スマートフォン解析

限界を突破するには。仕事がもう限界の時に名言は参考になる?

Sponsored Link


限界というものに対して、
「それは自分の思い込みだ!」
「限界を超えるには、自分を信じることだ!」
等と目を輝かせて言う熱い人達がいます。

偉人達もそういったことを
言う人が多いのですが、
この言葉というのは、
実際のところどうなのでしょうか。

 

限界の意味とは

そもそも言葉というのは、
大変抽象的な概念なので
受け手の捉え方によって
全然違ってくるものです。

例えば
「それは自分の思い込みだ!」
とは言っても、残念ながら
人間である限りどこかには限界があります。

「限界がない」と
自分を洗脳することはできますが
そうするとどこまでも頑張ろうと
し過ぎてしまって全く妥協が
できない病気に掛かったりします。

もちろん成功者たちは、
「限界なんてない」という気持ちで
努力した人たちがほとんどでしょうし、
実際そのような言葉を言う人も多いでしょう。

しかし、同時に自分自身の限界が
いつ来てもおかしくない
という覚悟も備わっているのです。

それは、潜在意識的にですが。

大体、明日人生が終わるかも知れない可能性
を常に抱えながら生きてる時点で
限界がないわけないですからね 笑

覚悟の重要性については、こちらでも語っています。

正しい努力とは。覚悟を決めることが秘訣で、万能な理由

 

あのこの上なくストイックで、
意志の塊であると思われている
イチロー選手ですらこんなことを言っています。

「できなくてもしょうがない」は
終わってから思うことであって
途中にそれを思ったら 絶対に達成できません

つまり、できない可能性は常にあるが、
だからと言ってやる前からできなかったことを
想定したり、考えを過ぎらせるな
と言いたいのです。

まあそうなると、
覚悟とはどういうことなのか
という話になってくるのですが
この辺は感覚的なので説明が非常に難しいです。

が、何とかまとめることができたと思います笑

 

本当の意味で限界を超えること

私たちの人生において最も重要なのは
「十分に頑張った結果できなかったら自分の器を受け入れる」
ことです。

人にはそれぞれ、
精神的に耐えられる限界
というのがあります。

皆イチロー選手ほど
その精神的キャパが大きくない
つまり限界値は高くないのです。
(同時にモチベーションも
高くないと思いますが)

 

会社で仕事が「もう限界」と感じたときに例えてみます。

仕事を頑張り過ぎて
うつ病や癌になってしまう人がいます。

これは、明らかに
自分の限界を超えているのです。

人は限界を越えたとき、
精神的に崩壊するか大病に掛かってしまいます。

そうなったら、元も子もありません。

自分が今どれだけの
精神的キャパを持っているのか、
それを理解し、そして受け入れることです。

 

これに対して、プライドが
許さないという人がいます。

特に男性はそういう人が多く、
意地を張り続けてしまいます。

しかしこの余計なプライドを
捨てたとき、一気に楽になるのです。

「自分は限界まで頑張った」
と、自分自身を褒めて上げて下さい。

たとえ自分が周りから無責任だとか
色々言われようと、

「それは俺のキャパオーバーだからできない」

と堂々と言って、
その結果を素直に受け入れて下さい。

そして同時にポイントは、

罪悪感を持たないこと

 

すると、これが面白いことに、
そこで精神的キャパが上がるのです。

器が大きくなる

そして

限界を超える

のです。

これは何故かと言うと、
結局のところ限界を作ってるのは、

自分の余計なプライド

だからです。

私は今、非常に重要なことを
言っていますよ 笑

 

もちろんだからといって、
プライドがいらないわけではありません。

ですから、全力で頑張っていることが条件です。

十分に頑張って、限界に達した
と思ったときに最後に諦めるのです。

「ここが今の私の限界なんだ」と。

この「今の」というところが
またポイントです。

ですから、

将来的には
もっとキャパを広げることができる

のです。

そして

その繰り返しで、私たちは
どんどん成長していって
器やキャパを大きくしていくことができる

のです。

ですからこの頑張り&受け入れの姿勢が、
自分を成長させる上で
一番大切なスタンスであるということを、
是非とも理解しておいていただけたら
ということを思います。

 

偉人たちの感覚にいつかなれると信じて取り組む

いずれにせよ、大体の偉人たちというのは
もともとその感覚を理解している人たちです。

つまり、彼らは彼らの感覚で
ものを言ってるだけなので
悪気はないですが、そのまま
ストレートに意味を解釈すると
精神的に追い込まれてしまうので、
それはいけないのです。

 

その理想の感覚を一度身に付けると、
だんだんと頑張らない感覚で
人から見たら滅茶苦茶頑張ってるような行為が
普通にできるようになってきます。

精神的にもおかしくならず、病気にもならずです。

何故なら、ストレスを溜めてないからです。

 

もちろんここまで辿り着くのは
長く険しい道かも知れませんが、
確実に一歩ずつ近付いていけるので
是非ともここで私が語った話を、
忘れないでくださいね。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ