スマートフォン解析

思考回路がおかしい…ショート寸前どころか停止した?

Sponsored Link


人間というのは、自分自身の思考の
仕組みが全くわかっていなかったりします。

だから明らかに利益のない、
それどころか破滅の道だと自分でも
わかっている方向にも
進みたがる人がいるわけですが・・・

思考回路が停止してると
もうびっくりするぐらい
明らかな破滅の道に流れていき、
それに全く抵抗できませんし
下手したら気付きもしません。

 

あなたの思考回路は、
ショート寸前ではないですか?

それとも、すでに停止してしまっていますか?

もしそうだとしたら、何とかしないと・・・

人生の危機です。

 

思考回路もとい脳はおかしい

私たちが日常で感じている衝動は、
基本的には脳が発している信号になります。

脳の信号=思考回路なのです。

 

しかし、その脳の信号というのは
私たちが頭(意識上)で
こうしたいああしたい(しなきゃ)と
考えてる気持ちに反している傾向が
本当に強いです。

例えば学校や仕事に
行かなければならないのに
「寝ていたい」とか、
勉強をしなければならないのに「遊びたい」とか。

あるいは
「ダイエットしてモテるようになりたい!」
と思っても「食べまくりたい」とか。

「緊張しないで異性と話したい!」
のにどうしても緊張してしまうとか。

「すぐにやらなきゃいけない」
のに全然やる気にならないとか

「前向きになりたい」
のに全然前向きになれないとか

 

挙げだしたらキリがありませんが、
本当に私たちの脳というのは、
謎なほどに融通が利きませんし
わけのわからない信号を発信してきます。

そしてその根底にあるのは、
ひたすら「サボること」です。

 

ですから、油断していたら思考回路は停止し、
ロボットのように同じ怠け行動を
繰り返すだけのただのダメ人間
になってしまうのです。

そんな風にならないのは、私が意志で頑張って
そうなってはならないと抵抗しているからです。

かなり腹立つ話ではないでしょうか。

そのふざけた信号によって他の誰でもない、
自分が一番損をするんですからね。

 

しかしこの辺の、頭でこうしたいという
気持ちと反する超怠け者な脳の信号
というのは、一体どこからくるのか。

もちろん、もともと人間が怠惰な生き物だから
だと言ってしまえばそれまでですが、
実際のところ普通にそんな
脳の怠けたい発信とは反対の行動を
いつもしている人がいたりします。

ではこういう人たちは、
脳の信号に対して抗っているのでしょうか。

 

答えは、YESでもありNOでもあります。

これはどういうことかと言うと、

脳の信号に対して抗って
行動している人

もいれば、

脳の信号そのものが普通とは
反対の状態になっている人

もいるのです。

この二つは、実際のところ
その性質が完全に違うものになります。

どちらが良いかと言えば、
もう言うまでもなく後者です。

前者が行き過ぎた人というのは、
いわゆる頑固者であり、頑張り過ぎて
病気になってしまうタイプです。

行き過ぎていればいるほど、
むちゃくちゃなストレスを溜めています。

 

とは言えども、
脳の信号がサボりたがってるからと言って
それに流されてサボってる
わけにもいかないのは確かです。

しかしできれば、私たちは
脳から送られてくる信号に対して
抗うことはできる限り避けたいのです。

であるならば脳の信号を
変えるしかないのですが、
そんなことは果たしてできるのでしょうか。

 

これについては、以前の述べた
「潜在意識の書き換え」
の内容にも被ってはくるのですが、
ここではもう少し違った視点から語ろうかと思います。

こちらは潜在意識についての記事です。

潜在意識を書き換えて顔がイケメンに&お金持ちにもなるのは本当?

 

ショート寸前の思考回路を書き換える

思考回路を変える、つまり
脳の信号を根本的に変えるということです。

潜在意識を変える、あるいはもっと行って
無意識の領域を変えるのが
本当の意味での解決策になるわけですが。

 

この脳のサボり癖を克服するために、
よく知られているのは習慣化ですね。

人は習慣化することによって
脳がネガティブな信号を送ってきても
なんとか行動できるようになります。

 

しかしここで、絶対に
気を付けなければならないことがあります。

それというのは、これは
先ほどの例で言うところの
脳の信号に対して抗って行動している場合に
当て嵌る可能性があるということです。

 

とはいえ、その基準というのが
良くわからないと思われるかも知れません。

実際これを上手く言葉で説明するのは
難しいのですが、結局はやはり
「強引な習慣の付け方をしている」
ということでしょう。

周りから見ても
「この人ちょっと無理してるんじゃない?」
というのはかなりわかりますよね。

そういう人は大抵、
強引な習慣の付け方をしています。

それは何も行動だけではなく、
「本当はそうでないのに
頑張って良い人を演じる」
とかそういう性格面・あるいは
思考面においても言えることです。

 

だから結局、ここで取り敢えず
まとめておきますが
「強引にならず、もっと根本的な感覚を変えていく」
という意識で習慣化することが、
非常に重要であるいうことです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ