スマートフォン解析

仕事の人間関係が疲れるしストレスな時、円滑にするか整理する方法

Sponsored Link


ほとんどの人は社会との
関わりの中で生きていますから、
人間関係は人生を豊かに生きる上で
最大のテーマの一つと言っても
過言ではないと思います。

つまり、逆に言えば人間関係によって
不幸になってしまうこともあり得るのです。

 

人間関係が疲れる主な原因

ほとんどの人は、人間関係に
大なり小なりの問題を抱えているものです。

それは仕事でも、プライベートでもです。

それによって、かなり精神的に
疲弊させられることもあるでしょう。

 

なぜ人間関係はこうも難しいのか。

それは結局、自分と人の
価値観や考え方が違うからです。

もちろん近い人もいて、
そういう人たちとは
普通にプライベートでも付き合う
仲になっていくのですが、
そうでない人もたくさんいます。

しかも私たちが生きる社会というのは、
気の合わない人とも上手くやっていかないと
いけない場面が多々あります。

特に実際に社会に出たら、
どうにも避けられないものになってきます。

価値観や考え方が違う人の場合、
相手は悪気がなくても
一々イラっとくることがあったり、
あるいはこっちは悪気がなくても
一々イラっとさせてたりすることがあります。

鈍感な人であれば、
一々イラっとしないかも知れませんが、
その代わりに相手をかなり
イラっとさせていたりして、
それを相手が我慢して潜在的な問題となるか、
あるいは表に出されることもあります。

敏感な人であれば、相手をそこまで
イラっとさせることはないかも知れませんが、
その代わり自分が一々イラっとして、
それを我慢して自分がストレスを溜めるか、
あるいは表に出すかをすることになります。

 

ですから、敏感であっても鈍感であっても、
どちらでも人間関係の問題は起こるのです。

しかしながら、逆に言えばここにこそ
人間関係を円滑にするための
最大のヒントが潜んでいるとも言えます。

【参考】神経質な人の特徴―長所や短所とは。子供は病気じゃなくて正常

 

人間関係を円滑にするための方法

人間関係において最大の問題というのは、
自分が不快に思うこともそうなのですが、
やはり相手に不快だと思われることです。

相手は自分の言動によって不快に思い、
それが周りに伝わったりして
様々な別の問題を引き起こすのです。

つまり、自分は嫌なことを言われても
我慢すればまだ良いのですが、
相手がもしそう考えない人であった場合、
問題になってくるということです。

ということは、敏感になって
相手がどんなことに傷付いたり
嫌な思いをしたりするのか、
よく観察することが重要になってくるのです。

 

しかし、もともと人の言葉に敏感な人でも
人間関係が上手くいかない場合も少なくありません。

その大きな理由の一つは、
自分が傷付いたことで
人にも同じ思いをさせたいという心理が
深層心理で働いてしまっているからです。

実際、それはストレスの捌け口になるのです。

そうでなければ、言われっぱなしで
我慢ばかりしていたら身が持たないのです。

そのための防衛手段として私たちの多くは
鈍感さを身に付けていたりします。

逆に鈍感な人の方が、
行動力があって気が強いので
人間関係の問題を強引に
押さえ付けることができるという
強みもあったりはします。

結果的に敏感でも
人を捌け口にしてしまう人と
行動は同じですが、
最初から一々気にしていない分
こちらの方が人間関係を
まとめるのは上手いです。

その代わりに、自分の知らぬところで
人を普通に傷付けていたりします。

権力がある人などを想像すると、
わかりやすいのではないでしょうか。

また、敏感であり、自分が傷付き、
嫌な思いをしながらも
それを相手にすることもなく、
という人も人間関係が上手いですが、
まさに自分の精神が耐えられなくなってくる
可能性があります。

だからすごく良い人なのですが、
うつ病やガンなどに
なってしまったりするのです。

 

というわけで、強引に人をまとめるか、
もしくは我慢に我慢を重ねるかの
どちらかが人間関係を円滑にするポイント
だということにここまではなっています。

が、これらが唯一の手段だったら
この世は救いようのないもの
になってしまいます。

ここでベストな方法が
ピンと来てる方もいるかも知れません。

そう、敏感でありながら
自分は傷付かない人間になれば良い

のです。

つまり、敏感の良い部分と
鈍感の良い部分を併せ持つ人間になる

こと。

「それができれば苦労しないよ」

と思われる方も多いかも知れませんが 笑

これが、本当の意味で
精神的に成長するということです。

※そのためにはまず、心の余裕を造ることです。

【参考】心の余裕とは幸せの証。作り方・持ち方について

 

人間関係を整理する

また人間関係を整理する、
という方法も一つです。

これは要するに、人間関係の
断捨離に当たるわけですが、
これをすることで、
一気に精神的な成長があったりします。

何故なら、人間関係が
やたらと広い人の多くは人間関係の広さを
一種の自分のステータスとしているからです。

だからこそ迷惑を掛けられても
ズルズルと付き合っている相手も
たくさんいたりして、
それが自分の首を絞めて
精神的に疲れる原因となっているのです。

しかし薄々気付きながらも、
行動に移すことができないのです。

それを断捨離していくことは
本人にとってかなり勇気のいることですからね。

もちろん、突然連絡を断ち切ることができない
相手もいるかもしれませんし、
断捨離のように自己完結するものではないので
かなり難しいところもあるかも知れません。

それでも、どう対処すべきか本気で考えれば
必ず良い方法は見つかるはずです。

それに、そういう様々な障害を乗り越えて
人間関係を整理するからこそ、より一層
精神的な成長に繋がるとも言えます。

 

逆にもともと少ない人であっても
精神的成長に繋げる方法はあります。

それは、人間関係が
少ないことを気にしなくなること。

人間関係が少ないから、
自分は価値がないと思ってしまうこと自体が
すでに敏感であるわけなのですが、
それでもここで「自分は自分だから」
と前向きに捉えることができるようになれば、
その時点で精神的に成長したと言えます。

ただし、強引に自分に言い聞かせてするのは
ちょっと違って、素直に
そう思えるようにならないといけないですから
そこは自分を客観的に観て
判断しなければなりません。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ