スマートフォン解析

微表情とは。一見無表情でも種類があり心理が伺える

Sponsored Link


表情というのは得てして
心理状態が反映され易いです。

これは何も表情だけではなく、
体の動きや、さらには
脳にも影響を与えるのですが、
表情の部分が一番目に見えて
わかり易いのです。

そしてその心理的影響が理由で
出ている表情を、微表情といいます。

 

微表情とは

微表情とは、その名の通り
表情のわずかな変化のことです。

これは『ライ・トゥ・ミー』
という映画でも取り上げられていて、
「瞬時に表れて消える0.25秒以下の表情」
であるのです。

ですから、本人としても自覚がなかったり
なかなか隠すことができなかったりするのです。

その種類は細かく分けていけば
無数に存在するのですが、
主な感情の微表情については
こちらをご参照ください。

表情や仕草から感情や嘘を見抜く方法

 

微表情について研究している人は、
表情と感情の結び付きを
徹底的に解明しようとしています。

しかしながら、私たちにとってみたら、
別に表情と感情の結び付きに
こだわらなくても良いのです。

つまり、表情だけではなく、
言葉・行動・仕草からでも、
どこからでも感情が読めるように
なれば良いわけです。

 

正直なところ、確かに微表情で
他人の感情や考えていることが
読み取れたりするのですが、
逆に全然読み取れていない場合もあります。

どういうことかと言うと、
これは主に初心者に
ありがちなことですが、
付け焼刃的な知識を手にして、
わかった気になって
それに基いて判断してみたら
現実は全然違っていた、となるのです。

ただの勘違い野郎となり、
むしろ何も知識がない方が良かった
ということになります。

 

なぜこのようなことが
起こってしまうかと言えば、
知っての通り物事は
そんなにシンプルではないからです。

決め付けに掛かった瞬間に、
大きな落とし穴に
ズッポリ嵌るということです。

もちろん、わかり易い基準であれば
それはかなり参考になることはあるので
スタンダードを学ぶこと自体は良いのですが。

実践で使うのであれば、
余程はっきりと当て嵌る
ケースに限定するか、
もしくは本気で深く学んでから
でなければ無意味です。

※やった気になっている勘違い努力についても近いことが言えます。

正しい努力とは。覚悟を決めることが秘訣で、万能な理由

 

神経質は人を見る目がある

微表情を全然勉強していなくても、
相手の感情や、思考が大体読める人がいます。

それは、神経質な人です。

神経質な人は、相手の反応を
ものすごく気にしています。

ですから、微表情に対して
敏感になるのです。

 

神経質な人は得てして
めんどくさいと思われがちですが、
観察力という面では
非常に優れているため、
ある意味では人を見る目がある人
ということになるのです。

ですから、神経質なのは
決して短所ではないのです。

もちろん、ただただマイナス思考で
「自分が悪い風に思われてるんじゃないか」
と被害妄想を抱いている人とは違いますよ 笑

 

たとえ無表情でも雰囲気でわかる

また、表情には雰囲気があります。

厳密には体全体になるのですが、
一番雰囲気が出易いのはやはり顔でしょう。

笑っていても、
「この人かなり不機嫌だな」
というのは意外と大体わかってしまいます。

一見無表情な人であっても、
機嫌が良いときと悪いとき、
何となく雰囲気でわかったりします。

なぜ無表情なのに相手の機嫌が
わかってしまうかと言えば、
それだけ私たちが普段から
人の表情を観察しているからです。

神経質な人でなくとも、大体の人は
人の表情とか雰囲気に対して
かなり敏感なのです。

 

だからこそ、付け焼刃的に
表情の種類を学ぶくらいであれば、
むしろ繊細さを磨いた方が良いのです。

神経質な人にならなくても良いのですが、
繊細にはなる必要があります。

これは「空気を読む」
ということにも繋がります。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ