スマートフォン解析

二人きりと大勢の前の態度が違う男性心理・女性心理と接し方

Sponsored Link


同じ人と関わる中で「いつもと態度が違う」と感じたことはないでしょうか。

二人きりでいる時は普通なのに、大勢でいる時はこちらを馬鹿にしたような大きな態度を取ってくる。本質、心理が読み取れなければ、不思議な感覚を味わうことでしょう。と、同時に相手に振り回される自分にも嫌気が指してしまうはずです。

その日その日によって機嫌の良し悪しは違うので、多少の変化はあると思いますが、まるっきり違う態度を取られる場合、次のようなことが考えられます。

ここでは、二人きりと大勢の前の態度が違う男性心理・女性心理と接し方について、女性目線からまとめました。

 

男性心理

大勢の前では態度が大きい男性

男性は自分を大きく見せたいと感じている方が多いです。大勢の前では意地悪な発言を行い、笑いを取るようであっても、決して嫌いだから行っているとは限りません。むしろあなたに対するアピールと受け取ることが出来ます。

特に二人きりでは優しければ優しいほど、その可能性がぐっと高くなります。

大勢の前で何か目立とうと、はやる気持ちから、弄った発言しか出来なくなってしまうのです。その発言により、一目置かれた自分を「カッコイイだろ」と自画自賛。魅力的な自分をアピールしていることに繋がります。

この方法は言わずもがな逆効果。心理が分からなければ、嫌われてると思い込んでしまいますよね。

もし、大勢の前でいつもと違う態度を取られるようであっても、気にしないのが一番です。また、相手男性が気になっている人であれば、一種のアプローチとして受け取って下さい。その場では反論せず「ひどい〜」というように軽く流してあげると良いです。

ちなみに、このような手段を取る男性は、弱みを見せることが苦手。見栄っ張り傾向が強いので、事前に性質を理解しておくようにしましょう。

 

二人きりでは態度が優しくなる男性

この場合、あなたに好意を寄せていると受け取って良いでしょう。一方で、大勢の前で優しくされるようであれば「優しい性格をみんなにアピール」していることに結びつきます。ですから、外野がいない二人きりのときのみに優しいのは、全てあなたの為の行動に繋がっているということです。

好かれたい。彼氏になりたい。という一心からの行動なので、「モテている。嬉しい」と自惚れるくらいの面持ちでいましょう。

また、弱い部分を見せてくれるケースは、あなたのことを信頼している証です。この場合も好意を持たれていますが、その気持ちは友情面に近いものがあります。

 

女性心理

大勢の前では態度が大きい女性

あなたより自分の方が上だという牽制アピールです。

相手が男性の時とは違い、好意的な行動から来るものではありません。優越感に浸るために、あなたを貶めている可能性が考えられるでしょう。中には、ストレスが溜まっていて誰でもいいから馬鹿にしたいというように、発散目的で態度が変わってしまうこともあります。

つまり、ターゲット(標的)を定めて、そのターゲットの気分を害することで自分のストレスを晴らしたいのです。

なぜそれを二人きりのときはせず大勢の前ではするかというと、その方がよりターゲットの気分を害することができるからです。あるいは二人きりだと、反撃をされたり喧嘩になる可能性が高いのを理解しているからです。

 

この場合、友情面で相性が合わないと捉えられるので、少しずつフェードアウトしていった方が、自分のためにもなります。

また、このような女性は、他の人からも嫌悪されていることが多いので、特に気に病む必要はありません。

 

二人きりでは態度が優しくなる女性

気に掛けている。もっと仲良くなりたい。という現れです。

また「あなたには本音で話せる」という証として、受け取れます。心を開いている状態なので、可能ならばこちらも本音でトークを行うようにしましょう。

ですが知り合って間もないのであれば、ちょっとしたきっかけで仲が拗れてしまうことも十分に考えられますので、様子を見て置くのも手です。

何でもかんでも正直に話してしまうようでは、思わぬところで、誰かに話が筒抜けになっている可能性も考えられます。用心して置くのに越したことはありません。

 

大勢で態度が違う人との接し方(迷惑している場合)

  • これ以上仲良くならないように距離を置く
  • 刺激しないように、当たり障りのない話題のみで話す
  • 調子に乗らせないように相手が望むリアクションを行わない
  • 攻撃されていない人の態度を真似する
  • 仲が良いのなら迷惑していることをはっきり伝える

 

まとめ

二人きりでは優しく、大勢の前で態度が大きくなる人も、相手が男性であれば必ずしも問題ではなく、実は逆に好意の表れであるかもしれません。

しかし相手が女性の場合は、単純にストレス発散のターゲットにされているだけの可能性が高いので、人として疑った方が良いです。

平気で悪態をついてくる人は、どちらかというと今の自分の現状に満足していない人が多いです。満たされていないので他者を攻撃し、快感を得ているのです。

四六時中その人のことを考えてしまうのは非常に勿体なく、最悪の場合は身体を壊してしまいます。気にしないということが、これから先円滑に生きていく為のコツです。「また始まった」くらい冷ややかな目で見る方が気持ちも楽にいられます。

 

ただ、できればこういう人は避けて生きていきたいですが、社会ではなかなか避けられないこともあるでしょう。その場合は、その程度にも依りますが逆に「この人のストレス発散の対象になってあげている」と考えるのも、一つの手ではないかと思います。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ