スマートフォン解析

両親がうざい?特に父親に暴力やモラハラが多い理由とは

Sponsored Link


親という存在とは、私たちが
生まれてから少なくとも成人するまで、
大抵の場合は関わっていくことになります。

そして子供のうちは、
あまり疑問には思わないものなのですが
成長するにつれて親の理不尽なところ、
筋の通らないところに気付き始めます。

その内にだんだん、嫌いに
なっていったりしてしまいます。

あなたは、親と仲が良いですか?

それともうざいですか?

 

両親のおかしいところ

理由もなく自分の機嫌が悪いからとキレる。

酒を飲んで暴れるとか、
何となく暴力を振るうとか
気分的にそうしたいからする、
という完全に理屈もクソもないただのワガママ。

まあこういうのは
極端な例なので少ないでしょう。

 

大体の場合は、
一応それっぽい理由を付けてきます。

ちょっとしたことに徹底的に叱りつけ、
それを自分の気分が悪いせいにするか、
あるいは子供のためだと言って
言い訳・正当化する。

自分の気分が悪い、つまり
嫌な出来事があったとか、
仕事が大変だった等の理由です。

 

もちろん人間ですから
ストレス溜まることもありますし、
ちょっと油断すると
洗脳されて、筋が通ってるように
聞こえてしまうかも知れません。

しかしだからと言ってそれが
子供や家族にその溜まったストレスを
ぶつけて良い理由にはなりませんよね。

 

そしてこういう行為に疑問を持たず、
普通だと思ってると自分もストレス溜まったら
人に当たることが普通だと思う人間になってしまいます。

必ず、「それは間違っているんだ」
という意識を持たなければいけません。

これは出来るかどうかはまた別として、です。

まあいずれにせよ、
ストレスを子供にぶつけることで
子供からエネルギーを奪う親は、
エナジーバンパイアと言えます。

エナジーバンパイアとは―その意味や特徴など。実は多い

 

特に父親に暴力やモラハラなどが多い理由とは

それにしても、もなぜ母親より父親
の方が暴力やモラハラなどが多いのでしょうか。

これにはいくつか理由があるのですが、
そのうちの一番大きな理由というのは
大体の場合、父親が稼ぎ頭であることです。

要するに
「自分が養っている」感

が強いのです。

捉え方を変えれば

  • 自分が犠牲になってる
  • 損をしている
  • だから俺が八つ当たりしても許される
  • ストレス溜めてお前たちを養ってるんだからその捌け口としての役割くらい果たせよ

という理屈が働いているのです。

もちろんこれは意識的の場合もあるし、
無意識的にの場合もあるのですが。

 

逆にこれが母親の場合は、
大抵の場合稼ぎ頭ではないので、
その家庭への貢献度がはっきりと見えません。

ですから、強く言い辛いのです。

しかし本当のところの貢献度は
稼ぎ額だけでは測れませんから、
お互いの貢献度を主張し合って
「お前もっとやれよ!」
「お前はこっちに当たる資格ないよ!」
となって喧嘩に発展したりするのです。

要するに、結局のところ根底にあるのは、
損得勘定だということです。

 

ですからそのような親は子供に対して、
一方的に与えていると考えます。

これは父親であっても母親であっても
言えることなのですが。

そういうわけで、大体の両親というのは
理不尽で、筋が通らない存在になるのです。

外で我慢してある程度は筋を通している分、
家庭で、特に子供に対して一番理不尽になるわけです。

ただ同時に、一方的に
養ってもらっているのも事実です。

 

何か多くの人は親に対して
かなり厳しい目で見てしまう
ところがありますが、
親はそれ以外の人達とは完全に立場が違います。

捉え方によっては、
ボランティアみたいなものですから。
(産んだことによる責任などを
抜きにした場合ですが)

ですから、少し大目に見てあげる
ことは重要なのではないでしょうか。

 

まあそれでも何かに付けて
「誰に食わしてもらってると思ってるんだ」
と言う父親が、立派であることはないでしょうが 笑

そういう人はほぼ確実に仕事が嫌いなので
大抵はあまり尊敬もされてないし
出世もしないのが特徴となります。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ