スマートフォン解析

コミュ障の特徴とは―口下手等?原因や根本的改善策

Sponsored Link


この世の中には、コミュ障に
悩む人が男女問わず多くいます。

このコミュ障とは、
一体どんな症状なのでしょうか。

 

コミュ障の特徴とは

コミュ障とはコミュニケーション障害
の略なのですが、こうやって
略さずに言うと、人格障害の一種
であるかのような印象になりますね。

しかし実際多くの人の
抱いている概念としては、
ネット住民たちが普通に
ネタにしていることもあって
比較的軽いノリのイメージもあったりします。

その捉え方によっては
全然軽いノリで片付けられるもの
ではないのですが・・・・・。

 

基本的に、神経症や精神病を
患っているわけではない
人達であるというのが前提としてあります。

ですから、心が健康であるのにも関わらず
コミュニケーション能力が非常に低い
ということです。

典型的な例は自分が言いたいことが
上手く言葉にできない、
あるいは言っても誤解されてしまう・・・

要するに、口下手なことですが。

 

これはある意味、ネガティブな人の
捉え方によっては救いようがない
ということでより深刻である
と考えてしまう人もいるかも知れません。

が、コミュ障にはネガティブな人が
多いのも特徴なんですが、
実はそれがまた悪循環に
なってしまってる側面があるのです。

 

原因

というよりも、基本的に
「自分はコミュ障だ」
と被害者意識を抱いている人は
セルフイメージとして
「コミュ障の自分」
を描いてしまっていて、
そのためにいつまで経っても
コミュニケーション能力が上達しない
という結果になってしまっています。

※セルフイメージについてはこちら

メンタルブロックを外すとはどういうこと?簡単じゃない?

 

とはいえ、実はこれも紙一重であり、
コミュ障の人は自分自身を
客観的に見ようとする傾向があります。

要するに、自分を客観的に見ようとして
その結果上手くできてない自分に対して絶望し、
落ち込む&自信を失うのです。

ネガティブ思考が止まらない原因は―実は頭が良いから底辺気分はやめよう

 

もちろん自意識過剰といえばそうなのですが
自分の本当の姿と向き合う姿勢がなければ
人は成長しませんから、そういう意味では
これ自体悪いこととは言い切れません。

事実、世の中の偉大な成功者は基本的に
ベースがネガティブ思考であるといえます。

それを並外れた精神力でプラスに転じているのです。

努力が報われない?偉人達の名言は鵜呑みにするな

 

ですから問題なのは、これが完全に
悪い方向に出てしまっていることなのです。

つまりコミュ障が治らない人は、
自分の抱える問題に対して
前向きに捉えることができていないのです。

そんな状態で頑張っても、
なかなか結果は出ないのです。

 

改善策

この改善策として、もちろん
数々の具体的な方法が世に出回っていますが
そもそもベースの精神として
「俺は才能がないからどうせ無理」
とか
「これまでもやってみたけど続かなかった」
とかではスタート地点にも
立っていませんよね。

こういう人は、そもそも
「自分の性格は努力で変えられる」
ということを信じれるように
なることから始めないといけません。

 

逆に言えばベースとなる精神がある上で
具体的な方法を実践すれば
必ず結果が出ると言えます。

そして実は性格が変えられると、
同じ要領で他のどんな努力に関しても
結果が出せるようになってきますから
(性格は一般的には
比較的変える難易度が高いことから)、
この根本的な精神力というのを養うことは
本当に重要なことなのです。

 

ですから、ここでは具体的に
コミュ障を治すための方法を紹介しませんが
その全ての土台のなる
精神力を高める方法については
たくさん語っているので
ぜひ色々な記事を見て行って下さい。

※ちなみにこちらの記事も参考になると思います。

心の余裕とは幸せの証。作り方・持ち方について


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ