スマートフォン解析

老害とは。職場の上司や経営者、張本勲は病気で排除するべき?

Sponsored Link


老害という言葉をご存知でしょうか。

一言で言えば老害とは、
歳を重ねた人生の大先輩だけれども、
非常に頭が固く頑固で、自分の古い考え方を
若い世代に押し付けようとする人のことです。

 

身の回りの老害

老害に値する人というのは、
やはり主に男性に多いです。

というのは、男性の方が頑固でなかなか
自分の考えを改めようと
しない人が多いからです。

しかも年齢を重ねるにつれて
思考力も低下し、
思い込みも激しくなっていきます。

 

ちなみに、逆に女性的な人であればあるほど、
年齢を重ねるにつれて
より人の意見に流されるようになります。

つまり、洗脳され易くなるということです。

もちろん、全員ではないですが
これが老害の対極としてあるのは事実です。

 

老害というのは、
得てして自分の古い考え方には
過度の自信を持っていたりします。

いや、厳密には自信があるというよりも
思考が停止していて盲信している状態です。

洗脳される人は他人を盲信していますが
老害タイプは自分を盲信しているのです。

ある意味では、病気と言えるだろうと思います。

 

そのため、周りの人の言うことも全く聞かず、
自分の意見を突き通したり
自分の判断で勝手なことをしたりします。

多大な悪い影響を与えたり、
思いっきり振り回したりしてしまうのです。

だから、「老害」なのです。

 

※こちらの内容は、関連性があると思います。

自己過信・慢心はし過ぎると運転のみならず命取り。しないためには

 

張本勲は老害?

サンデーモーニングでお馴染みの
元プロ野球選手であり現解説者、
張本勲氏は老害の代表として
考えられていますが、彼の場合は
テレビで言いたいことを言ってるだけなので
厳密な意味で害を与えているとは思いません。

ただ、ネット上で老害と言われる理由は
彼の好き勝手な発言が耳障りだからでしょう。

やたらと昔の選手を立てて
自分の凄さを主張したがる
姿勢が鬱陶しいのです。

 

個人的にも、確かに極端でかなり強引、
かつ自己都合的な発言が多いように感じます。

ですからそういう意味では
老害的な資質を持っているかも知れませんが、
別に気に入らないなら
無視しておけば良いのです。

張本氏の出演する番組を
観なければよいのです。

 

老害の問題と対応策

老害的な人との関わりは
もちろん出来る限り避けたいところですが、
自分のおじいさんであったり、
義理のおじいさんであったり
職場のベテランや経営者であったりしたら
なかなかそういうわけにもいきません。

それでも離れられるものなら、
やはり離れるのがベストかと思います。

何故なら、彼らは基本的に
どうやっても変わらないからです。

 

やり方としては、
離れるか合わせるかしかありません。

たとえば会社の上司であったり、
社長であったりした場合は
どんな履き違えた指示であろうとも
従うしかありません。

老害的な人に逆らえば、
徹底的に痛い目に合わせてきます。

それも老害的な人の特徴の一つです。

つまり、「独裁者的」でもあるのです。

 

しかしこれは独裁者的な人の
特徴でもあるのですが、
逆に自分の気に入った
人間に対してはとても寛大です。

というか、不自然なほどに寛大になります。

完全に贔屓します。

どういう人間かというと、
自分の思い通りに動き、
自分を徹底的に立てる人間です。

 

つまり、老害的な人は非常に単純なのです。

ですから合わせて残ることは
不可能ではありません。

しかし言うまでもないですが
その会社の行く末に関しては、
見通しは暗いと考えた方が良いと思います。

私のお勧めとしては、
老害な人に全面的に合わせる必要はないですが、
もしその環境でやっていくのであれば
ほどほどに機嫌を取るべきだと思います。

 

ちなみに別に初老以上の方でなくとも、
老害的な性質の方は世の中にたくさんいます。

が、初老以上の方に特に多いのは
紛れもない事実ですが。

 

ですから、処世術の一つとして、
理解しておくことは非常に重要だと思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ