スマートフォン解析

努力は裏切らないは嘘で、諦めないのは危険?前向きか後ろ向きかで全然違う

Sponsored Link


いきなり元も子もないようなことを
ストレートに言ってしまいますが、お許しください(笑)

 

多くの方が考えているように、
努力という行為は、必ずしも報われるとは限りません。

つまり、普通に裏切るということです。

努力は裏切らないなんて、かなり綺麗事です。

人生とは、そういうものです。

これは、生きていくことが
難しい一つの理由であるとも言えるでしょう。

 

実際、いつまでも夢を諦めないで
追い求めている人がいますが、
そういった人の中でもそのまま
夢叶わず終わっていく人はたくさんいます。

今は芸能界から退場された(笑)
島田紳助さんは、人間性はともかくとして
才能の塊のような人でしたが、
この人がプロデュースした漫才大会である
「M1グランプリ」の出場資格はコンビ結成10年以内でした。

これは、10年経っても芽が出ない人は
才能がないから、もう諦めて違う道に進まないと
自分も周りも皆が不幸になってしまう
という理由からです。

ですから、真矢みきさんも
「諦めないで」等と言ってますが、
これは個人的に、かなり危険なことだと思います。

繰り返しになりますが、努力は全然裏切るし、
諦めずこだわり続けたら人生大変なことになります。

 

・・・・・と、ここで終わったら
ただの絶望的な話になってしまいますね(^^;)

 

実を言うと私は、努力は報われると思っています。

さっきと言ってること180°違いますが(笑)

しかしそれは、「正しい努力」をすれば、という条件にて。

 

実はこの「正しい努力」をした場合、
正しくない努力と比較したときとは
比べ物にならないほどの効果があります。

多くの人はその「正しい努力」を知らない、
あるいはそれをやり通すことが
できないために努力が報われないのです。

ここでその「正しい努力」とは何なのか、
説明する必要がありますね。

いくつかのポイントがあるので、
それをお伝えいきたいと思います。

 

その一つ目は、前向きであること。

後ろ向きであるということは、
つまりちゃんと努力の対象に対して
向き合っていないということです。

当たり前のことですが、
そもそも向き合っていなければ
なかなか頭に入りませんし
考えることもできません。

もう少し正確に言えば、一応努力をしていても
何となくしてる気になってる場合も多いです。

「向き不向き」という言葉がありますが、
まさにこの言葉通り、不向きな人は
その対象と向き合っていないのです。

ですからこの言葉から「センスがない」
を連想する人は多いかも知れませんが、
それは正確には間違いであるということになります。

つまり、センスがないから上達しないのではなく、
ちゃんとそっちに向いていないから、
なかなか上達しないのです。

もちろん、センス(生まれ持っての素質)
の要素もあるでしょうが、センスがあっても
向き合ってなかったら大して上達しないでしょう。

それだけ、「きちんと対象と向き合う」
というのは大きな意味を持ってくるのです。

 

「きちんと対象と向き合う」ために、
色んなポイントがありますがここではとりあえず
その内大きなポイントの一つとなることをお教えします。

これはよく言われることですが
好きになること、楽しくすることです。

これは本当に重要です。

しかし、それが大事だってことは
わかってるんだけど、もともと嫌いだったり、
苦手意識だったりで好きになれないし、
楽しくもできないと思ってる人も多いでしょう。

ちょっと長くなりましたので、
この辺で一区切りしたいと思います。

※続きはこちら

正しい努力とは。覚悟を決めることが秘訣で、万能な理由

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ