スマートフォン解析

双極性障害(躁うつ病)寛解の再発リスクと治療法の種類

Sponsored Link


双極性障害の治療では、薬物療法と他の療法を組み合わせていくことになります。

正しい知識を持って無理せず病気と向き合っていくことで、少しずつ精神的な苦しみも減っていきますので、じっくりと治療していくことが大切です。

 

双極性障害の治療で大事なこと

双極性障害治療において知っておくべきことに、再発率が非常に高いことと、周囲のさりげないサポートが欠かせないことが挙げられます。

 

寛解の再発リスク

双極性障害は非常に再発率が高いです。適切な治療を行って寛解状態(一時的に回復した状態)になっても、そこで治療を不用意に中断してしまうとほとんどの人が再発してしまうのです。

そのため、その再発リスクはむしろ「寛解状態になってからが勝負」と言われるほどで、しかも再発を繰り返す度に症状が重くなる傾向があります。

ですから例え自分の症状が落ち着いているように感じたとしても、自らの判断で服薬などの治療を中止しては絶対にいけません。

 

身近な人のサポートが欠かせない

双極性障害では周囲の人のサポートが欠かせません。

特に躁状態の時には、気分が高揚し本人の本来の姿とはかけ離れた言動を取ってしまうことで社会的な信頼を失うことや、突拍子もない行動で他人と衝突する可能性もありますので、さりげなく言動を見ていてあげることが大切です。

この際、双極性障害の特徴を理解していないと本人の人格が破たんしたように感じてしまうこともあるため、双極性障害の症状に関する正しい知識を持つことがポイントになります。

 

双極性障害の治療

双極性障害の治療では、薬物療法で気分の不安定さを抑えていくことがメインになります。

継続しての服薬に加えて、患者自身が双極性障害の知識やどのような気持ちで受け入れたらよいかを学んでいく心理社会的治療、生活リズムや対人関係を整える治療などを組み合わせていきます。

どれか1つの治療を行えばよいというものではなく複合的に治療することで効果が高まりますので、医師と相談し症状を観察しながら治療法を決定していくことが大切です。

 

薬物治療

双極性障害の治療においては、リチウムなどの気分安定薬を中心に服用します。これは、抑うつ状態と躁状態の両方に対して使用する薬であり、気分の上下を抑えていく効果が期待できます。

気分安定薬と平行して抗精神病薬を使うことも。これは、主に統合失調症などに使う薬でドーパミンなどの神経伝達物質を遮断する効果があり双極性障害にも効果があるとされています。

服薬にあたって注意が必要なのが抗うつ薬。双極性障害の抑うつ状態に抗うつ薬を使用すると、急激に躁状態に移る「躁転」が起こる可能性があるため、双極性障害の治療に抗うつ薬は使用しない方がよいとする意見が有力です。

双極性障害はうつ病との判別が難しく、うつ病だと勘違いして抗うつ薬を処方された結果、双極性障害を悪化させてしまう場合もあるので、うつ病だと思っても躁状態になった経験がある場合には医師にそれを伝えた方がよいでしょう。

 

心理社会的治療

薬物療法に加えて心理社会的治療を行っていくことも重要になります。

双極性障害の患者は自分自身の感情をコントロールできないことで大きな苦悩を抱えることになるため、病気の特徴や生活を送る上での注意点、周囲の人への伝え方など病気に関する情報を正しく理解することで病気と向き合いやすくなるのです。

 

生活リズムや対人関係を整える

双極性障害の発症や再発の予防のためには、生活リズムや対人関係からくるストレスをコントロールしていくことが重要だと言われています。

仕事などにより生活リズムが崩れることや、ノルマや職場での人間関係によるストレスが増加したことにより寛解していた双極性障害を再発してしまう場合が多いので注意が必要です。

普段から家族の協力を得て規則的な睡眠や栄養のある食生活を心掛けること、職場と相談して残業やノルマが課せられる状況を避けるなど、心身に負荷をかけないようにすることが第一です。

 

まとめ

以上、双極性障害の治療の際の注意点と治療法の主な種類についてになります。

双極性障害の治療の大きな障壁となるのは、再発の確率が非常に高く、しかも再発すると悪化してしまうケースが多いことです。

再発を防ぐためにも生活リズムを整えて精神的な負荷が低い状態を保つことを心掛けるとともに、服薬を中心とした適切な治療を継続することが重要になります。

また、生活に支障が来すことで気持ち的に塞ぎ込むと悪循環になってしまうので、難しいかも知れませんが、頑張り過ぎないように、気持ちを強く前向きに保つよう努力することを心掛けてください。

【参考】双極性障害(躁うつ病)を判断できる症状の特徴と原因

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ