スマートフォン解析

パニック障害で仕事を辞める・休むのはあり?おすすめの職は

Sponsored Link


パニック障害になると、仕事をすることがとても苦しくなります。

一日中会社という閉鎖空間にいることも大変だし、職場のストレスは非常に強い。ましてや、毎朝の通勤電車なんて考えるだけでも調子が悪くなる。でも、どうしてもやめられない場合もありますし、転職しようにもどのような職種が自分に合っているかはすぐにわからない場合もあります。

ここでは、パニック障害で仕事がつらい時どうしたらよいか、おすすめの職は何かを取り上げていきます。

 

パニック障害で仕事が辛い時どうする?

パニック障害になると、職場で働いていくことはこんなに難しいのか・・・と愕然とすることがあると思います。

仕事がきついけどどうしても辞められない事情がある場合には、自分で改善できることと、職場に相談してできる改善を組み合わせていくことで、自分にとって気持ちの落ち着く労働環境を作ることができます。

 

自分でできること

本当は職場に相談して労働環境自体を変えることが望ましいですが、「職場に相談するのはまだちょっと・・・」と思う人も多いと思います。まずは自分でできることとして、睡眠リズムを整えることや可能な限り残業を減らすことをはじめ、通勤の時間を少し早めてバスや電車のラッシュを避けることなどがあります。

 

信頼できる人に相談してみよう

パニック障害がある人でも、職場の協力があり相談できる人がいれば、働いていく上での気持ちはとても楽になります。

仕事は不安や緊張を強いられるものが多く、特にパニック障害がある人にとっては他の人が気にならないようなことでも大きな不安に駆られることがあります。

そんな時に、自分の周りの同僚や上司がパニック障害について理解してくれていれば、自分の状態を伝えて不安の少ない環境を作る手助けをしてもらうことができます。

例えば、電話対応や来客対応など突然の事態に対応することは、パニック障害がある人にとって大きな負荷となりますから、それらの業務は他の人に担当してもらうなど業務の調整をすることもできるでしょう。

そして、何より自分の状態を理解してくれている人が近くにいるという安心感が実は大変大きいものであり、それだけでパニック発作自体が起こりにくくなる効果もあります。

 

職場の雰囲気が大切

パニック障害を発症すると「私は同僚や上司に迷惑をかけているのではないか」「これから働いていけるのか」という不安を抱えながら過ごしていくことになります。

そんな時に職場の雰囲気がギスギスとしている場合や、人のことを考える余裕がないような職場だと、精神的にどんどん追い詰められていくこととなりパニック障害も悪化してしまうことになります。

そんな時には早めに産業医などに相談するか、休みを取って自分の状態を悪化させないことが第一になりますが、職場を変えることを検討することも一つです。

 

パニック障害で仕事を辞める、休むの判断について

パニック障害と診断されている人で、それが定期的に出てしまって仕事に支障をきたし、それがストレスの元となってしまうという悪循環の方は、辞める、休むという判断は全く問題ではありません。

少なくとも休むべきだと思います。

そこまで追い込まれていれば、他の社員の方も理解してくれるはずです。

逆に理解してくれないような人達であれば、職場環境が悪いという判断をしても良いと思います。

もちろん自分の今の役割や立場にもよりますが、人が一人抜けたからと言って回らなくなるような職場は一人の人間に依存し過ぎであり、明らかに会社側の責任と言えます。

ですから、そこまで責任を感じる必要はなく、もっと自分自身を大切にすることを考えてください。

パニック障害の方は得てして自分に厳しくし過ぎたり責任感が強過ぎるので、もっと自分を労わる気持ちを持つべきですし、そうあるように周りの人、あるいは治療に関わる人が接するべきです。

 

また、仕事は自分にあった職に就くべきです。

パニック障害が克服できないとは言いませんが、現状症状に悩まされている以上はまずは起こり難い環境下に身を置くことが先決であり、発症し易い環境や職であったらそれは変えるのが非常に大切だと私は思います。

ただし辞める・休むという判断においても、パニック障害の方はここでまた自分の将来がどうなるのか不安で症状を起こしてしまう可能性があるのですが、ここは何とか乗り切るしかありません。

この関門は一度で済むのですが、仕事を続けていればこれからも関門がずっと続くわけですから。

【参考】パニック障害の克服と薬等の対処方法の紹介。無理をしない事が大切

 

パニック障害の人にお勧めの(向いている)職

では、パニック障害の方がどんな職が向いているかについてですが、繰り返しになりますがパニック障害は不安障害の一種であり、負荷が高く不安を感じやすくなる仕事は向いていません。自分が苦手な仕事を選ばずとも安心して働いていける職や働き方もたくさんあります。

 

こんな仕事は厳しい

発作が出やすい状況を避けられない仕事

パニック発作は電車の中や群集の中など、特に起きやすい状況があります。

職場によってはどうしても朝の通勤ラッシュを避けられない場合や、時には職場自体パニック発作が起きやすい状況になっている場合があります。このような職場にいることはそれ自体が大きな負荷となり、自分を追い詰めていく結果となってしまいますので、避けた方がよいですね。

 

チームで進めていく仕事

パニック発作が起こると仕事から一時的に抜けなければいけません。

時には会議や大事なプレゼンの途中に発作が起きてしまい抜けなければいけない事態になることもあります。そもそもパニック障害になる人は責任感が強い人が多いため、チームのメンバーや同僚に迷惑をかけてしまうことは大きな苦しみとなることが多いです。

ですので、チームのメンバーそれぞれの責任や仕事量が多い職場では日々のストレスはより大きくなってしまいます。

 

こんな働き方がお勧め

自分の得意分野の仕事

自分の得意分野の仕事であれば、仕事を進めていく上でも人と関わっていく中でも自信をもって仕事に取り組むことができます。自信がある場合には不安になることが少なくなるため、パニック発作も起こりにくくなるでしょう。

 

淡々と進めていく仕事

予期しない出来事が発生する仕事やノルマを課せられる仕事などは、常に不安を抱えながら仕事を進めることになるため、パニック障害がある人にとってはとても辛い働き方になります。

自分の体調と相談しながらになりますが、パニック発作が起こりやすい状態にある時にはルーティン的に仕事をこなすことができる配送業務や掃除、工場での作業など淡々と自分のペースで仕事を進められるものを選ぶとよいですね。

 

在宅ビジネス

現在ではネットで情報を得る人が多くなったことで、ネットを使ったビジネスで生計を立てている人が多くいます。

ライターやアフィリエイトなどをはじめ、ネットで行うビジネスを勉強して在宅で働いていくのもおすすめです。電車やバスに乗らなくてよいのはもちろんのこと、職場でのストレスも感じなくて済みますので精神的には非常に穏やかに働いていけます。

 

最後に

ここまで、パニック障害で仕事がきつい時の対処法やおすすめの働き方を紹介してきました。

通勤ラッシュを乗り越えて会社に一日中いて残業して・・・。

それが当たり前と思ってしまい、苦しくても頑張ってしまうことで症状がどんどん悪化してしまっている人が多くいます。

今では仕事の種類も増え、働き方も多様になってきています。周りと同じ働き方にとらわれるのではなく自分に向いている働き方を模索していくことで、楽に生きていくことができるかもしれません。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ