スマートフォン解析

KYの特徴とは―職場にもいるけど病気?落書き事件が秀逸

Sponsored Link


KYという言葉が流行るようになったのは、
2000年代以降のことです。

基本的には言われたくないこの言葉ですが、
その特徴やグレードアップ版、
また秀逸な落書き事件についてを
中心に取り上げ考察し、まとめました。

 

KYの特徴とは

KYというのは、「空気読めない(読まない)」
で「空気」と「読めない」の
ローマ字の頭文字を取ったものですが、
これが意外とインパクトがあり、
ネット上で広まりました。

「空気読めない」とストレートに言うよりも、
ユーモラスで柔らかさが
あるような気がします。

まあ逆により侮辱的に
聞こえなくもないですがw

 

KYというのは、一言で言えば
場の空気が読めず、乱すことを言います。

場の空気を乱したときに、
周囲の人は「え~!!?」と思います。

もしくは、ツッコミます。

思うだけで、突っ込まない場合も多いです。

だから、本人が気が付かなかったりします。

ですから、基本的にKYというのは
イタい人であると考えて差支えはないのです。

 

ただ「空気読めない(読まない)」
と言っても大変抽象的であるので、
雰囲気を乱すものは全て
「KYである」と定義することはできます。

ですから、時には一見
KYに思える行動・言動が
一番正しかったりすることも当然あります。

つまり、「KYだから」として一掃して
決して受け付けないことも、
逆にKYであったりするのです。

KYって、なかなか奥が深いですね 笑

 

※こちらでは、職場KYの実例がまとめられていますのでご参照ください。

【参考】president online記事

 

SKYは病気

KYの度合いもピンキリであり、
世の中にはSKYと呼ばれる、
頭にスーパーが付くほどの
KY、つまり達人的な人物もいます。

ここまで来ると、もはやKYというよりも
精神的な病気を抱えている
と考えた方が良いです。

いろいろな例がありますが、
一つの大きな視点としては

  • 絶対に自分の意見を曲げない
  • とてもじゃないけど通るはずのない言い訳を何としてでも通そうとする
  • 自分の都合が悪くなると必ず場から離れる・大声を上げて逆ギレする
  • どんな場面だろうとお構いなしに愚痴・不平不満を吐き続ける

等があります。

これらの裏にあるのは、
自分を守りたいという心理です。

まあ、言ってみれば
無駄に高過ぎるプライドがあり、
しかもそれがガラス細工のように脆いのです。

そんなガラス細工のハートが
バラバラにならないように、
一生懸命頑張っているというわけです。

それならもっと違う方向に
頑張れよと言いたいところですが、
逆に「精神的に弱過ぎる人だから・・・」
と考えたら職場にこういう人がいても
ある程度受け入れることができる
のではないでしょうか。

※意外と、体育会系な人にこのタイプのKYが多かったりします。

【参考】体育会系の男子のノリが苦手?モテるけど会社はブラック多いのか

 

落書き事件が秀逸

こちらはかなり秀逸なKY事件と言えます。

1989年に実際あった事件で、
某新聞社の記者が珊瑚に落書きをし、
それが問題となりました。

 

記者は沖縄県西表島にある、
ギネス記録にも認定されていた
世界最大級のアザミサンゴに
落書きをしたのです。

その落書きを後に
現地の人が指摘したところ、
当の本人は

「もともと落書きがあって、それを撮影効果を上げるために擦った」

という、よくわからない言い訳をしたのです。

それが本当なのかどうかという
徹底的な調査が成された結果、
虚偽の報告であることが判明しました。

つまり、無傷の状態の
サンゴに傷を付けたのです。

完全に墓穴を掘ってしまった格好です。

 

しかもその文字が、なんと「KY」

記者のイニシャルか何かだと思います。

作り話かと思うくらい、
よくできた話ですよね(^_^;)

また、これだから
メディアは信用できないんだな
と思う一つの例でもあります 笑

 

USKYとは

ただ、もっとSKYなのは
「我が道を行き過ぎる人」
です。

これは普段の思考・行動が
すでに人と違っていたりする人です。

そしてすごく重要なことは、
このタイプのKYは二つに
分かれるということです。

それも究極的、真逆の二つです。

 

一言でわかり易く表現すれば、
天才と犯罪者です。

つまり、良い意味でも悪い意味でも
周りに全く左右されず、自分を貫けるのです。

中途半端な人は一般人ですから、
犯罪者でもないし天才でもありません。

ですから、KY程度の我が道を行く人
ではただの凡人なのです。

 

例えば、ヒトラーもリンカーンも、
一国のトップであった人物であるのですが、
その目的の方向性は全然違います。

しかしどちらも一般人では決してできない
ものすごい決断と行動をしてきた人で、
そういう意味では完全にKY、SKYどころか
もはやUSKY(ウルトラスーパーエスケーワイ)
なのです。

また、地動説を唱えたガリレオなんかは、
正しいことを言ってるのに時代的にはKY過ぎて、
あと少しで処刑されるところでした。

もちろん他にも例はたくさんありますが、
一例として挙げています。

 

彼らがした行動は、一般人には
(たとえ知識や能力があっても)
絶対に真似できませんし
したとしてもそこまで影響力を持てません。

何故なら、KYになることに対して
心理的ブレーキが掛かるからです。

基本的に、皆KYになることを
深層心理的に恐れていて、
だからこそ一般人枠から抜け出せないのです。

 

戦争のときは、人の命を奪って
自分が犠牲になることが
正しさであり、空気を読む行動でした。

たとえKYと言われようとも、
周りに流されずしっかりと
自分の考えを持ち、行動することも
すごく重要なことなのです。

ですから一般人枠から抜け、
心理的ブレーキを外す努力をすることは
すごく価値のあることと言えるのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ