいと思います。

 

現実逃避の心理とは

現実逃避とは、辛い現実から目を背け、
幻想の世界を生きることというのが、
一般的な考えです。

しかしながらここで、
重要な考えがあります。

それは、辛い現実から堂々と逃げ出すこと。

これは一見同じように
聞こえるかも知れませんが、
実際は全く違っています。

 

まず、前者の場合は、実際に
その現実から逃げ出しているとは限りません。

実際には、むしろ
立ち向かってる場合もあります。

しかしながら、心理的には
全然立ち向かっておらず、
完全に逃避しているのです。

 

一方で後者は、実際的には
完全に逃げ出しています。

しかしながら、それは
心理と一致した行動であるのです。

何が言いたいかと言えば、
前者のような生き方をする人は
非常に危険である、ということです。

 

前者のように生きる人は、
変にプライドが高過ぎるがために、
決して人に弱いところを見せたくないのです。

ですから、気持ち的には完全に
耐えられる範疇を超えているケースでも、
実際的には無理に立ち向かっている
場合が多いです。

つまり、自分に任された仕事を
絶対に最後までやり遂げようとしたり、
勉強等を一日何時間と決めたら
そのルールを意地でも守ろうとしたり。

一見責任感が強く、
意志が強いように見えますが
だからと言って気持ちも
立ち向かっているわけではないのです。

気持ちは完全に全力で逃げようとしていて、
それに抗っているのです。

 

するとどうなるかというと、
とんでもないストレスとなって
襲いかかってきます。

そのストレスは人や物にぶつけるか、
過剰な浪費等にぶつけるか
自分が鬱や病気になるか

によって解消されるのです。

ストレスとして溜まっている場合、
100%この内のどれかによって解消されます。

つまり、一見したところ
責任感ある行動によって、
別の形で周りの人や自分が
犠牲になってしまうということです。

 

となると、後者のような現実逃避、
つまり実際に逃げ出すという行為の方が、
実は意外と本人にとっても、
周りにとっても良い結果に
繋がるケースというのは普通にあるのです。

現実から逃げ出すことによって
ストレスを回避し、周りに
八つ当たりすることもなく、
自分も病気になったりすることもなくなる、ということです。

つまり、結果的に人も自分もより幸せになるのです。

 

プライドが高過ぎる人の問題

しかしながら、プライドが高過ぎる人は
現実から実際に逃げ出すこと自体が
とてつもないストレス、恐怖となってしまいます。

何故なら、逃げ出すことによって
自分に対しての評価は著しく下がるからです。

見下されたりもするかも知れません。

結局、責任感があるように見える人たちで
ただこの結果を恐れていて、
逃避したいけどできない
状態にある人は非常に多いのです。

 

そういう人達は結果どうなるかというと、
ストレスを発散できる相手なりいたり
対象があれば良いのですが、
そうでないと自分の中に溜め込み続けて、
いつか限界がきて病気になってしまいます。

※プライドに関してはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

【参考】プライドの意味・概念とは―が高いと幸せの邪魔だから捨てるべき?

 

プライドがなさすぎる人の問題

つまり、私が言いたいのは、
プライドを無駄に高く持つのは
ただただ損でしかないということです。

ですからもっとありのままの自分を愛せば良いのです。

しかしながらもちろん、
サボってばかりの自分を
愛していてはいけません。

そうすると、現実逃避癖が付き、
やめたくてもやめれなくなってしまいます。

 

現実逃避の究極の方法

ですから、頑張る習慣は
それはそれでとても大事で、
尊いものなのです。

しかしある程度頑張っているのであれば
その自分を認めてあげて、愛するべきです。

頑張ったけど、もう限界!

となったら、堂々と
胸を張って現実逃避すれば良い。

逆にそれができないと、
本当にどこまででも追い込まれてしまいます。

 

そして逃げ出した後も、
いつまでもそのことを悔やんだり
恥じたりして自分を責め続けます。

堂々と逃げるのです。

自信満々で逃げるのです。

これは、私が今自分自身を好きになれず、
自分を責め続けて苦しんでいる人に
本気で伝えたいメッセージです。

現在苦しみに苦しんでいる人は、
確実に自分なりに精一杯頑張っているのです。

それが限界であればあるほど、
自分がどんなに現実逃避しようと
すんなり許すことはできるし、
後悔もしませんしそんなものに値いしません。

ですから、私ははっきり言って、
いつまでも意地を張って頑張り続ける人より
こちらの方が立派だと考えています。

 

そして高過ぎるプライドを捨て、
苦しい状況から逃げ出したそのとき、
自分がこだわってきたことが
実は取るに足らないことだったと気付くのです。

そのとき感じる心の開放感が、
生半可じゃないのです。

一気に、余裕が生まれます。

これが、本当の意味での精神的な成長なのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



4 Responses to “現実逃避の心理とは―したい時ややめたい時あり。究極の方法とは何か”

  1. 高尾 智仁 より:

    【現実逃避の心理とは】の項の最終行なのですが、

    「自分も病気になったりするということです。」とあります。

    「自分も病気にならなかったりするということです。」ということでよろしいでしょうか?

    すみません、細かなところを...。
    意味合いはしっかりと届いております!

    • litnangm009 より:

      高尾さん、ご指摘本当にありがとうございます。
      全然細かくないですよ!これは完全な間違いです(笑)
      しかも絶対やったらいかん奴・・・
      さっそく直しておきました。
      ブログを読んで下さりありがとうございます^^
      何かの参考になれば幸いです。

  2. あーさん より:

    私は現実逃避したくなると「逃げちゃだめだ」と思います。
    ここで休んでしまうと「ズル休みだ」とか「最低」とか思われそうで怖いです。
    たまには現実逃避も必要でしょうか?

    • litnangm009 より:

      あーさん、コメントありがとうございます。
      もしまだ余裕があるならもう少し頑張った方が良いでしょうが、
      もう余裕がないなら遠慮なく逃げるべきだと思います。
      余裕がない状態で働き続けることを望むなんてどうかしてますよね。
      自分がうつ病になっても、身体を壊しても難病を患っても構わない
      というのが会社の空気なのであれば、それは間違っていると私は思います。
      あと、周りの目に惑わされるのではなく、自分が正しいと思う行動を取って下さい。
      自分が正しいと思う行動であれば、人から何を言われても堂々としていられるはずです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ