スマートフォン解析

努力が報われない?偉人達の名言は鵜呑みにするな

Sponsored Link


努力が報われず、苦しんでいる人がいます。

あるいは、努力しても報われないからと
努力することそのものをやめてしまった人がいます。

もちろん、報われない努力もあるでしょう。

みんながみんな、いつも上手くいくとは限りません。

人生とは、そういうものです。

 

しかし、多くの偉人たちは
努力の重要性を語り続け、
「努力は必ず報われる」というスタンスです。

 

世界のホームラン王・王貞治氏

努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのならば、

それはまだ努力と呼べない。

 

偉大な科学者・アインシュタイン

天才とは努力する

凡才のことである。

 

偉大な哲学者・ゲーテ

つねによい目的を見失わずに

努力を続ける限り、

最後には必ず救われる。

 

偉大な経営者・松下幸之助

ぼくが奉公している時分に一人前になるためには、

小便が赤くなるくらいにならないとあかんのや

そういうことを二、三べん経てこないことには、

一人前の商売人になれんぞということを、

親方から聞いた。

どういうことかというと、

商売で、心配で心配でたまらん、

もう明日にでも自殺しようかという所まで追い込まれたら、

小便が赤くなるという。

そういうようなことをしてきて初めて一人前の商売人になる。

だから尋ねるんやが、

あなた、儲からん儲からん言うけど、

小便赤くなったことあるか?

 

これらから、あなたは何を思うでしょうか。

確かに、努力の重要性はよくわかります。

報われるという言葉にも説得力があります。

しかし、

「こんな自分追い込んで
人生楽しいの?重過ぎない?」

というか、
「こんなやらないとダメなんだったら
もう努力なんていいや」

となり得るのではないでしょうか。

正直、その気持ちは
ものすごくよくわかります(笑)

 

実際その努力の対象は、
そこまでして求める何かなのか。

個人的な意見を言わせてもらえば、
この偉人たちの言うことを聞いて、
自分の人生を縛り付ける必要はないと思います。

 

確かに、基本的に偉人というのは
元々才能がある上に凄まじい努力をし、
その歴史に名を刻んでいる人達だと思います。

だからこそ、努力が
とてつもない形で報われるのです。

しかしながら、
私たちは凡人である上に、
彼らのようなある種マゾのような
精神力はありません(笑)

そういう人が彼らに憧れ、彼らの言葉を信じて
努力し始めると一体どういうことになるのか。

 

まず、才能がないから
なかなか上手く行きません。

その上、基本的に努力が嫌いなので、
本気で努力することは精神的に
耐え難いほどの苦痛です。

ですから、非常に大きな
ストレスを溜めてしまいます。

それでも、なんとしてでも
自分の夢を叶えたいと努力します。

そうすれば実際に夢が叶うかどうかは
ともかくとして、努力をすればしただけ
より高みにはいけるでしょう。

(それすらも叶わないなら、明らかに
努力が足りないかやり方がおかしいかのどちらかですが)

つまり、何らかの形で
報わるのは事実だと思います。

 

しかし前述のようにその分の代償として、
莫大なストレス(負のエネルギー)
があることは否定できません。

その代償に見合う結果が得られたのか。

 

それを考えたときに、
もしかしたら全然割が合わないという可能性もあります。

その場合、結局は結果的に、自分の感覚として
「努力は報われない」となってしまうことでしょう。

 

ですから、彼らのような歴史に
名を残す人物たちに憧れるのは自由ですが、
あまり自分のアイデンティティーを
そこに重ねない方が良いと思います。

自分がもし「才能が足らない」「努力が嫌い」
だと思うのであれば、
大きな夢は間違いなく叶わないですし、
ほぼ確実に不幸な人生になってしまいます。

もちろん、努力自体がいけない
と言ってるわけではありません。

 

ほどほどの努力が大事だと言ってるのです。

偉人たちの言葉を
そのまま鵜呑みにすること
をやめるべきだ言ってるのです。

あなたは王貞治でも
松下幸之助でもありませんからね。

もちろんこういった偉人たちも悪気があって
そんな言葉を発してるわけではなく、
単純に自分の感覚の中で話してるだけです。

何故なら、人は自分が経験したことない
感覚はわからないからです。

あの人たちは、もともと
甚大な苦痛を伴う努力に対して
本気で向き合って実行することができてしまうし、
それだけの意志を持っています。

何がそこまで彼らを駆り立てるのかは
わかりませんが、駆り立てる何かがあるからこそ、
それだけ全てを捧げるくらいの努力が
できるのでしょう。

 

そんなものは、あなたの中にありますか?

ないのであれば、自分の身の丈に合った夢や
目標を立て、それを実現するために努力をする。

もちろんそれは別に偉人に限らず、
自分の生きる環境で共に生活している
人達にも置き換えることができます。

 

一言で言えば、「自分は自分」という意識。

「人と比較しない」という意識。

 

が、「自分は自分」という意識が強過ぎて
全く努力しなければ周りの人に迷惑を掛けてしまうので、
最低限の努力は必要になってきますよね。

だからと言って自分を追い込み過ぎる必要もないわけで、
この辺のバランスは、自分次第になってくるのですが。

 

結局のところ私は、この記事を通して
ついつい頑張りすぎてしまう人たちに対して
「もっと自分を大切にして欲しい」
ということを伝えたかったのです。

 

ps:

ちなみに、彼らが当たり前のようにしている
種類の努力についてもし興味がおありであれば、
こちらの記事をご参照ください。

正しい努力とは。覚悟を決めることが秘訣で、万能な理由

確かに、彼らの多くはこれを生まれつきだとか、
育った環境で学んだりしているでしょうが、
意識するかしないかで全然違うことは私が保証します。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ