スマートフォン解析

無神経な人で嫌われる?不快な思いにさせるライン等SNSの内容とは

Sponsored Link


ラインやツイッター、フェイスブック等のSNSは情報を収集する上で便利なツールですが、自ら発信する際にいくつかの点を注意しておかないと、中には他人を不快な気分にさせてしまうケースもあります。

どのような投稿内容が、それに当たるのでしょうか。

SNSで不快な思いにさせる内容がどんなものかを知ることは、もちろんネット上だけではなくリアルなコミュニケーションでも非常に意味のあることです。

「無神経な人」とレッテルを貼られて嫌われないように、ここでぜひ学んで頂けたらと思います。

 

そもそも投稿数が多い

五分刻みに投稿したり、他の友人と比較してみても、圧倒的に数が多いようであれば要注意です。一人の投稿だけで、画面が埋まってしまうし、何より見にくいです。どんなに良い印象を抱いている相手でも、投稿を見るたび、嫌な印象にすり替えられるケースもあります。

投稿するのが好き。ストレス発散になっている。という方は、いくつかのアカウントを持ち、分散させる方法を取るのが良いでしょう。

 

「暇」という言葉をよく使っている

「何もすることがない」「暇だ〜」というように退屈である様子をよく投稿している方は、見ている側として、その人自身もつまらない存在として印象に残っている場合があります。なので極力連想させるような言葉は使わず「〇〇したい」というように前向きな内容で投稿を行うようにしましょう。

その内容に含まれた単語に興味がある人から、返事が貰える場合も。暇であっても表に出さず、言葉の転換を行いましょう。また、返事が貰えれば暇も同時に潰れるので一石二鳥です。

 

さり気なく自慢を入れ込んでいる

「私にナンパするとか目悪いのかな?(笑)」「黙ってればかっこいいってよく言われる…」

というようにさり気ない自慢を含んだ内容は人によってはイラっとします。むしろ

「ナンパされて嬉しい!」「黙ってればかっこいいって言われたからずっと黙ってる!」

というように嫌味なく、そしてどこかおかしく投稿した方が見ている側も気持ちが良いです。

一度投稿する前に、友達がこの内容を投稿していたら自分はどう思うか。第三者目線に立って考えてみるとわかりやすかったりします。

 

愚痴は面と向かって言って欲しいという矛盾した内容

「陰でこそこそ悪口言うくらいなら目の前で言って欲しい」

という内容をSNSに書くようでは本末転倒です。見ている方は、そっちこそ相手の目の前で言えば良いのに。と思っています。怒りの感情が爆発してしまうと、歯止めが効かなくなったり、どう思われているのか考える力が弱くなります。

冷静になってから自分の投稿を見返し、我に返ったところで削除する方も多いです。感情が大きく揺さぶられた時は、SNSを利用するのは避けた方が賢明です。

 

自身のみを写した自撮りを頻繁に撮る

スマホの内カメラで写真を撮ることを自撮りといいます。友達と撮っても自撮りといいますが、ここで紹介するのは自身のみ写した写真のことです。

自撮りを頻繁に投稿するようでは、ナルシスト、自分大好きなんだ。と印象付けてしまいます。

また、実物よりも何倍も盛った自撮りを投稿するようでは「え!」と見た側は驚いてしまうことでしょう。載せる側は見て欲しいという一心ですが、受け取る方は芸能人でもない限り、投稿者に良い印象を抱くことは難しいです。

女性であれば女性。男性であれば男性。というように、同性の反感を一番買いやすかったりします。不思議なことに異性の自撮りは見ていて、同性ほど気持ちを苛立たせることは少ないです。

 

許可なしで友達の写真を載せる

友達と一緒に出かけた時のプリクラ、写真を許可なくそのままSNSにUPする方です。日記感覚で載せているつもりなのですが、誰が見ているかわからないSNSに勝手に載せられたのなら、びっくりしてしまいますよね。

そのような行為を無断で続けるのであれば、もう一緒に遊びたくないと、遊びの誘いも応じてくれないようになります。自分以外に人物が写っているのであれば必ず許可を取る。また、偶然写り込んだ第三者はスタンプで隠すなどプライバシーに徹底しましょう。

 

わざわざみんなが見える場所に書いている

「〇〇ちゃん明日遅刻しないで来るよね?」「すごい楽しみにしてるよ〜」

という個人的な内容をSNSを通じて、記載している方です。仲良し自慢に見えますし、何よりLINEで済むのに。と考えてしまいます。

また、彼氏彼女の二人がラブラブ会話をSNSを通じて行なっているのは、目障りだと感じる方が多いです。もしも別れた際には、一つずつ削除する羽目になりますし、一定のラインを超えないところまで抑えておきましょう。

 

体調不良

「昨日3時まで起きてたから眠すぎる」「頭痛いから何気なく体温計で測ってみたら熱あった」

というように体調が悪いということをわざわざ投稿する方です。本当に具合が悪ければSNSに書く暇すら無かったり、大丈夫?と気遣う返事にも、数分で対応することも出来ません。

不快に思われない方法として、治してから投稿すること。また「徹夜したことある人いる?」「何度あると熱って扱いになるんだろう?」というように、疑問形にすると、柔らかい印象に映ったりします。

 

思わせぶりな内容、詳細は隠したもの

「一週間後私は幸せに包まれている」「あと三日か…」

というように、全ての人に伝わらない、謎めいた内容です。見た人は必ず疑問が湧きますし、モヤモヤしてしまうことでしょう。

また、載せるならわかるように載せて欲しいと感じますし、返事が欲しいからこのようなことをしているのかなと深読みされてしまいます。載せるなら載せる。隠すなら隠すというようにメリハリをつけましょう。ですがこの方法は頭から離れないようにする為には非常に効果的。印象深く根付けることが可能です。

また「あいつ本当にうざい」「意味わからない」というような、特定の相手への悪口。

でも誰に対して言ってるのかわからない投稿も避けましょう。見た人を一瞬で不快にさせてしまうので、どうしても残したい内容は自分しか見ることが出来ない日記の中に書き留めておくように努めます。

 

まとめ

なぜ人に不快な思いをさせる人が無神経だと言われるかと言えば、まず無神経な人は得てして自分に置き換えて考えないからです。

自分がそれを言われたらどう思うか、されたらどう思うか。

もちろんそれでも気付かないことはありますが、こう想像するだけでかなり違ってくるはずです。

無神経な人はほとんどの場合、気付けないのではなく気付く気がないのです。

SNSに投稿するということは、場合によっては一生残るので、十分に気をつけて利用しなければなりません。また、後で見返すことも可能なので、こんなこと言ってたんだと相手に幻滅する為の材料として、使われないように気をつけましょう。

ですが自分を極端に縛ってSNSを利用するようでは、心から楽しむことは出来ません。何を投稿しても反感を買うことはありますので、自分が載せたいと思うものを優先的に投稿する方法が結局のところ一番です。マナーは守り、相手をけなしたりせず健全にSNSを利用した方が長く続けやすかったりするでしょう。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ