スマートフォン解析

口下手な男はモテない?面接も不利だし改善したい

Sponsored Link


口下手なことに悩んでいる
現代人は多いようです。

特に、どちらかというと
やはり男性になります。

ちなみにこれは、
コミュ障とは少し違うものになります。

※コミュ障についてはこちら

コミュ障の特徴とは―口下手等?原因と改善策

 

口下手とは

口下手というのは、つまり
自分の考えや思い等、伝えたいことを
伝えるために適切な言葉が見つからず、
言葉を探すことに一生懸命に
なり過ぎるがあまりに詰まってしまったり
しどろもどろになってしまったり
してコミュニケーションが
おかしくなってしまうことです。

確かにこれはコミュ障とも似ていますが、
コミュ障というのはそもそも
「障害」と言われている通り、
簡単な会話ですらもまともに
話せなくなってしまうことを言います。

ですからコミュ障というのは、
口下手と比較するとより精神的な
要素の占める割合が大きいわけです。

 

対して口下手は精神的に
安定していたとしても、単純に言葉が
出てこないことに原因があります。

つまり、自分の伝えたいことを
伝えるための表現力が
不足しているということです。

ボキャブラリーが不足しているのか、
頭の回転が十分に速くないのか。

 

しかしながら、だからと言って
必ずしも口が上手い人と比べて
劣ってるということでは全くありません。

口が上手い人というのは、
自分の本当に言いたいことを
言ってない場合が多いのです。

つまり、妥協しているということです。

適切な言葉は見つかっていないけど、
「まこんな感じで良いかな」
という感じで言葉を選んでいます。

これは頭で考えてではなく、
潜在意識的にですが。

※潜在意識についての記事

潜在意識を書き換えて顔がイケメンに&お金持ちになって願い叶う?

 

対して多くの口下手な人というのは
なかなかそんな割り切りができないので、
もっとしっかり自分の言いたいことを
表現したいと思っているのです。

ですから逆に言えば口の上手い人というのは、
得てしてコミュニケーションが
雑になりがちなのです。

知らず知らずのうちに相手を傷付けたり
不快な思いにさせていて、
あまり好かれていないケースも多いです。

 

「口は災いの元」
という言葉通り、もちろん口下手な人でも
余計なことを言ってしまったりする人は
いますが、やはり口の上手い人の方が
そういう人はかなり多いです。

それに口が上手い人というのは
自分の表現力にだいたい満足しているので、
そういう意味では口下手な人と比べると
意外と成長が見込めなかったりします。

口下手な人はいつも自分を表現するのに
より良い言葉を必死で探しているのです。

 

口下手は面接も不利?

とは言えども、口下手な人が
相手に与える印象というのは
あまり良いものではありません。

自信のなさが目に見えて伝わるからです。

実際、口下手な人は
大体自分に自信がないです。

そうなると、当然男性であれば
なかなか女性にモテないし
面接をしても「こいつ大丈夫か?」
と思われてしまう可能性が高いですから
大抵不利になることでしょう。

 

ときにはそれを「可愛い」等
という女性もいるから
またそれに安心して
「個性だからこのままで良いんだ」
なんて考える人も出てきてしまいますが、
基本的に口下手というのは
普通に生きていくのであれば
圧倒的にマイナス面の方が多いため、
直した方が良いのです。

 

改善策

ここで最もお勧めの改善策は、
開き直ることです。

つまり、口下手な人というのは
自分が言いたいことをより適切に伝えようと
し過ぎているので、「当たって砕けろ精神」
になれば良いということです。

もちろんだからといって
きちんと自分の言いたいことが
言えるわけではありませんが、
少なくとも自信なさげに
見えることはなくなります。

すると意外と、口の上手い人よりも
相手に響く言葉が出てきたりするのです。

この辺は、けっこう不思議なことなのですが。

 

実はこの理由というのはしっかりあります。

口下手な人というのは、自分の実力以上の
パフォーマンスを求めてしまっている。

たとえそれが
「相手を不快にさせたくないから」
という目的であったとしても、
度を過ぎてしまって間が悪いために
不快にさせているなら
それは結局エゴになってしまいます。

開き直って「当たって砕けろ精神」
になるということは、要するに
その過度に「自分を良く見せよう」
としてしまう心理状態から
「ありのままの自分を見せよう」
という心理状態になるのです。

 

これは、余分な意地を張るのをやめて、
その人の精神のステージが上がった
ことを意味するのです。

精神のステージが上がると、
心に余裕ができます。

※これは人生における幸せの鍵だったりします。

心の余裕とは幸せの証。作り方・持ち方について

 

そうするとどうなるかというと、
口下手の良いところと口上手の良い
ところを合わせ持てるようになります。

これは、哲学用語で言うところの
まさに「弁証法」のプロセスとなります。

つまり、テーゼ(口下手)が
アンチテーゼ(口上手)を
踏まえて乗り越えたということです。

そして両方の良い点を含んだ
新しい何かに発展することを
アウフヘーベンと言います。

 

こういう人はたとえ
実際に口が上手になっても、それでも
決して十分上手くはないと思っているので、
「自分をさらに適切に表現したい(質を高めたい)」
という気持ちと同時に、
「自分の今のありのままをさらけ出せば良い」
という気持ちを持っているということです。

ですから、この時点で口が元々上手で
「口下手のやつの気持ちがわからない」
と言っている人が持ってない
価値を持ったことになります。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ