スマートフォン解析

別れた彼氏と関係修復して復縁する方法とは。どう謝るかが大事!

Sponsored Link


まだ好きなのに、何らかの理由で彼氏と別れてしまって、後で後悔した経験がある人、あるいは今現在そういった状況にある人はいることでしょう。

今回はそんな復縁をしたい女性に、別れた彼氏と関係修復をするための方法を紹介していきます。

 

別れて後悔!関係修復をしたい彼女のための復縁法

恋愛関係にあった恋人同士が別れることは、かなり多いです。男女は別れの連続といっても良いでしょう。ちょっとした誤解がもとで喧嘩、相手のこんなところが不満。誠意も信頼も相手から感じない。マンネリ状態になって、魅力を感じないので別れてしまうことも。しかし、せっかく付き合ったふたりなのに、少しずつ心に不満がたまって別れるのはつらいですね。

 

好きなら意地を張らずに謝る!

恋人同士が喧嘩をして別れる時には、大抵どちらも意地を張っています。喧嘩の原因なんて、ほとんどが何かのいい間違えとか、勘違いとか、そんな問題です。本当に、深刻な問題で大喧嘩をして別れる恋人同士は意外と少ないです。それよりも、ささいな問題で喧嘩をして気まずい思いをします。そして、ぎこちなくなって別れることに。

しかし、まだ別れてしばらくしても「好き」と彼氏のことを思っています。そして、悩む日々が続くのなら、彼氏と復縁の決意をしましょう。意地は張らずに、きっちりと彼氏に謝ることです。

どちらにしても、寂しくて彼氏のことを思い出す日が続くのなら、もう自分の中で意地は忘れているはずです。でも、彼氏を目の前にすると、なかなか意地を張る女性もいます。ただ、それは彼氏も同じなのです。意地を張ってしまったのを、どうしたらいいのか分からないのです。ここは、自分から先に意地を張るのをやめましょう。

 

誠意を伝えて誠実に!関係修復の謝り方

復縁をして関係を修復するためには、誠意を伝えるのも大切です。せっかく彼氏に話しかけて謝っても、誠実さが欠けていては逆効果です。

横柄な態度で「この前は悪かったね」とそっぽを向いてもダメ。目をそらした謝り方では、彼氏は許してはくれないでしょう。この場合は、きちんと謝るのなんて恥ずかしい。喧嘩をした自分の態度が後ろめたいのかも知れません。

しかし、本当に彼氏と復縁をしたいのなら、一度別れてしまった相手に対しては、誠実に謝ることです。きちんと目を見て誠意を込めて「この前は、ごめんなさい」と頭を下げて謝りましょう。

親しく付き合っていたからこそ、お辞儀をして謝るなんて機会はなかったはずです。でも、もう一度、彼氏とやり直すのなら、このくらいでないと誠意は伝わりません。

 

新鮮な魅力アップでマンネリを打破!

長く付き合っていた恋人同士は「なんだか、マンネリ?」と感じて、別れることがあります。最初は何をするのにも新鮮な魅力を感じていた恋人同士。でも、一緒にいる時間が増えると、それだけ相手のことが分かってきます。

そして、何をするのも考えるのも、行動もすべて分かってしまう。すると、どうもマンネリで刺激がないと感じます。でも、こういう恋人同士は別れると、相手の存在の大切さに気がつくことが多いです。それは、何もかも分かるほどに、相手が自分を理解してくれていたからです。そして、それに気がつくと、どうしても復縁したいと恋しくなります。

そこで、復縁をするきっかけとして、女性なら自分の外見の魅力アップをしてみましょう。そして、彼氏に復縁を持ちかけてみましょう。

今まで長く一緒にいてマンネリだと感じたのは、意外と外見に変化がなかったのかも知れません。反応や内面には満足をしていても、いつも同じ髪型とか服装がマンネリ化の原因だったのかも。ここは、これまで試していない髪型や服装にして、マンネリ打破です。

そして、早速、復縁相手に会いに行きましょう。意外と新鮮な魅力に彼氏も、復縁したい気持ちになってくれるかも知れません。

ワガママな態度を見直して信頼回復!

恋人達の多くは、お金のことや態度が原因で信頼の低下につながって別れます。たとえば、毎回彼氏がデートの費用を払っていた場合です。

食事代や交通費の支払いも回数が重なることで、不満になります。払ってもらう立場の女性は、いつも当然のような気分になります。しかし、払う側の彼氏は「人に毎回払わせて、こいつは信頼できるのか?」そこまでの心境になります。でも男なので彼氏は「毎回、お金を払って!」とか大声で喧嘩することはできません。

そんな時に別の問題で、彼女の態度が信頼できないと、彼氏は疑心暗鬼になります。つまり、彼氏がデートをしたい日に彼女の都合が悪いとか。逆に彼氏の都合が悪い日に、デートしたいと彼女にワガママを通されるケースです。

そうなるとデート代を払うのは彼氏で日程を合せるのも彼氏になります。どんどん彼女に対する信頼が失われるので、彼氏としては相当まいってしまい別れる決断をします。

 

しかし、別れをいわれた彼女としては、いつも甘えてワガママばかりで別れたくはありません。なんとか信頼回復をして彼氏と復縁したいです。でも、彼女は、最初は何故別れたのか原因も分からないでしょう。

復縁をしたいのなら、これまでの態度を直すことが大切です。彼氏に頼ってばかりいたのなら「今度からデート代は私も払います。都合も合わせる努力をします」と伝えてみましょう。

すると意外にも彼氏に反省の気持ちが伝わります。彼氏も、ギリギリの状態までワガママや甘えを許していたのです。そこまで彼女のことを、嫌っていた訳ではないのかも。お金の限界や、都合の調整が難しいだけで、別れたのかも知れません。

 

まとめ

別れた恋人同士が復縁をするのは意外と難しいです。だからこそ、彼女だった自分の態度を見直して、彼氏に復縁を申し入れることが非常に大事になってきます。

ここで重要なのは、自分から復縁を申し出るわけなので、ちゃんと素直に自分から謝り、「自分が悪かった。これからはこういう風にしよう」と、相手を立てるような態度で誠意を見せなければなりません。

もちろんどのような形で分かれたか、あるいはその溝の深さによっても違ってきますが、いずれにせよ相手が復縁をそれほど望んでいなければ成立しないので、復縁することのメリットをどれだけ提示できるかが非常に大切になるのです。

その提示の最大の方法は、「自身の変化」です。

同じでは、同じ結果になるのが見えてしまうのでメリットにはなりませんからね。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ