スマートフォン解析

パワハラの言葉がキツい…告発や訴訟による対応法はリスク?

Sponsored Link


パワハラ(パワーハラスメント)
という権力を利用して他者に
精神的苦痛をもたらす問題があります。

あなたの近くに、
そういう方はいますでしょうか。

 

パワハラの言葉がキツい

他のハラスメント系、
つまりモラハラやセクハラと比較すると、
まだ何となく軽いというか、
それほど重く受け止めていない方も
多いのではないでしょうか。

モラハラについてはこちらです。

モラハラの特徴とは―彼氏や夫、親…職場にも。対応法は

 

その理由は、そもそも仕事で
厳しい言葉が投げ掛けられるのは
当然のことと考えている人が多いからです。

確かに、仕事でミスをしたり、
上手くできなかったりしたときに
叱るとか厳しく言うというのは
当然のこととして考えられています。

そして近年終身雇用制度が崩れ、
実力主義の社会になってきたことによって
その傾向に拍車が掛かってるように感じます。

「甘いこと言ってたら会社は続かない」

これがパワハラ上司の合言葉として、
存在しているような気がします。

他の言い分としては、

「強制しないとやらない」
「実力がなければ厳しくしてできるようになるか、辞めてもらうかしかない」

等があります。

それは本当のところどうなのでしょうか。

 

確かに厳しくしなければサボってしまうとか、
いい加減にやってしまうような人物に対しては
叱るのも良いとは思います。

しかし、パワハラ支持者(実践者)は
それを大義名分として自分の行為を正当化し、
必要以上にネチネチとイヤミを言って
部下を罵ったり、キツく言って罵倒したりします。

部下はそれによって、
逆にやる気と自信を失って
しまっているのです。

離職率が極めて高いとか、
やたらと悪口を言われているのであれば
それは正しい厳しさではなく、
パワハラだと捉えるべきでしょう。
(もちろん悪口を言う部下にも問題はありますが)

 

結局パワハラ上司は、相手を傷付けて
元気をなくさせることにより
上手いこと元気という
エネルギーを奪っているのです。

こういう人達は、俗にこう呼ばれます。

エナジーバンパイア―

その特徴についてはこちらをご参照ください。

エナジーバンパイアとは―その意味や特徴など。実は多い

 

つまり、パワハラ上司はエナジーバンパイア
であるということが言えるのです。

 

告発や訴訟による対応法はリスク?

こういうパワハラ上司に対して、
告発や告訴など訴訟を起こす
という対応法もあります。

 

告発とは第三者が、そして
告訴とは被害者が警察や検察庁に
通報することです。

告発にはもう一つ内部告発というのがあって、
これは社内の問題を新聞社などの
報道機関に伝えることです。

まあパワハラの場合はよほど酷くないと
たとえ大企業であっても
ニュースにまでなることはないでしょうが。

ともかく告発にしろ告訴にしろ、
いずれにしても覚悟が
必要であることは確かです。

 

しかも大抵の場合その人物を
敵に回すばかりか他の社員たちも
一緒に巻き込んで敵に回してしまいます。

その理由は、社内で訴訟が
起こされることによって
それ自体が会社全体のイメージを
悪くするのでできればそういうことを
して欲しくない、と思っているからです。

もちろんそれが明らかな
パワハラであるとして認められる
ものなら何も臆することはないのですが。

そこで他の社員が
「余計なことしやがって」
と言ってきたとしても、
堂々としているべきです。

しかもこれが会社側の方針で、
「できない社員には必要以上にキツく言う」
というのがあるとしたら、
悪いのはその上司ではない可能性もあります。

そうなると、敵は上司ではなくて
会社そのものであったりするかも知れません。
(もちろん自分もしっかりしなければなりませんが)

 

こういったケースではなく、
他の人から見てもその人物が
明らかに害となっている場合であれば
訴訟を起こしても恐らく問題はないでしょうが
そうでなければ会社に残ることは
気不味くなるでしょう。

 

またパワハラ加害者との
その後の戦いもかなり神経を使いますし、
そういう意味での覚悟やリスクというのは
間違いなく伴います。

得るものはなくむしろ失うものの方が多くて
残るのは「復讐が出来てすっきりした」
という感情だけになる可能性もあります。

それでも構わないと思うなら、
訴訟による対処法もアリだと思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ