スマートフォン解析

DV被害者の心理や特徴等。DV防止法の効果は

Sponsored Link


DV被害者の心理・特徴、
そしてDV防止法が社会に示した
効果等についてまとめました。

※加害者についてはこちらで記載しています。

DV加害者の心理・特徴とは―その対応策。治療は駄目?

 

DV被害者の心理や特徴

DVというのは、基本的にまず
相手の自尊心を奪い無気力状態
にすることで思考を停止させ、
その上で洗脳し自分の思い通りに
支配するという流れです。

これはDVに限らず、モラハラや
パワハラでも同じ流れになります。

モラハラの特徴とは―彼氏や夫、親…職場にも。対応法は

パワハラの言葉がキツい…告発や訴訟による対応法はリスク?

 

ここで「このクソ野郎」という
気持ちが残っていれば、まだ戦えますが、
完全に気力(エネルギー)
を奪われている場合は
ただただ言いなりになってしまいます。

ですから、周りが気が付いて
救ってあげないと取り返しの
付かないことになる可能性もあります。

 

またDV被害者というのは、
実は暴力を受けることによって
そこに価値を見出しているところがあります。

これはどういうことかと言うと、
DV加害者は完全にストレス発散のために
被害者を利用しているので
逆に言えば自分が犠牲になることで
加害者はストレス発散できるのです。

つまり、DVを受けることで
「自分が人の役に立ってる」
という歪んだ形で自尊心を
見出しているのです。

 

こんな自尊心の見出し方はおかしいと
気力がまだ残っていれば
考えることはできるのですが、
DVをされることで心が深く傷付き、
気力を奪われてしまうのです。

その背景には、
「こんな男と結婚するなんて見る目のない自分」
もしくは
「信じてたのに・・・・・」
といった心理があったりします。

DVというのは色んな意味で、
一気に相手の気力を
奪い去ることができるのです。

たとえそれまで
「DVなんてやられたらすぐ警察に通報したりすりゃいいじゃん」
と「何でやられっ放しにしてるの?」
という反応をしてた人ですら、
実際に自分が一方的にDVを受けると
何の対応もしない無気力状態に
なってしまうのです。

 

DV防止法の効果は

ただし、2001年にDV防止法が出来たことで
社会全体にDVに対しての問題意識が深まり、
その結果個人間でも被害は減りました。

ただこのときは、当初DV防止法は
肉体的な暴力に対してのみの
適用であったため、精神的な暴力には
適用されていませんでした。

そのため怒鳴ったり、
脅したりして恐怖を植え付けることで
相手の気力を奪うことも可能でしたから、
多くの加害者は肉体的暴力から
精神的暴力に移行したのです。

 

しかしこれに対しても、
国はしっかり動いてくれていて、
法律は何度も改正され
今では精神的な暴力も含みますし、
法律そのものはどんどん
厳しくなっていっています。

これはDV被害者にとっては、
かなり有難いことではあります。

 

しかしだからと言って、
根本的な解決になるわけではありません。

これはDV加害者たちからしてみたら、
ストレスの格好のはけ口を
失うことになります。

それはもちろんなくなるわけではないので
今度はパチンコやギャンブルに行ったり、
もしくは過剰な浪費・無駄遣い
といった形で出てきます。

あるいは、はけ口をなくして
自分の中に溜め込み、
そのまま病気になってしまうこともあります。

まあ、この場合は別に直接他者に
迷惑を掛けるわけではないのですが。

 

しかしながら、DV加害者は
基本的に自分の中に
ストレスを溜め込むことだけは
何とか避けたい(自分が犠牲になるのは嫌だ)
と潜在意識下で思う人達です。

ここで、モラハラ(モラルハラスメント)
という巧妙な手法を
使用するようになったのです。

モラハラというのは、その人の自尊心を
ピンポイントで傷付けると考えたら
わかり易いと思います。

嫌味の一種なんですが、
人は誰でも、これを言われたら
グサッとくるという言葉があります。

 

ところがそれはサラッと言われていて、
実際「○ね」とか「キモい」とか
「クズ」とかそういうストレートに
傷付ける言葉ではないため、
その深刻さを判断することが
なかなか難しいのです。

ですから、現在DV加害者系の人達の間では
このモラハラを使用したストレス解消法が
主流になっているのです。

そしてこれは特に知的な人ほど
巧妙にやってのけますから
被害者はどう動いて良いのかもわからず、
気付いたら無気力状態になってしまっている
という事態も考えられます。

 

正直なところこのモラハラに対抗するには
もう自分も知的レベルを上げて
対抗するしかないと思います。

まあ暴力じゃないし、良いか・・・
と思い出したら、大変危険ですから、
「自分の自尊心を傷付けてきているな」
と感じたら、何とかそれに対して
対抗する意志を保ってください。

そして、何らかの
行動に移すべきだと思います。

モラハラ対応については
こちらでまとめています。

モラハラ対処法:根本解決のために

 

またそのうちの一つと考えられている
DVシェルターについては
こちらをご参照ください。

DVシェルターは場所も極秘。仕事内容やその実態とは


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ