スマートフォン解析

カルマの法則の本当の意味とは。究極的に重要な想念あり

Sponsored Link


カルマの法則というのは、
現代社会においてかなり非科学的で、
かつ根拠が希薄と考えられている法則です。

そのため、多くの人にとってはもう
「信じるか信じないか」

という、神はいるのかいないのか的な話に
なってしまっているような気がします。

 

カルマの法則とは

カルマの法則とは、
ものすごく簡単に説明すれば、
良い事をすれば良い事が返ってくる。
悪い事をすれば悪い事が返ってくる。

という法則です。

仏教の基本的概念(業(ごう))として知られています。

では、これからこの本当の意味を
掘り下げて説明していきたいと思います。

 

カルマの法則は正しくない?

こういうのは、例を挙げていくとわかり易いです。

「カルマを信じない」として、
ひたすらこの世の法則としての
カルマの存在を否定する人がいます。

しかもそういう人は、
何故かムキになって否定するのです。

 

まず一つ、ここはかなり重要なのですが、
正直言って、カルマが嘘じゃないか
という展開は十分ありえます。

というか、当たり前のように起こります。

たとえ良い事をしていても、です。

勘違いしている人が多いので、
ここを本気で強調したいのですが。

【参考】強運は怪しいけど、なる方法があるなら手に入れたい

 

カルマの法則の根本的な部分

それで、まず重要なポイントその一。

このカルマというのは、
行動も重要なのですが、
それ以上に重要なのは心なのです。

心が全く伴っていない行動は、
正のカルマなんぞ溜まりようがないのです。

 

例えば、誰かに下心満載で
親切されて、あなたは嬉しいですか?

褒めてもらえたり、評価してもらったり
好いてもらって人気が出て
良い事がどんどん起こる。

そんなことを裏で考えながら、
行動している人間は必ず
どこかに卑しさが出ます。

人はそれを、意識的に感じることが
できないときであっても
どこかに感じるものなのです。
(何となく嫌な印象を持つとか)

 

そして、重要なポイントその2。

良い事をしても悪い事が
返ってきてるように思える場合は、
大きく二つのうちどちらかの問題が
存在していると考えて良いです。

 

1.実際それが良いことでない場合。

例えば、いらぬお節介であったり、
ただの甘やかし過ぎであったりした場合

あるいは、上記のように下心満載である場合

 

2.実際に良い事はしているが、たまたま悪い事が起こっている場合

こちらの場合は、基本的に
試されてると思った方が良いです。

つまり、そんな理不尽な状況でも
カルマに従って行動ができれば、
間違いなくその返ってくる
カルマの大きさは2倍どころか、
何倍にも大きくなります。

ですから、確かにカルマの法則を
信じられなくなってしまう
非常に苦しい状況ではあるのですが、
ある意味チャンスとも言えるのです。

 

ただ、実際1の場合であったら
正のカルマはなかなか溜まらないので、
もし悪いことが起こったら
自分の思いや行いは本当に正しいのかどうか、
一度内省する必要はあると思います。

ただしそのとき、
深く考え過ぎる必要はありません。

人に聞いてみたりするのも良いですが、
ある程度考えても特に
自分の問題点が見当たらなければ、
状況をポジティブに捉えて
「正のカルマを溜めたんだ」
と考えた方が良いです。

考え過ぎるとわけがわからなくなって、
ドツボにハマってしまう
危険性がありますからね。

現状「わからないものは、わからない」
と割り切り、自分にとって都合の良い解釈を
することも時には必要なのです。

 

ちなみに、カルマはエネルギーの
概念と変換することができます。

カルマは信じなくても
エネルギーは信じる人がいるのですが、
結局根本的な原理はほぼ同じであったりします。

 

カルマに対しての意識の持ち方

結局、カルマというのはかなり奥深く、
条件も必要となるし、
絶対的なものではないということです。

ですから安易に考えても
なかなか上手くいかないので、
もっと純粋に
「誰かを助けたい」
「力になりたい」
という気持ちでやっていくことを
考えるべきだと思います。

あまりカルマ、カルマと
意識し過ぎるのは良くないと思います。

 

そうすれば、

「人よりもカルマを溜めてるはずなのに
なんでこんな目に会うのか!?理不尽だ」

という気持ちになることも少ないと思います。

 

こうなると、結局信じる信じないの話に
なってきてしまうところもあるのですが。

ただここではこれ以上解説しないのですが
抽象的な理屈としては完全に
筋の通る理論ではあるのですよ 笑


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ